ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 619 >>

第3294回 ビジネスチームのリユニオン!

パーマリンク 2015/07/13 07:45:12 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「企画が分かりやすいですね~」

仕事仲間が戻ってきました!

この1年ほど関わっている新企画。この春のホームページ開設後は徐々に仕事と反響が増え、全国展開も真剣に視野に入ってきました。おかげさまで慌ただしい日々を送っています。

中でも嬉しかったことは、この企画がきっかけで疎遠になりつつあったかつての仲間たいが再び戻ってきてくれたこと。別に仲違いをしたという訳ではなかったのですが、最近では一緒に皆で集まってミーティングをしたり仕事をしたりという機会が激減していました。

理由の一つにITビジネスの多様化が挙げられましょう。当初はシンプルな企画でスタートしたはずが技術やメディアの多様化により、方向性が広がり過ぎてしまったとでも言いましょうか。

そしてさらにもう一つ大きな理由が。それは求心力のある思想やプランが乏しくなってしまったということではないかと。私自身、皆さんとせっかく仕事をさせていただいているのに新機軸を打ち出すことができなかったのは実に不甲斐ないですねぇ。

今回の企画はベースは非常にサンプルなものなので、話には入りやすいのがポイント。一見、最新のITビジネスとは無関係のような雰囲気。が、掘り下げて企画を進めていくと様々な展開を見せる手つかずの鉱脈が眠っており、そこを発展させるためには必ず最新のIT技術が重要になってくるのです。

ここにいち早く気付いたかつての全国の仲間が続々と集結し始めています。私としては同窓会というか再結成というか、かつてITビジネスが大いに盛り上がっていた良き時代を思い出しました。とは言ってもほんの10年ほど前の出来事なのですが。ITビジネスは本当に流れが速い!

だからこそ、今改めてしっかりとした基軸となるべき思想・プランが求められているのでしょう。今回の一連の流れを通して、そのことを痛感しています。

今回は新たな仲間もどんどん集まっていますので、ブレないようにしっかりビジネスの基盤づくりをしていかないと!



岡橋秀樹

第3293回 ビジネスのランナーズハイ!

パーマリンク 2015/07/12 09:41:27 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

先日、新企画のホームページで某業界ナンバー2の企業からコラボ要請をいただいたのですが、今度は別業種の全国展開する新気鋭の企業様よりコラボ要請がありました!

とても光栄であるとともに嬉しい悲鳴でもあります。

「美味しい話には裏がある」というほどではありませんが、しっかりと条件も頂戴しました。内容はハッキリと書くことはできませんが、それを受けるためには我々のインフラを急激にバージョンアップする必要が出てきまして。

助走期間を含めると1年ほどコツコツ準備をしてこの春にようやく公開。3か月が過ぎて仕事も徐々に増えてきました。もちろん我々としても次なるステップはしっかり視野に入れていたのですが、想定外の反響にそれを早めなくてはならなくなったということです。

この春からの3か月はかなり目まぐるしかったのですが、ここでさらにスピードアップ!何せイキオイがついてきているので可能でしょう。しかし長期展望でモノを見ると、そのままでは必ず息切れを起こします。これは短距離走ではなく長距離走なのですから。

無理なく確実に、でもスピードアップをしながら。思い切り二律背反なのですが、これを実現しないと広がっていきません。ここは知恵をしっかり使います!…自分だけでは絶対無理なので、仲間の力を借りて。

今日は休日の予定でしたが返上します。またしても長いミーティングになりそうですね。今はランナーズハイにような状態なのでイキオイで乗り切りますがw



岡橋秀樹

第3292回 ワクワクを共有したい!

パーマリンク 2015/07/11 09:28:17 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「いやーその値段ではキツいですねー。無理だと思いますけど何かあったら声を掛けてください」

「いいですねー!面白い、やりましょう!値段ですか?話し合いますか!」

昨日、新企画の交渉である業界の経営者様と打ち合わせました。偶然にも2件連続で同じ地域の同業者様。いずれもご紹介だったので、どちらの顔を潰す訳にもいかず、バッティングした場合はどうしようかと考えながらのミーティングだったのですが…。

まず冒頭のリアクションが最初に会った経営者様のもの。先にホームページなどでチェックしてくださったようでしたが、従来にない企画と価格を見て既に腰を引き気味。

そして次のリアクションが次に会った経営者様。こちらのプレゼンを聞いて、従来にない企画に興味を持ってくださいました。価格は話し合いとやり方次第で何とでもなるとお考えになったようです。

ビジネスの対応エリアについては以下の通り。前者と後者は同じエリアの同業者なのに、この対応の違いは何でしょうか?

「エリアですか?うーんココとソコとアソコしか無理ですね!」

「エリアですか?どこでも行きますよ~!全然OKです!」

冷静に考えると前者の経営者様は冷静で慎重なのかもしれません。条件をさらにしっかり整えればもの凄くキッチリ仕事をこなしてくれるかも。片や後者の経営者様は軽くてノリがいいだけかも。お互い適当なので仕事が煩雑になってしまうかも。

しかし、一緒にビジネスをしたいのは圧倒的に後者の経営者様です!

我々がしようとしていることは全く新しい企画で、インフラを必死で整えている最中。今後できあがっていくであろう構想にワクワクして共有してくれる仲間が増えていけば、厳しい条件下でも新たな展開が見えてくるのではないかと。

そしてビジネスマンとして考えるのであれば、慎重居士はまっとうにできあがった隙のないビジネスでガッチリ組むべし。細かく細かく、徐々に業界そのものの隙間を探していけるかもしれません。ノリのいい人は軽くて煩雑な分、こちらが抑えるべきポイントをしっかりキープして自由闊達に仕事をしてもらえば、想定外に広がっていくでしょう。

実は後者の経営者様とは短時間ですっかり盛り上がり、すぐに良い仲間をご紹介いただくことに。その足ですぐに会って参りました。するとそこでも意外なご縁があり意気投合。ますますワクワクが共有できそうです!

今後にご期待ください!!!




岡橋秀樹

第3291回 差別化のために他社がやらないこと、嫌がることに食らい付け!

パーマリンク 2015/07/10 08:48:32 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「面倒だからこそやらないと!」

自分たちが運営する全国展開の販売サイトで、地域によって価格を統一しないことに決定しました。各地域で販売商品の仕入れルートなどに様々な違いがあり、サービス内容についても地域性もあるので価格を一定にはしにくいのです。

すぐにシステム構築を手掛けるスタッフのシブ~い表情が目に浮かびました。かなり面倒な作業になるのは確実なので。そしてコンテンツを作る我々も面倒な作業を強いられます。が、自分たちが楽をして手を抜くと結局はエンドユーザーが苦労するだけ。逆に自分たちが苦労してきめ細かく対応することができればエンドユーザーには極めて使い勝手の良いサービスが提供できるでしょう。どちらがいいか?言うまでもないでしょう!

はっきり言ってそこまでやっている同業他社はありません。だからこそやり甲斐があろうというものではないかと。そもそも我々のビジネスは後発なのです。差別化をするためには他社がやらないこと、嫌がることに泥臭く食らい付いていくしかないので。

しばらくはまだ苦労が続きそうですが、それでも徐々に成果は出ています。自分たちの企画が間違いでなかったことを証明するためにも、もうひと踏ん張りしなくては!



岡橋秀樹

第3290回 中小企業の下剋上はネットの活用から!

パーマリンク 2015/07/09 08:43:14 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「ウチと組みませんか?」

早くも来ました!

この春から始めた新企画。ホームページにはかなり力を入れてきたのですが、おかげさまで成果も顕著に表れています。

営業につながるのは素直に嬉しいのですが、それ以上に嬉しいというか驚いたのが上記のリアクション。

これは某業界ナンバー2の大手企業の経営者からの連絡です。

ネットの活用ならば経験豊富な我々の方が勝ることは確実。というか、既にそのナンバー2企業をあちこちで撃破して検索上位に掲載されています。経営者様はそのことを知ったのでしょう。先方からアプローチがありました。

もちろん実際の企業規模や販売実績などは遥かに先方の方が上。しかしネットでは中小企業の下剋上が可能。これは常々私がアチコチで吹聴してきたことなのですが、図らずとも自らのビジネスでそれを実証する形になったのです。これは我ながら誇らしいですねぇ!

ナンバー2の接近には様々な意図があるのではないかと思います。まずはネットで我々がウロチョロしていて目障りなので、ならば潰すより組んでしまった方が面倒くさくない。次にナンバー1を倒すために力を付けたい。後者の方が大きいかも。

いずれにせよ、短期間でここまで来てこのうような声掛けをいただいたのは光栄です。ありがたく、しかし慎重に対応しなくてはなりません!




岡橋秀樹

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 619 >>

2017年9月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software