« 第2972回 ルールは守るものでなく変えるもの?第2970回 ガス抜きをしつつ微調整。 »

第2971回 不安よりも恍惚が勝るのは、自分で自分を褒めてあげられるような努力をしたとき。

第2971回 不安よりも恍惚が勝るのは、自分で自分を褒めてあげられるような努力をしたとき。

パーマリンク 2014/05/04 09:46:39 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「貴方はウチの社員が必死で働いて稼いだお金を何だと思ってるんだ?」

以前、たまたまイヤな場面を目撃してしまいました。

あるホームページ業者が、クライアントである経営者様に詰め寄られている現場です。おそらく制作上のトラブルなどで不義理があったのでしょう。

それなりに公共の場所でたまたま居合わせてしまったのですが、目撃しているこちらまでが凄く申し訳ないことをしているかのような気分に。もちろん私はまったく関係なかったのですが。

しかし、ズシンと胸にこたえる言葉でした。

私も多くの仕事を手掛けてきましたが、正直に申し上げればすべてが成功している訳ではありません。お金を出してくださっているのはお客様であり、中には望みを託してなけなしのお金をはたいてくださったこともありましょう。期待に応えることができなくて契約が終了したこともありました。言葉にはしなかったお客様たちが、心の内では冒頭のような言葉を秘めておられたのかもしれないと思うと胸が締め付けられるような気持ちになったのです。

私もそれらを軽い気持ちでスルーしてきた訳ではありません。が、リアルなお客様の本音を目の当たりにすると、果たして自分はお客様のために全力で仕事をしているのだろうかと激しく葛藤させられました。

なぜこの出来事を思い出したのかといえば、ちょうどGWで過去を含めて自分の仕事の棚卸をしていたからです。今後の営業活動の中で、これまでは手掛けてこなかった手法にも敢えてチャレンジしてみようとも決意したところ。そのことについて、いささか不安な気持ちがくすぶっていたのではないかと。

しかし、それよりも考えたいのがお客様から本気で感謝されてきた体験の数々です。あの成功実績を得るために自分の行ってきた懸命の努力を、今一度思い返すべき。手を抜かず、またがむしゃらにやってみよう、と。

不安よりも恍惚が勝るのは、自分で自分を褒めてあげられるような努力をしたときですから。

このGW、仕事と気持ちを整理する良い機会になりそうです!





岡橋秀樹

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2018年8月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software