ページ: << 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 619 >>

第3279回 人生に無駄な経験など何一つない。

パーマリンク 2015/06/28 10:14:58 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

昨日、最初の会社の仲間と久しぶりに会いました。

若くて経験にも乏しかったので苦労の連続。その時はかなり参るようなこともあったのですが、今思えば素晴らしい経験のできた良い期間だったなと。つまり人生に無駄な経験など何一つないと断言できます。

どう考えても成功体験より失敗体験の方が圧倒的に多いのですが、それは誰でも同じようなものでしょう。失敗したことは繰り返したくない無駄な時間ではあったと思えるのですが、その経験があったからこそ初めて次のステップへ進むことが出来る訳ですから。だからその時間は自分にとって決して無駄にはなっていないのです。二度と戻りたくないとは思うけど、それくらいの時間を掛けないと学べない自分が居たということを認識できるということですね。

そう言いながらも様々な出来事に対してなかなか寛容になれない自分自身に嫌気が刺すことも。もういい歳なのだから、せめて穏やかに対峙できないかと考えるのですが、想定外というか非常識・非日常的なところから攻撃はガンガンくるもので。これってつまり、自分がカッと怒ったりうろたえたりしないような修行ではないかと。

今は「無駄な時間だった」と思ってしまったことが、やがて冒頭の過去と同じように素晴らしい時間だったと思えるよう、さらに修練を重ねていかなくてはダメですね。




岡橋秀樹

第3278回 もうダメ!から本当のトレーニングが始まる。

パーマリンク 2015/06/27 08:55:13 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「もうダメ!というところから本当のトレーニングが始まるのですよ」

先日、いつも通っているジムでバーベルセットを使った筋トレをしていたら、トレーナー氏がこのように教えてくれました。彼は筋トレの専門家。ジムではもっともマッチョなトレーナーです。多分、私のちんたらしたトレーニングぶりにガマンできなくなったのでしょうw

かなりキツ目に本格的な筋トレの方法を指導してくれたのですが、かなり追い込まれました。でも、その「追い込む」ことが必要だそうです。というのも、最初はキツかったトレーニングも普通にできるようになってサクサクとこなすことが出来るようになったのであれば、それはトレーニングでも何でもなく、ただの日常の動きのようなものだから。

そのような訳でトレーナー氏に補助してもらいながら「もうダメだ!」というところからも結構しっかり頑張ったのですが、さすがにヘロヘロになりました。でも、これをやらないと本当の意味で筋肉は鍛えられないそうです。確かにちんたらしていてもトレーニングにはならないですし、鍛えられるはずもないですよね。私の場合、日常的に運動を習慣化すればシェイプできるという思いだったのですが、トレーナー氏曰く、それではもったいない!とのこと。うーむ確かに。

ということは、どんどん厳しいトレーニングをして自分を追い込んでいかねばならないということか…。私がそのような表情をしていたのを見て取ったのでしょうか。「岡橋さん、いつも結構がっつりやっているじゃないですか!大丈夫ですよ!」。しっかり見られていました…。

でも、これってビジネスでもまったく同じようなものかもしれません。

最初は難しいと思っていたことでも、当たり前に出来るようになってしまったらちんたらになってしまうので、どうしても手抜きになってしまいます。ここで自分を追い込んでより厳しい課題を自分に課せば、自ずと成長することが出来るのですね。もうダメ!から本当のビジネスが始まる、ということか。

言葉では分かっても、私にはまだ補助が必要ですね!ビジネスでもジムでもw

さて、今日も午前中に追い込んできます。燃え尽きるかもしれませんが。




岡橋秀樹

第3277回 ホームページをサルヴェージ!

パーマリンク 2015/06/26 08:24:50 著者: netbiz メール
カテゴリ: 04 ホームページ

「中から沢山出てきましたよ!」

仕事仲間でホームページの制作管理責任者から連絡を貰ったのですが、最初は意味がまったく分かりませんでした。

ある企業様のホームページリニューアルの受注をいただいたのですが、最初に取り掛かったのは現状のホームページのメンテナンスから。開設こそしてはいるものの、トップページには「申し訳ありません。ただいまリニューアル中です。」との表記があるばかり。中身がほとんどない状態で数年間も放置されていたのです。

理由をうかがったところ、当初使っていた制作会社の担当者が何度も変わって、しまいには訳が分からなくなったとのこと。結局そのまま放置するはめにはってしまったとか。

リニューアルについてはかなり大幅な内容変更となるので新作を制作するようなものなのですが、さすがに完成までは少し時間が掛かりそう。そこでとりあえず現状のホームページに手を加えて、少しの間だけでも活動しているように見せるようにしてほしいとの依頼が。

この作業にはホームページの中にログインするためのIDとパスワードが必要なのですが、制作会社に尋ねてもたらい回しにされて実に煩わしい!ようやく探し当てて仲間のシステム担当者にチェックしてもらったのですが、その直後にあった連絡が冒頭のものでした。

これはどういうことかというと、ほぼ完成したホームページがバックステージというか、中に眠っていたのです。なぜそれを表に出さなかったのでしょうか?完成寸前で前任の会社が放り出したのかもしれませんが、これはもったいない!もちろんお客様もその存在を全然知らなかったです。

これでメンテナンス作業は、ここに手を加えるだけなので少しだけ楽になりました。6月中に作業を終了させて、今後のリニューアルの打ち合わせに入れそうです!今度は放置せず、しっかり完成させなくては。




岡橋秀樹

第3276回 ビジネス交流会『第19回みんなのヒントルーム』、アツいです!

パーマリンク 2015/06/25 09:36:05 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

昨日、私が責任者を務めさせて頂く名古屋のビジネス交流会「第19回みんなのヒントルーム」が開催されました!


多種多様な業界の最新情報から新たなビジネスの創出を目指す会で、名古屋市中区のレンタルルームで行う毎月最終水曜日のイベント。今回も様々な分野のビジネスマンが参加して、新たなビジネスチャンスについて情報交換をしました。
    
毎回のメインプレゼンはメンバーが発信する「ビジネスの種」。昨日のテーマは「店舗&中古マンションのリノベーション企画をプロデュース!」。古い建物や中古マンションなどをリノベーションして実店舗を開設するビジネスプロジェクトで、プレゼンテーターはアンティークショップオーナーの長岡訓子さんと日本エステティック協会理事の市来有希さん。プロデューサーはWORX+Amikeの人材コーディネーター、コウダジュンさんです。


これまでヒントルームから発信されたビジネス企画「武将総選挙プロジェクト」「なわとびプロジェクト」「Nayutaプロジェクト」「LGBTプロジェクト」の進捗状況も報告。さらには今後取り組んでいく様々な企画についても予告をし、ヒントルーム中心としてビジネスがどんどん生まれていくことになりそうです。面白い!!!


ビジネス交流会終了後は、ヒントルーム発のニュービジネスモデルを具体化するプロデューサーチーム「ヒントルームLABO」ミーティングも併せて開催。これは交流会「みんなのヒントルーム」の運営母体でもあります。交流会とは別に月2回ミーティングを行うのですが、そのうちの1回は交流会後に開催。ここでは今アツい「Nayutaプロジェクト」と、昨夜披露された「リノベーションプロジェクト」の本格的なビジネス化について掘り下げた論議が活発に繰り広げられました。皆さん、めちゃアツいです!


役員体制もしっかりしてきたので、皆さんが気持ちよく、楽しく、充実した仕事ができるように「プロデュースチームをプロデュース」することが私の一番の仕事になってきました。これもかなりやり甲斐がありますねぇ。

ご興味ある方はぜひお仲間に!

◇ビジネス交流会「みんなのヒントルーム」とは? 
参加者が他のメンバーのためになるビジネスのヒントを提案し合ったり人脈を紹介し合ったりすることで、新たなビジネス、ビジネスプロジェクトを創出していくスタイルの交流会。 毎回メインの「ビジネスの種」をプレゼンテーション。さらに参加者全員が自己紹介しつつ、メインテーマに沿って質疑応答やディスカッションを重ね、ビジネスヒントを出していく。


【今後のご案内】
「第20回みんなのヒントルーム」
 メインプレゼン:「真夏にスノーボードをプロデュース!」
     パネラー/永田大嗣(日本スノーボード協会理事)、岸野豊文(アップロード)、コウダジュン(人材コーディネーター) 

【日時】2015年7月29日(水)18時分~20時
【場所】レンタルスペースCOMINI(名古屋市中区)
【会費】2,500円
【定員】40名

「第21回みんなのヒントルーム」

【日時】2015年8月26日(水)18時分~20時
【場所】レンタルスペースCOMINI(名古屋市中区)
【会費】2,500円
【定員】40名



交流会を運営する「ヒントルームLABO」のFacebookページはこちら。ご興味があり、趣旨に賛同できる方は私まで直接ご連絡を。会のコンセプトをご理解くださり、露骨な営業・勧誘目的の方やトラブルメーカー以外であれば大歓迎です。







岡橋秀樹

第3275回 時代の潮目には“思想”という武器がないと戦えない! 

パーマリンク 2015/06/24 05:33:08 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

ITビジネスに長年携わっていると、その時々のトレンド商品と出会います。それも頻繁に。

一般の商材とは異なり、IT系の商品はやたら寿命が短いのが特徴。急流のような進化によってどんどん新商品・新サービス・新企画が登場します。私くらいの年齢(アラフィフ)ともなると、ついていくだけでも相当に大変ですね!

常に新商品を取り扱うのはエンドユーザーのニーズをしっかりキャッチしているということなので素晴らしくやりがいがあるビジネスであるとは思います。が、これはなかなかキビしい。少しでも潮目を読み間違えると、あらぬ方向に流されてしまうので。

これに対応するにはいくつか方法があります。

①潮目に乗る操舵方法を身に付けること。
これは相当な経験とテクニックが必要ではないかと。しかも軽装備でないとキツいので、少人数でしか動けないかもしれません。

②常に潮目を読む学習を繰り返すこと。
情報の蓄積はすさまじいものになりましょう。ただし、それをすべてビジネスシーンに応用できるか否かは疑問ですが。

③潮目に抗う潮目を作ること。
違うトレンドを創出することで、これは最もパワーが必要かも。しかし、打ち勝った時には違う波がこちらに流れ込んできます。

やはり理想的なのは③でしょう。つまり、ビジネスには“思想”という確実な武器を持って戦いに臨むしかないということ。これには確固たる思想と断固たる決意が必要なのですが。

今、私は信頼できる仲間たちと③へ向かって舵を切っています。激しい波に時にはへこたれそうですが必死で操舵している、といったところですね。でも、少し渦潮の中心が見えてきました。飲みこまれて終わるのか、台風の目のような存在になれるのか。

ここが力の見せどころ、踏ん張りどころですね!!!



岡橋秀樹

<< 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 619 >>

2017年11月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software