ページ: << 1 ... 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 ... 619 >>

第3231回 人を呪わば穴二つ。

パーマリンク 2015/05/10 08:45:57 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

まずはタイトルの意味から。

他人を呪って殺そうとすれば、自分もその報いで殺されることになるので、墓穴が二つ必要になるということ。人を陥れようとすれば自分にも悪いことが起こるという例えです。

サラリーマン時代、許せない上司が居ました。仕事ぶり、人間性などで散々イヤな思いをさせられ、自分だけでなく後輩や同僚など周囲の人間ともあまりにもトラブルを起こすのです。職場の仲間と結託して会社に働き掛けて、ついにその上司は左遷されることになりました。

そのときは「本当に良かった!これで仕事に集中できる」と喜んだものです。が、そこへ至るまでに随分長い時間を掛けてエネルギーを注ぎ込んだために、結局はただでさえダメージを受けていた仕事にもっと問題を起こすはめになってしまいました。当時はまだ若かったので自分としては「皆のために、自分のために」という青臭い正義感のつもりでしたし、他の方法論も思い付かなかったのです。

今思えば、何があっても仕事で見返すべきでした。

とても後悔しています。当時の余裕がなかった自分に話すことができるのであれば、そのことを伝えてあげたい。実際そんなことは世の中によくある話なのに、到らなかったですね。自分としては本当に辛かったのでそうするのが最善だと信じていましたが。

なぜこの話を書いたかと言えば、最近、仕事仲間の若い経営者が訴訟を起こしたいと相談してきたからです。くだくだしい内容は省きますが、要は仕事がらみのトラブル。

話をすべて聞いた上で「状況も気持ちは分かるけど、そんなことをしているヒマがあるのか?それよりもやるべきことがあるでしょ?」と本人に問いかけました。そのときに自分の若いころの出来事を想い出してたのです。時間と金を使う余裕があるのなら、その分だけ仕事にエネルギーを注いで見返すべし!

自分にできる最大限の協力をするから!と約束して話を終えました。精一杯サポートするので、いい仕事を一緒にしましょう!!!





岡橋秀樹

第3230回 “商い”は“飽きない”ように!

パーマリンク 2015/05/09 09:02:58 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「従来の商品を圧縮しようとしてもダメですね!」

価格勝負のビジネスに関する企画について、有意義なミーティングに参加することができました。

冒頭の発言は私のビジネスの師匠が発したもの。ご本人はディスカウントビジネスなど小売りで長年の経験を持ち、商品価格戦略のマーケティングについては相当なノウハウを持っています。

これまではライバル不在で自由自在な価格設定をしていた商品。急に商売敵が同様の商品を低価格帯で参入してきたからといって、そのまま価格を引き下げるような圧縮の仕方をしたとしても、所詮は内容(サービスなど)の低下を招くだけなので到底オススメできないとのこと。お客様は厳しいので、すぐに企画の薄っぺらさを見抜き、これまでの実績にも不信を持つのではないかと。低価格で勝負するならば、相応のロジックをしっかり持った企画で構築していかないと、結局は経営の首を絞めることになりかねないのですね。

「“商い”は“飽きない”ようにしないとね!」。単なるおやじギャグのようですが、これって言葉の上では何となく雰囲気が分かっても、実際に商品やサービスを取り扱ってこそ初めて理解できることがあるのでしょうね。

今回、新企画に最初から参加して1年近くになるのですが、この辺りがようやく薄ボンヤリと分かってきたような気がします。これって今後のネットを活用したプロデュース業務にかなり生きてきそう!

まだまだ精進が必要ですね~




岡橋秀樹

第3229回 等身大の経営も継続は努力の集積!

パーマリンク 2015/05/08 08:25:14 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「等身大の経営を続けるのは大変なのですよ!」

昨夜、ある勉強会の後で知り合って6年になる経営者様と飲みに行きました。

経営者仲間と皆でパッと楽しく飲んだり騒いだりすることはあったのですが、ほぼサシでじっくり話したのは初めてです。

いつも元気で明るく、そしてとてもオシャレな方なのですが、これまでの経歴をうかがって実はとても苦労人だということを初めて知りました。務めていた会社が3回も倒産の憂き目に遭いながらも、9年前に会社を興して成功されています。辛い時にも学んだことは沢山あるとのことで。

様々な話をうかがったのですが、結局はシンプルなことをいかに継続するかということに尽きる、でした。コツコツと誠実に仕事を続け、無理に背伸びして調子に乗ると絶対にうまくいかない。無理して仕事を手広くやらず、等身大の経営を心掛ける。これが基本だと。等身大の経営も継続は努力の積み重ねですね。「元気に挨拶をする」「ウソをつかない」「整理整頓をする」。このたった3つのことをしっかり続けるだけで、会社や家庭は楽しく調和が取れるとのこと。私などすでに2つがヤバかったりして。

例えばいくら仕事がうまくいっていても、社員同士がロクに挨拶も交わさないようなギスギスした雰囲気だと長続きはしないと。そういったことを身を持って体験してきたので、今の会社の社員教育については特に気を付けているそうです。仮に仕事がうまくいっていなかったとしても、元気にコミュニケーションし続けることでいい雰囲気になって楽しくなってくる。それが引いては仕事にも繋がってくると。まったくおっしゃる通りだと思います。

この経営者様が、継続の大切さを九州・鹿児島でご健在であるお父様の仕事ぶりから背中で学んだとのこと。職人だったお父様は毎朝6時に起きて、前日にしっかり準備した仕事道具を改めて点検してから仕事に出掛けていたそうです。どんなに深夜まで飲んでいてもこれは毎日しっかり行っていたので「仕事道具を大切にしないビジネスマンは成功しない」ということを学んだとか。ご本人も毎朝自らクツを磨くそうです。実に耳が痛い…。

「あの人には敵わない!」と80歳になるというお父様のことを誇らしげに話されるので、今は悠々自適なのですかと尋ねたところ、「とんでもない!今でもちゃんと働いてるよ!病気ひとつしない。だから勝てないんだって!」と破顔一笑。このエピソードには私も参りました。スゴイ!

素晴らしいホネのある薩摩隼人とそのお父様に乾杯!良縁に感謝です。




岡橋秀樹

第3228回 GWの多忙に感謝!

パーマリンク 2015/05/07 08:34:37 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス
このGW、3月1日に開設したばかりの新会社のヒューマンライフスタイル「格安葬」ホームページへのご注文・問い合わせを本当に沢山いただきました!

当初、葬儀の申し込みに関しては深夜の時間帯の申込はさすがにほとんどないのではと踏んでいたのですが、実際には深夜が結構多いです。

おそらく亡くなられてスマホですぐに対応できる業者・条件を調べるうちにホームページが検索でヒットするケースが多いのではないかと。中にはかなりテンパった状況下でご連絡を下さるケースもあります。実際に電話対応をしてくださっているのは葬儀会社様なのですが、さすが慣れたプロフェッショナルでとても親切丁寧に対応してくださっています。ビジネス内容とシステムの都合上、お客様との会話は録音されているので確認をさせていただくのですが「自分がエンドユーザーの立場であれば助かるだろうな」と感心させられることが多々ありまして。それだけでも十分に勉強させていただいていますね!

また他にも墓じまい、納骨堂、葬儀の諸問題解決へのご依頼はもちろん、ビジネスコラボへの問い合わせもかなり増えました。先日も書きましたが、何より嬉しいのはこれまでの仕事仲間が今回の企画の意図を理解してくださって連絡をくれるようになったこと。北は北海道、南は九州、東京、大阪そして地元名古屋で一緒に仕事をできるビジネスマンが続々と増えています!このGWにも随分対応させていただき、おかげさまで多忙な休暇(?)でした。スタッフ一同感謝!!!

今回の企画、さらに深掘りしてビジネスモデルが拡張していきますので、相当スゴいものになるのではないかと。

このような素晴らしいビジネスモデル、そしてサービスがあることをさらに知っていただけるよう、ホームページでも工夫を重ねて参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。




岡橋秀樹

第3227回 自分を“乗せる”ことでいつも以上の力を発揮!

パーマリンク 2015/05/06 08:20:59 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

このGW中、自分なりに仕事を色々整理しています。

昨日はビジネスの師匠と長時間話をし、沢山のアドバイスをいただきました。同時に自分の仕事観・仕事感の甘さを再認識することにもなったのですが。

今、ご一緒させていただいているニュービジネスの先の先のさらにその先の構想についても共有。自分が大きなビジネスチャンスのはざまに立っていることに改めてワクワクすると同時に、協力してくださる周囲のビジネスマンの方々に対して期待に応えなくてはならないという責任感もヒシヒシと痛感して次第です。

それでも不安より恍惚の方が大きいところが楽天的な私の真骨頂だったりして。愚の骨頂かも?より良い方向へポジティブにモノゴトを考えるというより、自分の都合の良い方向にだけモノゴトを考えるという能天気さならば東海三県でベスト5くらいには入れるのではないかと。もはや全国レベルですね。一層の事、世界大会を目指しますかw

冗談はさておき、つまりいささか楽天的にもなれるほど、今関わっているビジネスモデルはスケールの大きなもの。とはいえ、そのスケールをしっかりと受け止めて周囲にリリースできる形にするのは、まさに私が責任を負うべき今後のメインの仕事でもあるのです。

スポーツジムでトレーニングしているとき、いつも「オレ、やってる!」感を持って自分をできるだけ“乗せる”ようにしています。これ、意外にポテンシャルを引き出す効果が。普段ならできないようなことでも、自分を敢えて巧みに乗せることによっていつも以上の力を発揮させる。これはビジネスの方法論にも有効であるはず。

思い切り自分を乗せて、そしてその乗っている自分を精一杯周囲にアピールして盛り上げていかなくては!…こんなところでそれを書いてしまっては身も蓋もないような気がしなくはないですが、少なくともニュービジネスの内容には自信を持っていますので。

GW最終日ですが、今日も気持ちよく外でミーティングです!




岡橋秀樹

<< 1 ... 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 ... 619 >>

2018年10月
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software