ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 619 >>

第3299回 業界のプロ+異業種のプロが参加し始めた新企画!

パーマリンク 2015/07/18 09:16:03 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

今関わっている新企画に、同業界の既存のプロフェッショナルの方々が続々と参加し始めました。それだけではなく、異業種の方々も集まっています。企画の発足から関わってきた私としてはとても光栄で嬉しいですね!

これまで様々な新企画に関わってきたのですが、これまでの大半は従来のプロが「面白いですね」などと評価してくれながらも結局は日和見するような傾向にありました。これは批判ではなく、当然のリアクションではないかと。誰でもいきなり訳の分からない新企画に参加するのはリスクを考えるものですし、特にその道のプロであるならば慎重になるのは仕方がないでしょう。

それが今回はまだまともにスタートしていない企画段階で沢山の方々が参加し始めまして。こんなことは初めてですね!正直に申し上げて、すごく驚いています。

今回の企画は異業種の方々もある種のプロが集結。業界の常識をぶち壊すには、常識にとらわれない異業種の参入は欠かせません。そういう意味ではそもそも我々も異業種参入型なのですが。

助走期間は随分ありましたが、ここにきて急転直下、仕事が続々と受注に繋がり仲間も増えています。こういう順調なときには想定外のトラブルに巻き込まれることも多々あるので十分に注意しなくては。これまでも散々な目に遭っておりますので、リスクヘッジでは私もある意味でプロだったりしてw

第3298回 スウィングしなきゃ意味がない。

パーマリンク 2015/07/17 07:41:03 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

久しぶりにいいものを見せてもらいました。

タイトルから音楽を想像される方もあるかとは思いますが、ビジネスでの話です。

あるビジネスのコラボをセッティングさせていただいたのですが、これが思った以上にスウィングしまして。スウィングするというのは「リズムが合う」というか、「噛み合う」というか。…音楽用語というか、プロレス用語のスウィングに近いかもw いずれにせよ、ビジネスマッチメーカーを勝手に自称している私としては面目躍如たる恍惚の時でした。

これは私もからむ新企画での話なのですが、昨日はプロがプロとガチンコで対峙して新しいものが生まれていく瞬間を見ることができたのです。ビジネスマッチングなどと都合のいいことを書きましたが、私など傍観しているだけかも。ある意味、一番美味しく贅沢な立場です。役得!

何せまずはビジネスの勉強になります。普段は勉強も努力もキライな私には実にありがたい。「門前の小僧、経を読む」といった趣きで、いつの間にかエラソーに少しは理論武装できるようになりますので。これも役得!!!

新企画はネットからの情報発信を軸にどんどん新たなビジネスが創出され、新たな人間関係&ビジネス関係が構築されています。これまでの準備はなかなか大変でしたが、徐々に報われていますね。

丁度台風が来ていますし梅雨はまだ明けませんが、私の心は実に晴れやかです。




岡橋秀樹

第3297回 ネットでの仕掛け、『停滞は後退』!

パーマリンク 2015/07/16 09:00:23 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「ウチのはイイものだから高いんですよ!」

よくあるパターンなのですが、開発に力を入れ過ぎて価格設定などマーケティングが完全に疎かになってしまっているケースは多々見受けられます。すごく良い商品を苦労して作ったので、価格が高いのは当然だと。

通常ではこのようなものはなかなか売れません。特に紙媒体のみの時代ではそれが顕著でした。が、ネットの出現でターゲットを絞ったマーケティング、ピンポイントでのダイレクトセールスが可能な時代に。…ただし、本当にそれを求めているユーザーのニーズとズバッと当てはまればの話ですが。

ネットもPCサイトだけでなく、スマホサイトやタブレットサイト、ブログやSNS、そしてネット広告などの活用によってよりポイントを絞り込んでターゲティングできるようになってきました。その精度は日々高まってきています。

とはいえ、そこまで様々な手段を使うのは手間暇やコストが掛かることもあり、それが企業には一つのネックではないかと。そこで我々の出番となります。ご相談いただければご予算に応じた提案をしっかりさせていただきますので!先日は初対面の経営者様に「予算はないのでとにかくアイデアだけくれ」と無茶なことを言われたので、出していただいたお茶の分程度のネタ提供だけをさせていただきました。こういうのは困りますねぇw

ある程度までテストマーケティングを実施しても反響がなければ路線やテーマの基本方針、果ては商品そのものを見直すことも視野に入ってきましょう。とにかく今の時代、“待ち”だけではどうしようもありません。ことネットでの仕掛けについては「停滞は後退」が顕著だとお考えくださいね!

第3296回 矛盾を受け入れるとうまくいく?!

パーマリンク 2015/07/15 05:20:59 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「仕事はあまり整合性を求めてはダメ。キレイにし過ぎるとうまくいかないものです。むしろ矛盾を受け入れるくらいの方が却って成功するケースが多いですね」

経営歴30年のベテラン経営者様がこのように教えてくださいました。

基本的な思想がしっかりしてブレなければ、調整をしながら走るというタイプの方です。私によくおっしゃるのは「見えていない目的地に航海しているようなものだ」。目的地が何となく分かっていれば、例え見えていなくても海での航海術は知り尽くりているから大丈夫であるとのこと。

特にこのIT時代は情報の流れが尋常ではないくらいの速さですから、凪になるのを待っていてはビジネスチャンスを完全に失います。いくらか荒れていようと、海へ漕ぎ出すチャンスを見極めて勇気を持って出ていくことが肝心なのではないかと。

私はそこまで達観できてはいませんが、「停滞は後退なり」と認識しています。ならば動いた方がいいので必死でジタバタともがいている感じですかw 見えない方向を進む、これも一種の矛盾というか二律背反かもしれません。朝令暮改という言葉がありますが、これだけの流れの速さに耐え得るのであれば、時には朝令“朝”改のようなことすら起きるかも。そのような部分の清濁を併せ飲む覚悟を持ってビジネスに取り組まなくては!

幸いにも今は暗い海でも頼れる仲間が一緒に居て灯りで進むべき方向を照らしてくれますので、勇気を持って暗い夜の海にでも漕ぎ出すことができる訳です。

でも、そろそろ夜が空けてきた感がありますねー。陸地が見えるまでもう少しかな?




岡橋秀樹

第3295回 求める成果は大企業並み、でも支払いは零細企業並み?!

パーマリンク 2015/07/14 08:58:45 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「そうですねぇ…お店を建てるくらいのコストが掛かると思ってください!」

ネットショップで商品を販売したいと希望されるお客様にこのようなリアクションをして驚愕されることがあります。

もっともこのような答えは無茶だということが重々理解の上。ですので、これはお客様から無茶な要求をされたときに限るのですが。

世の中にあるネットショップは99.99%のものが失敗していると考えてください。Amazonや楽天など巨大なサイトは稀有な成功例として、中小企業が運営するホームページで物販しているものまでネットショップとして見なすのであれば、成功している企業はほとんどないでしょう。

私のホームページ制作におけるキャッチフレーズは「中小企業の下剋上はホームページの活用から!」。これに矛盾するじゃないかと言われそうですが、もちろんこれは条件アリ。例えば到底差別化が無理なありきたりの商品をネットで販売できるようにしろ、と言われても困ります。そこに冒頭の半ばジョークのように莫大な広告費を撃てるなら話は別ですが、ビジネスには常識・良識の範ちゅうというものがありますので。

よくある話なのですが、仕事で求められる成果は大企業並み、しかしいざ支払い予定になると「ウチは零細企業だから」などと言い訳をするのは勘弁していただきたいですねぇ。まずは手堅く、勝てる範囲内でしっかり勝利を収めることができるようなプランの採用をご提案させていただくのが得策ではないかと。

小さな勝利を横展開でコツコツ積み重ねていけば、下剋上は可能なはずですよ!お互い、泥臭く取り組みましょう。




岡橋秀樹

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 619 >>

2017年9月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software