ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 619 >>

第3314回 門前の小僧、習わぬ経を読む。

パーマリンク 2015/08/02 09:19:35 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

今年の3月に新会社、そしてホームページを立ち上げたメモリアルビジネスのポータルサイト「格安葬」が絶好調です。

当初は最低でも半年は経たないとモノにならないだろうと悠長に予想しており、まともに売れるのは年末くらいかなーと想定していました。が、オープンしてびっくり。ゴールデンウイークには早くも注文が入り始め、今やほぼ毎日しっかり注文や問い合わせがくる状況になりました。

問い合わせ内容を分析すると、以外にも葬儀ではなく違うサービスに反響が。以下の通りです。

1位:墓じまい 
2位:葬儀 
3位:お仏壇じまい  
4位:お坊さん手配(派遣)

特に注目が1位の「墓じまい」。最近では様々なメディアで取り上げられることも多いのですが、価格や周辺サービスでの差別化ができており問い合わせが増えているようです。さらに「仏壇じまい」についてはホームページ開設して1か月も経過していないのに、続々と問い合わせが。

検索対策が万全のボリュームあるホームページなので必要としているエンドユーザーの目に留まりやすい、というのがやはり大きな理由でしょう。次に明確なサービス内容と価格の表示ではないかと。次いで周辺サービスのワンストップ化した充実さ、でしょうか。

また時期的にお盆前というのもポイントかもしれませんね。とすれば、お盆の後にはもっと増えるかもしれません。夏休み、親族が集まって今後のことで色々打ち合わせをして調べる可能性が高いですので。

このポータルサイトではさらに新企画を投入して各ページの内容もリニューアル予定。どんどんブラッシュアップして全国展開の準備をしています。実は既に全国でこのサイトのビジネスに参加したいという企業、ビジネスマンが続々と名乗りを上げてくださっており、その対応にも追われる毎日。完全に当初の想定を大幅に超えています!嬉しい悲鳴ですね。

私の立場は営業・プロデュースと制作(の一部)。お問い合わせに関しては各業種の専門家が対応しています。しかし最近では関係スタッフ一同かなり忙しく、行き掛かり上で素人の私が対応させていただくことも。

いざとなったら「正式な担当者に連絡させます」と言って回避しようと思っていたのですが、1年もこの企画で準備して現行やホームページを作成していると、いつの間にか色々と知識がアタマに入っており、基本的な部分だけなら問題なく対応できてしまいます。仕事内容的には、まさに「門前の小僧、習わぬ経を読む。」といったところでしょうか。

…最近、自分の本業がますます分からなくなってきてしまいましたw




岡橋秀樹

第3313回 生暖かい目で見守ってください。

パーマリンク 2015/08/01 08:46:11 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

時々まとまった時間を取って、誰かに「自分が今関わっているビジネスや企画について」をひと通り聞いてもらうようにしています。それも何人かに。

これは①たくさん仕事を抱えて整理しきれなくなった時②方向性を見失いつつあるのではないかという時③仕事が上向きになってイケイケ状態だけど何か見落としがあるのではないかという時、ですね。今は①③かな?

人に色々話すことによって、自分でも整理が付かなくなっていたことが徐々に明白になってきます。できるだけ理路整然と話すように心掛けるので、自ずと取捨選択されて編集されるのでしょう。また様々なタイプのビジネスマンに話すことによって、その人に応じて話の内容も変えていくようにします。これってつまり、プレゼンテーションの鍛錬にもなっているということ。

今週も何人かに仕事の話を聞いてもらいました。そして多分、今夜も。私の整理されていない長話につき合わされた皆さん、試験台にして申し訳ない!1か月後くらいには自信満々でいい感じに仕上がっているはずですので。

あともう一つ皆さんにお願いがあります。最近トシのせいか、ボケて同じ話を何度でもする私。「またか!」と呆れたとしてもできるだけ表情と態度には出さず、生暖かい目で見守ってくだされば幸いですw




岡橋秀樹

第3312回 成果安定の理由はコツコツ型ホームページ!

パーマリンク 2015/07/31 12:30:12 著者: netbiz メール
カテゴリ: 04 ホームページ

「本当に最近ホームページからの問い合わせが多いからね。やってみましょうか!」

もっともお付き合いの古いお客様と、ホームページリニューアルの打ち合わせをさせていただきました。10年以上手掛けさせていただいているのですが、これで何度目の完全リニューアルになることでしょうか。

そのたびに最新の技術で変更をさせていただいています。実は試験的要素も多分に含んでいるのですが。そのことは社長様には常に正直にお話をして挑戦させていただいてきました。

一度は随分コストを掛けてもらったのにうまくいかず、2年後には売り上げが伸びず大幅にダウンサイジングしたことも。しかし、それ以外はおおむねうまくいっているのではないかと。随分歴史も長くなりましたので、検索対策も盤石なまま安定しています。

そして今回も新たな手法で挑戦させていただくことに。社長様にそのことをお伝えすると、冒頭のリアクションの後でニヤリと笑いながら「ウチをサンプルにしてよそのも作るんでしょ?」と。その通りですw

というか、今もそのホームページは他社にプレゼンテーションするときには成功実例として現物をお見せすることも多々ありまして。

これだけ情報多様化、メディア多様化の時代に粘り強くコツコツとリニューアルを重ねることで、ホームページから安定した実績を挙げることができるようになりました。今回の更新でもさらに良い成果が出せるようにしたいものです。…というか、成果を出しますので!!!

資料など準備をしてから、夏の終わりごろには制作に取り掛かれるのではないでしょうか。私も楽しみです!




岡橋秀樹

第3311回 二重の障害を乗り越えるための作戦。

パーマリンク 2015/07/30 09:03:33 著者: netbiz メール
カテゴリ: 04 ホームページ

「テーマと顧客を絞りに絞るべきではないでしょうか?」

昨日、ご縁あって化粧品関連の製造・販売を手掛ける企業様とホームページに関するミーティングをさせていただきました。

現在のホームページはSEO対策がイマイチ。そこから商品が売れることはほとんどないのだけど、もうあまりお金も掛けられない。でも何とか成果を出したい。そして商品の差別化戦略ができていないので、効果的に実現できる提案がほしい。いずれも厳し目の条件です。

そもそも美容関係の商材はネット販売が困難。世の中には化粧品を売っているサイトがあるのに?と思われるかもしれません。沢山あるのは事実ですが、本当に売れているのはごくごく一部。売れていない多くの会社が「ウチの商品は使ってもらえば素晴らしさが分かる」とおっしゃるのですが、それは当たり前でそこからがスタートではなので、差別化がまったくできていません。

さて、この二重の障壁を乗り越えることができるのでしょうか?

まず、ホームページにはそんなにお金を掛けていないとのことだったのですが、価格を聞いて驚愕。通常なら〇〇〇万円するものを、制作業者が顔見知りだったので特別に1/5くらいにしたとのこと。〇〇〇はちょっと書けませんが、正直に申し上げて高過ぎます!それが1/5だとしても。思わず「それでこの成果ですか!」と声を挙げそうになりましたが、顔には出さないようにしました。

そして販売が困難な件について。現在のホームページはお金を掛けただけはあり、とてもキレイで上品です。商品の総合カタログではあるのですが、テーマの絞り込みができていません。一見のお客様が目的を持ってたどり着けないのです。というか、そもそもSEO対策もまるでできていないのですが。

私がオススメしたのは商品ごとのさらなる絞り込み。…のみならず、ひとつひとつの商品についても、用途ごとでさらにテーマと顧客を絞り込んで展開すべきだということです。具体的にイメージをお話したところ、その話がきっかけで先方の社長様、担当者様がそもそものコンセプトや本来の目的などを教えてくださいまして。その情報が引き出したかったのです!

現在のホームページとは別枠で、より機能重視なランディングページの提案をさせていただくことになりました。スマホ対策も万全で、かつお値打ち価格での提案ができるのではないかと。

今回、良縁をくださったのは同世代の地元の友人で某保険会社のYさんです。大きなチャンスをどうもありがとうございました!!!




岡橋秀樹

第3310回 平成巌窟王?

パーマリンク 2015/07/29 05:35:03 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「岡橋君、バイトに来てくれないか?というか、来てくれないと困るんだよね。仕事を覚えてもらいたいから」

入社した会社には配属希望していた部署がありませんでした。というか、就職活動中にはあったのですが、入社直前にその部署がなくなったのです。

今から思えば随分ヒドい話なのですが、それで急きょ新設されたばかりの部署への配属が決まりまして。希望していた部署の業務内容とは似ているのですが本質的には異なるもので、そのために入社前から早く仕事を覚える必要があると判断されたようです。で、入社一か月前からバイトに来るよう要請されたのではないかと。

全然考えてもいなかった仕事を覚えなくてはならなくなり、必死で頭を切り替えました。比較的仕事が近かったのでまぁいいか(勉強になるか)という気持ちがありましたし、こんな切羽詰まった時期から再就職活動も現実的ではなかったので。

やがて四月になり、一か月遅れて入社してきた同期の連中には「お前だけ抜け駆けしやがって」など散々な言われようだったのですが、冗談じゃない!という気持ちでした。こちらは必死だったので。

しかし実際に入社して仕事が始まってみると、やはり現実と理想には相当なギャップそして不満があり、それは約5年後に退社するまで抜けることはありませんでした。ちなみに配属された部署の隣の席の先輩社員が今のカミさんではありますが。

なぜこのことを書いたかと言えば、今まさに当初やりたかったことをやっているということに最近気づいたから。それが何かというと、シンプルに表現すれば販促企画です。でも何故か、回りまわってここに来るまでに25年も掛かってしまいました。まるで巌窟王ですねw そんな訳でまだまだこれから!初心に戻ったつもりで頑張ります☆



岡橋秀樹

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 619 >>

2017年4月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software