« 271 ネットチラシの更新依頼について269 来週はイベントウィーク! »

270 話題のエンタメ7 アニー・レノックス「Songs Of Mass Destruction」(CD)

270 話題のエンタメ7 アニー・レノックス「Songs Of Mass Destruction」(CD)

パーマリンク 2007/10/21 07:05:09 著者: netbiz メール
カテゴリ: 11 話題のエンタメ

私は80年MTV世代ですので、当時のミュージシャンの音楽は今でも愛聴しています。懐メロになってしまった人は多いのですが、もちろん未だ現役で頑張っている人も。

83年に「Sweet Dreams」で登場したユーリズミックスは、かなりインパクトがありました。ヴォーカルであるアニー・レノックスのヴィジュアル(男装の麗人風)は、田舎の高校生だった私にとってかなり刺激的でした。何だかイケナイものを見てしまったような感じで…。

しかし、その容貌よりも印象に残ったのは楽曲。その後もヒット曲を連発するユーリズミックスの楽曲はずば抜けて優れていました。以来、私にとって最高のディーヴァは彼女です。25年経った今もそれは変わりません。

彼女の全世界におけるアルバム売り上げは何と7,500万枚です。私にとって…というよりも、間違いなく世界を代表するディーヴァといえましょう。

今作は彼女4枚目のソロアルバムですが、本人も認める通り、これまでの最高傑作。内容はクールなバラッド、ポップス、ファンク、ソウル…などヴァラエティに富んでおり、全編を通して聴くと、まるで壮大なオペラのよう。そのパワフルなヴォーカルは、失礼ですが50歳を越えているとはとても思えませんね。

シングルカットされた「ダーク・ロード」など良い曲が目白押しですが、今回一番話題の楽曲は「シング」でしょうね。現代を代表する女性アーティストが23人もコーラスに参加していますよ。そのメンバーはマドンナ、ピンク、シャキーラ、ファーギー、セリーヌ・ディオン、ジョス・ストーン、ボニー・レイット、K.D.ラングなど錚々たるメンバー。“アニー・レノックス”という存在が、いかに女性アーティストたちにリスペクトされているかが如実にわかります。

Songs Of Mass Destruction」はこの秋、ヘヴィーローテーションのアルバムになりそうです。皆様も秋の夜長に、ぜひお聴きください。

(岡橋秀樹)

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2018年9月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     open source blog