« 第3007回 本当のターゲットへのアプローチが甘くないですか?第3005回 マーケティング情報交流会『みんなのヒントルーム』第7回開催! »

第3006回 都合のいい時は大企業、都合が悪くなると零細企業!

第3006回 都合のいい時は大企業、都合が悪くなると零細企業!

パーマリンク 2014/06/09 07:28:25 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「ウチも大企業なみの仕事をするので、ホームページもしっかりしてくれないと!」

以前、ある企業の経営者様とホームページ制作についてアレコレ長時間に渡りミーティングをさせていただきました。

経営者様から冒頭のような言葉をいただきまして。その心意気はかなりアツく、こちらとしても少し無理をしても頑張って何とか期待に応えようと必死になったものです。

しかし何度か打ち合わせを繰り返して、いざ見積もりの段階になるとトーンが激変。

「ウチは所詮は零細企業だから。もう少し安くしてもらう訳にはいかないかな?」

これには参りました。もちろんかなり頑張ったのですが、掛かるものは掛かる。こちらとしてもそこを引くことはできません。

すると、次のような言葉が。

「今回はオタクに泣いてもらって。次回の仕事ではしっかり払うから!」

まだお付き合いがないのに「今回はウチが泣く」意味が分かりませんでした。

思い切り好意的に解釈すれば、初回なのでお試し的な価格で対応していただくことはできないか、ということでしょうか?でも、そもそもこういう言葉って、何度もお付き合いして阿吽の呼吸で仕事できる間柄になってときにしか成立しないと思うのですが。

ついでに言えば「次回の仕事ではしっかり払うから」というのも引っかかります。っていうか、そんなの当然ではないかと。大体、このような発言があったのちにしっかり余分に払っていただけることなど、これまでの社会人経験では一度もありませんw

魅力的な仕事でしたし、情熱的でとても面白い経営者様だったのですが、残念ながら仕事は降ろしてもらうことにしました。

都合のいい時は大企業、都合が悪くなると零細企業、というのではコチラも困ります。まったく余計なお世話ですが、社員さんにも働かせるときは大企業で、給料のときは零細企業となっていないのか心配になりました。

人のふり見て我がふりも何とやら。私も支払いの時には本当に注意しなくては!




岡橋秀樹

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2019年6月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software