ページ: << 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 619 >>

第3274回 情報収集能力+編集能力で!

パーマリンク 2015/06/23 08:28:21 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「岡橋くんの文章は回りくどい!」

25年前、社会人になったばかりの頃に広告の原稿を書いていたところ、先輩社員からこのような評価を受けました。それが現在のカミさんであることはさておき、当時の私には情報収集能力があっても編集能力というものが備わっていなかったようです。確かに分量ばかり多くてダラダラしていたのではないかとと。

情報を沢山集めてくる術こそあれ、それらを紡いで形にするにはやはり訓練が必要でしょう。訓練とは簡単に言えば、日々、まったく知らない他人の目に触れる文章を書いて鍛えるということです。

その後、職場が変わって経済記者になったので自然とその訓練ができるようになりました。一般の方にはあまり知られていないのですが、プロのライター向けに「記者ハンドブック」という便利な本があります。それは表現のマニュアルで、例えばこの文章で『かたい』と書きたいとき、『固い』『堅い』『硬い』のどれを使うのが適切なのか?などという疑問を解決してくれるとか、『逼迫』という表現は一般的に読みにくいので『ひっ迫』とするべきとか、とにかく読み手に取って読みやすい文章を書くにはどうすればいいのか、などというノウハウが満載。新聞の文章はまずこのマニュアルに基づいていますね。

ちなみに近年は記者ハンドブックのソフトも発売中。入力した登録商標の言い換えなども変換可能なので、便利そうです。私はまだインストールしていないのですが。

ライターと言われる方の文章を見れば、マニュアルによって習慣が付いていますので「記者ハンドブック」を使っている方かどうかというのは大体分かります。逆に、その週刊のない方は同じ文章の中でも「頂く」が時には「いただく」となっていたりとか、統一性に欠けていたりしますので。紙媒体の時代には校閲があって制作時にはチェックされていたりしたものですが、ネット時代はそのままの文章が掲載されてしまうので。文章に慣れていない方というのはモロに分かってしまいます。

私も当時からの習性で、多くの人に分かり切ったような文章を改めて丹念に説明し直したりしてしまうことが。というか、説明不足で内輪受け気味の文章などはとても気になってしまうので、ここは気を付けるよう心掛けています。まぁこれは文章表現以前の問題かもしれません。

「岡橋さんの文章は回りくどい!」

しかし、丁寧に説明をしていたら先日も若い方からこのように言われてしまいましたw 25年を経ても修行の足りない私です。トホホ。



岡橋秀樹

第3273回 当たり始めた大掛かりなストーリーづくりは業界的な絞り込み+深掘り戦略で!

パーマリンク 2015/06/22 09:00:36 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

最近、我々が手掛けたホームページを特定の検索キーワードで検索するとGoogleやYahooなどで関連ページが1ページ目の大半を占拠するという現象が起こりました。

かなり作り込んだホームページなのでページ数も多く、またこのホームページに付随する他のホームページやFacebookページ、twitterなども存在します。これらの多くが検索エンジンにヒットしているという状態に。

これは時期的な現象ではあるかもしれませんが、まずはこういうことができる能力があるということをご理解いただければ幸いです。

実を言えば、以前はこれがもっと簡単にできました。簡易な普請のホームページでさえ、工夫次第では上位掲載できたのです。「もっと簡単に」というのは、あくまでも現在と比較してという意味で、今がどれだけ大変かということをお察しください。制作現場のスタッフはいつも苦労をしていますので。

たまたまこれを見たある方が「美しくない」とバッサリ。

一瞬、何のことか意味が分かりませんでした。説明を求めると、同じようなホームページが検索上位を占めているのは「見た目が美しくない」というのです。それは確かにそうかもしれませんね。他の方など、もっと露骨な表現をされましたので。

「夜の店に行こうと思って検索して、色々見るんだけど、結局はどこを見ても同じ店にたどり着くんだよ!」

表現はいかがなものかとは思いますが、これがマーケティングではないかと。

上記の美しくないとおっしゃった方はデザイナーなので、そのような状態を本人の美意識が許せなかったのかもしれません。もしくはこのように、ある意味で露骨とも思えるビジネススタイルが許せないのか。あるいはこのようなことが出来ないゆえの羨望からなのか。

いずれにせよ、我々は中小企業であり何としても勝たなくてはならないのです。常に後がないのです。「検索、ダメだったねー」と笑っては居られないのです。

また、この現象にエンドユーザーは関係がありません。

というかエンドユーザーが望むようなコンテンツをしっかり掲載していないと、表面的な現象だけでは選ばれないでしょう。もっとも、最近の検索エンジンでは中身のないホームページや同じような内容のホームページは排除する方向にありますので。これだけでも我々がいかに努力を重ねているのかご理解いただけるのではないかと。

コストダウンを強いられる厳しい時代に、制作上の問題で従来よりも価格を上げていかねばならないのは本当にやりにくい!ですが、この意味合いをしっかり理解していただくことが我々の営業活動でもあるのです。一般のお客様は表面的なことしか理解してくださいませんので。

最近ではこれを分かりやすくするための、大掛かりなストーリーづくりに注力しています。業界的な絞り込み+深掘り戦略が当たり始めました!またここでも紹介していきますね。



岡橋秀樹

第3272回 BtoBをBtoCに変えるにはストーリーが必要!

パーマリンク 2015/06/21 07:58:44 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「BtoBをBtoCに変えていきたいのですよ!」

どちらかといえば企業向けの商品を取り扱う経営者様から、このような相談を持ち掛けられました。

商品内容的にはイメージがいささか堅め。従って現在は企業への販売(BtoB)が多くなっているようです。これを一般エンドユーザーにも購入してもらえるよう(BtoC)にしたいとのこと。経営者様の言葉には販路をもっと広げたいという思いもあれば、商品の可能性を追求したいという思いもあるのでしょう。

しかし、待っていても良い企画は現れてくれません。どんどん新しい青写真を描いていくべきではないかと。問題があるとすれば、商品そのものの自己主張が強い、ということでしょうか。

様々なアレンジに耐え得るような商品なので、自己主張を控えて他の企画を優先するというか、他の企画に相乗りしていくくらいが丁度いいのかも。どうしても商品名やサービス名を表に出したいということであれば、今のところはBtoBでコツコツ進むべきではないでしょうか。

これはネット戦略でも同じですね。何を優先させて売り出すのか。商品そのものをガッツリPRすることはできたとしても、おそらくBtoCとしてはなかなか厳しいと思います。何かストーリーを描いて、そこに乗っかってこの商品があるというプランがオススメですね!成功すれば横展開してストーリーのバリエーションを増やしていけばいいのですから。

改めて経営者様にはストーリーづくりの打ち合わせを持ち掛けてみるつもりです。




岡橋秀樹

第3271回 運動や体調管理は仕事の一部!…と思わなくては無理w

パーマリンク 2015/06/20 09:15:36 著者: netbiz メール
カテゴリ: 10 その他

今日は最初に私が毎日必ず目を通すようにしているサイト「じわじわっとダイエットやる気出る魔法の画像と格言」をご紹介します。

「デブだから言い訳するんじゃない。言い訳するからデブなんだ」
「今日できることをやらないあなたは明日になってもやらない 」
「一夜にして太るわけではない。一夜にして痩せる事もありえない 」
「ダイエットとは一時の食事制限ではなく生活のあり方である」
「3万円の服を買うより、3kg痩せたほうがおしゃれになれる 」
「自分はこの食べ物の味を知っている。だから食べなくてもいい 」

実に耳の痛い言葉が並んでいますw

最近、やたらライザップのCMを目にするようになりました。人目に肌や体型を晒すシーズンなので訴求力が強いですよね。私もウェイトは気にしつつ、つい食べてしまうのでいつも気になるCMです。短期間でで結構痩せるかもしれないけど、費用も高い!

短期間で成果をどうしても出したいのであれば、ライザップのようなシステムを利用するのも選択肢の一つ。そういうニーズ、市場は確実にあるでしょう。私の場合、3か月で36万円掛けるのならば月1万円のジムに3年間通う方がいいと思っています。

心の弱い私にとって、一番気になるのはリバウンド。短期間で成果を出した後、生活をこれまでとはガラリと変える自信がまるでありません。

と申しますのも、実は私も3年前から時間を掛けて、一時期20kgくらい減量したのです。これは医者の指導もしっかり受けて行い、3か月程度で結構な成果が出ました。その後は近所のジムに週2,3回通ってさらにシェイプアップ。しかし、仕事の都合でどうしても去年の秋に休会せざるを得なくなりまして。

自分では2年以上運動してきたので、普段でも自分でできるだろうと高をくくっていたのですが、ダメでした。半年で思い切りリバウンドしてしまい、この春に慌てて再入会。多忙を理由にして休んではいたのですが、やはり体調管理も仕事の一部だと思い直したのです。今日、どうしてもやらねばならない仕事は優先しますが、明日以降でもOkならばトレーニングを優先させています。ちなみに半年前に休会したときよりも、今の方が仕事は忙しいかもw

まだ復帰して3か月も経過していないのですが、目に見えて再びシェイプでき、何よりも再び悪化していた体調が元に戻ってきました。仕事の上では痩せるよりもこちらが大事です。コンディションを整えれば自然と痩せるのですが。

私の周囲でも年齢的にダイエットを気にする方がやたら多く、最近では酵素ドリンクを活用して断食するファスティングがちょっとしたブームのようです。上記のライザップと同様、短期間で成果が出るとあった挑戦する方が多いのですが、ほとんどの場合は一旦成果が出てもその後の生活改善がほとんどされずリバウンド、というパターン。もったいない!普段運動などをしながらコンディショニングのためにファスティングを使えばいいのに。

とはいえ、私も以前はダラしない生活で一度ダイエットに成功しても結局はリバウンドしたので人のことなど言えません。

そのような訳で昨夜もやや食べ過ぎた上、今朝は珍しく白米をがっつり食べてしまったので、これからジムに行ってバッチリ汗を絞り出してきます!休日は疲れてるからのんびりゴロゴロしたいのですが、ここで決意しないとまたダメ生活に戻ること確実ですのでw





岡橋秀樹

第3270回 時代の狭間で悩む経営者とその跡継ぎに思ったこと。

パーマリンク 2015/06/19 08:09:30 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「オレの目の黒いうちはそんなことはさせない!」

…と直接発言された訳ではありません。が、その経営者様の丁寧な言葉づかいからは、そのような意図がありありと感じ取れました。

ある企業の二代目との打ち合わせ。ご本人は自社のホームページの活用などが時流にかなり乗り遅れているのを如実に感じておられるため、新情報を知りたいとのことでご縁をいただいたのです。

しかし、その打ち合わせの席に途中で現社長(二代目の父親)が登場。一気に場の空気が変わりました。

曰く「ホームページはそんなに活用を考えていない」「他のホームページなどと連携するつもりはない」「今のお客様さえ守っていけばそれで構わない」とのこと。取りつく島もない、というか冒頭の決意のようなイキオイです。

しかし、長くお話をするうちに「何とかしたほうがいいかもしれないけど」「今後はどうなるか分からないけど」「ネットの活用と現実の営業とのバランスを取った方がいいのかもしれないけど」と若干の迷いも吐露。とはいえ「自分の代では一切やらない」ということにはこだわっておられました。二代目がトップに立ったときに考えればいいとのことで。その間、二代目は気まずそうな表情で話を神妙に聞いておられるばかりでした。

企業の方針や親子関係に口を挟むつもりはありませんので、「何かご用命があればいつでもどうぞ」とにこやかに、そして潔く打ち合わせを終えたのですが、正直に申し上げれば二代目がとても気の毒になりまして。

二代目がトップに立つ日がいつになるのか分かりませんが、まだしばらく先の事でしょう。確かにその時はご自由になさればいいのではないかと。が、その時には時流に相当遅れる可能性が高いのではないかと。その時に二代目が抱えるかもしれないご苦労について、初代はどう考えておられるのかなぁと思わずにはいられませんでした。

本当に大きなお世話なのですが、時代の狭間で悩む経営者とその跡継ぎの姿に、私も複雑な気持ちになった次第です。最後、二代目とあいさつするときに「お困りの事があれば何でも相談に乗りますので」とこっそり耳打ちしてきました。これもまたご縁です。





岡橋秀樹

<< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 619 >>

2017年6月
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software