アーカイブ: 2014年9月

第3119回 嬉しいやら情けないやら、それ以上に困りました。

パーマリンク 2014/09/30 08:26:32 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「話が決まったら連絡してくれればいいからね!」

昨日ほど自分の忘れっぽさを呪ったことはありません。

突然お電話をいただいた相手は、さっと名乗って用件を切り出しました。「○○○だけど、こないだ岡橋さんから頼まれた件、見つかったから紹介するよ!」とのこと。どなたか聞き取りにくかったので、確認しようとしたところ、相手は構わずに話をどんどん進めるのです。

しかもそれは今、私が一番探しているビジネスパートナー。つい話に聞き入ってしまい、電話の相手の名前を確認するタイミングを完全に逸してしまいました。

紹介相手のセッティングまでしてくださるというので、慌てて「では決まりましたら、ご連絡させていただきますので…」、もう一度お名前を教えてください、と言おうとしたら「このケータイでいいよ!じゃあね!!!」。ガチャン!

凄くありがたい話なのですが、誰から仕事の紹介をいただいたのか分からない…。ケータイの着信では名前が出なかったし、話の内容は最近手掛けるビジネスに関すること。ゆえにここ1ヶ月くらいで知り合った方であることは間違いないでしょう。

嬉しいやら情けないやら、でもそれ以上に困ってしまいました。その紹介相手から電話がかかってくることになったのですが、このままでは話の辻褄が合わない点が出てきて迷惑を掛ける可能性が。何にせよ、私が相手を全然思い出せないことがダメですねぇ。

もう一度掛け直して「ゴメンなさい、お名前を教えてください」というのも見苦しいし、思い悩んだあげくケータイに残された着信番号でGoogle検索してみました。たまにネットなどで自分の番号を公開されている方がいらっしゃるのです。すると……幸いにもありました!思い切り最近ミーティングさせていただいた方です…。しかも何回か結構ディープに!

最初にパパッと名乗られたときに分からなかったのは、ミーティング時にはビジネスネーム(ニックネーム)で皆さんから呼ばれていたので、本名を完全に失念していたのです。…完全に言い訳ですねw

時々、人の名前と顔などが思い出せなかったり一致しなかったりで恥をかくことがあるのですが、またしてもやらかすところでした!

お付き合いのある皆様へ。私に電話をかけたり、話したりしているときに人の名前や社名などで私が挙動不審な態度を見せたら遠慮なく突っ込んでください。おそらく何かを忘れています。可哀相な病気だと思って助けてください!私も症状を改善すべくリハビリに励みますw




岡橋秀樹

第3118回 仕事で何かを達成したとき以上にビジネスマンが癒やされることはない!

パーマリンク 2014/09/29 07:43:39 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「おかげさまでホームページからの売り上げが伸びています!」

ホームページ制作に携わる人間として、お客様から言われてこれ以上嬉しい言葉はありません。

私は制作業界に関わって四半世紀になります。これまでいくつの仕事を経験し、それぞれにやり甲斐のある職場ではあったものの、ダイレクトにお客様から感謝の言葉を頂戴するという経験には乏しかったので。…というか、まったくありませんでした。

今の仕事はもう13年目となるのですが、幾度となくこのような嬉しい体験をさせていただく機会に恵まれました。もちろんこれは自分の手柄でもなんでもなく、実制作をしっかりしてくださる周囲のスタッフや、ビジネスの良縁を紡いでくださる周囲のビジネスマンなど素晴らしい仲間に恵まれたからに他なりません。

仕事で疲れることは多々あり、その都度に刹那的な癒しを求めたりもしますが(要は酒を飲むことだったりしてw)、仕事で何かを達成したとき以上にビジネスマンが癒やされることはないでしょう。

とはいえ嬉しさの反面、思ったような結果が残せずお客様から直に叱責を受け、腋の下に汗をかくような思いをすることも。これは最も辛いことの一つですねw

しかし、喜んでいただいたときの恍惚感は何モノにも変えがたい!この瞬間が味わいたくて仕事を続けているようなものではないかと。

さて今週も新たな打ち合わせ、楽しみな制作中の仕事の完成、思い悩んでいるうまくいかない仕事の続きなどバラエティに富んでいます。何が起こるのか楽しみですね!常にハラハラもしていますが、だから仕事は面白い!!!



岡橋秀樹

第3117回 大逆転の嬉しい出来事。営業マンとしては少し複雑w

パーマリンク 2014/09/28 10:43:55 著者: netbiz メール
カテゴリ: 04 ホームページ

「更新する気になったそうです!」

大逆転の嬉しい出来事がありました。

ある商品のホームページについて、今期で契約が切れることに。経営者様はホームページを作り直したいから、とのご意向で特に次の業者が決まっている訳ではなさそうです。

これまでホームページのSEO対策は抜群で、そこから多くの商談が決まっていきました。つまり実績は抜群なのです。では一体なぜ?

実はこの企業様との間にメーカーが入っています。こちらにはしっかり仕事が決まった時の情報は届いていたのですが、肝心の経営者様のところには情報の到達が不十分だったようで。

そこで今回、メーカーの社長様が間に入ってくださることになりました。そもそもこの仕事のきっかけを作ってくださった方。今回、販売側の経営者様に「SEO対策の充実度合」「ホームページからの営業実績」を織り交ぜ、ぜひ継続すべきだと目の前で電話して掛け合ってくださったのです。

この作戦が奏功し、再び仕事を継続して下さることになりました。冒頭の言葉はそのときのもので、社長様も喜んでくださいました。これは嬉しかったですねぇ!!!本当は営業マンとして自分がしなくてはならないことなので、営業マンとしては少し複雑。情けない気持ちになったことも事実ですがw

それでも、これまで素晴らしく実績の出ているホームページを改めて継続できるのは本当に光栄です。全面的リニューアルを前提に進めていくことになりましょう。

今回、お手数をお掛けしてしまったM社長、本当にありがとうございました!!!





岡橋秀樹

第3116回 新たなビジネスチームの誕生!

パーマリンク 2014/09/27 08:44:46 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「普通は実践の後に検証があるものですが、検証してから実践なのですね?w」

士業の方々と一緒に信託ビジネス勉強会の初回にオブザーバーとして参加させていただく機会に恵まれました。私以外は士業の方々ばかり。こういうことは珍しいかもしれません。

現在、相続関係のポータルサイトなどテーマを深堀りした企画への参加が増えているため、仕事仲間の司法書士の先生から声を掛けていただきました。より知識を得て理論武装するには最適!Iさん、ありがとうございます。

初回ということで、まずは総論と意見の交換から。「とりあえず先に様々なキーワードなどの基礎知識を勉強をしよう」との声に対して「各自が事前に勉強をしてきて、勉強会ではあくまでもビジネスを創出する方法を検討しよう」との意見が出るなど、カンカンガクガクと活発に意見が交わされました。

私は決して基礎勉強が悪いとは思いません。が、より実践的にモデルを用意して検証しながら分からないところを解決していったほうが身に付きやすいと思います。やはり一般教養的な勉強会は眠くなりますのでw

とはいえ、比較的新しいビジネスモデルでもあるため、具体的な実例が乏しいのも事実。そこで次回からは基礎知識の学習と、ビジネスモデルの紹介と検証を繰り返していくことで方針が決まりました。

ここまで割と生真面目な展開だったので私も冒頭のような冗談を飛ばしたのですが、ここで勉強したことを練り上げてビジネスに落とし込んでいきたいもの。というか、その役割を担うために呼ばれたのですが。

ビジネスとしてさらに現実的にしていくためには、より実践に基づいたビジネスマンの思想と理論、経験談が必要となりそう。という訳で、次回からはさらに経営コンサルティングや営業現場での経験に長けたビジネスマンをさらにオブザーバーとして招へいすることになりました。新たなビジネスチームの誕生ですね!

普段は後先をあまり考えず、バッと走り出すスタイルが身に付いている私ですが、このようにじっくり研究していくビジネススタイルも大切ではないかと。

今後も興味深い勉強ができそう!仕事の楽しみが増えました!!!




岡橋秀樹

第3115回 単なるリニューアルではなく、HPのコンセプトを変えて成功を目指せ!

パーマリンク 2014/09/26 07:51:39 著者: netbiz メール
カテゴリ: 04 ホームページ

「そろそろ打ち合わせ、お願いできますか?」

昨日、嬉しい不意打ちの電話を頂戴しました。

数か月前に何度かミーティングをした後で見積書と企画書を提出していた、老舗店舗へのホームページ企画。間に広告代理店が入っていたので間接的にビジネスが動いていたのですが、代理店の担当者様も店舗の経営者様も多忙になってしまい、一旦ストップしてしまっていたのです。

企画が頓挫することは時々ある話。実はかなり気合いを入れて取り組んでいた内容だったので、残念に思いつつも半ば諦めていたのですが…。

多くの場合は現在のホームページを活用しつつの別企画。お客様のご予算や都合を配慮すると、セカンドサイトやサードサイトを作ってしまった方がスムーズに事を運ぶことができるのではないかと。

今回も老舗ゆえの歴史あるホームページです。そのような訳で最初はやはり別企画を展開する作戦だったのですが、色々と打ち合わせる中で経営者様から「ホームページそのものを変えた方がいいと思っていたんだよね」とのこと。単なるホームページのデザインやシステムのリニューアルというよりも、ホームページのコンセプトそのものを変更して成功を目指していくことになりそうです。

早速、来週中に仕切り直しのミーティングとなりました。往々にして、こういう時はスピード対応が求められるものですが、まずは嬉しい再開に感謝!

楽しみです!!!




岡橋秀樹

第3114回 マーケティング交流会『みんなのヒントルーム』第10回終了!

パーマリンク 2014/09/25 09:10:03 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

昨日、私が責任者を務めさせて頂くビジネスマーケティング情報の異業種交流会「みんなのヒントルーム」第10回が開催されました。


この会は毎月最終水曜日を基本に定例会場(名古屋市中区のレンタルスペース)で行っています。今回も多くのユニークな職種のメンバーが集結!

メインスピーカーは外資系大手企業の営業マン・佐田慎司さん。営業畑一筋25年のキャリアを持つ彼がヘッドハンティングされて今の仕事を始めるまで、そして現在に到る営業スキルの積み重ねについて率直かつユーモラスに語ってくださいました。

この会に集まるメンバーは比較的“一人親方”が多いため、佐田さんの営業活動のノウハウについては皆さん興味津々。期待に応えくれる濃い内容で、さすが!と唸らされる場面が多かったです!


今回は参加者全員による自己紹介プレゼンタイムの後、プレゼン内容に関するディスカッションを行う時間をしっかり取りました。問題を抱えていたり困っている方が居ればできるだけその場で解決のヒントを見出し、またより深堀りして聞きたい質問があれば教えてもらう、そんな企画です。初めての試みだったので探りながらの展開だったのですが、割とうまくいったようです。次回はもう少しスマートに進行しなくては。

そして第2部のとても美味しい鶏料理店での懇親会が延長戦に。こちらはいつものごとく、本編以上の盛り上がりでw


この会から多くのビジネスやプロジェクトが創出され、毎回の進捗状況が楽しみになりました。ますます意義ある交流会に成長したのではないかと。番外編のスピンオフ企画もいくつか計画されているとのことで、ますます盛り上がっていきそうです!


◇「ヒントルーム」とは? 
参加者が他のメンバーのためになるビジネスのヒントを提案し合ったり人脈を紹介し合ったりすることで、新たなビジネス、ビジネスプロジェクトを創出していくスタイルの交流会。

◇「ヒントルーム」のスタイルとは? 
毎回メインスピーカーが、参加者に役立つマーケティング情報やビジネス成功事例を30分間でプレゼンテーション。さらに参加者全員が2,3分でビジネスの自慢と悩みを紹介。参加者はそれに応える形で質疑応答やディスカッションしながら色んなアイデアを出していきます。話がまとまらなければ延長戦は第2部や後日に!

◇次回予告

第11回「みんなのヒントルーム」 
【日時】2014年10月22日(水)17時~
【場所】名古屋市中区のレンタルスペースCOMINI
【会費】1,000円(メインスピーカーは無料)
【定員】30名(最大45名まで収容可能)

◇今回のプログラム
【第1部】
①メンバー全員による自己紹介タイム(各3分)
「こんなに凄い仕事をしている」という自慢、「こんなことで困っている」という悩みをプレゼン。+ディスカッションタイム(2回)

②メインスピーカーによるビジネスプレゼン(30分)

□メインスピーカー
うえやま建設 代表取締役
植山修雄(うえやま・のぶお)様

【第2部】
懇親会/20時スタート(1部・2部いずれかのみの参加もOK!)
会場近郊の美味しい店で開催予定!


◆今後の予告
「みんなのヒントルーム 第12回」

【日時】2014年11月26日(水)17時スタート 


会専用のFacebookグループページを開設していますが、良い仲間をじっくり増やしたいので非公開。このようなスタイルのビジネス交流会に興味があり、趣旨に賛同できる方は私まで直接ご連絡を。FBよりご招待させて頂きます。会のコンセプトをご理解くださり、露骨な営業・勧誘目的の方やトラブルメーカー以外であれば大歓迎ですので。

一緒にビジネスに関われる、素晴らしい仲間との出会いの場となれば幸いです!





岡橋秀樹

第3113回 価格とクオリティの哀しきループ現象。

パーマリンク 2014/09/24 05:10:10 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「○○○円で仕事を受けてくれますか?」

「…無理です!」

ある経営者様からホームページ制作に関するお問い合わせを受けました。色々とお話をさせていただいたのですが、最終的には激安過ぎて価格が合わず、残念ながら仕事をお受けすることができなかったのです。

正直に申し上げれば、調整してお話合いのできるレベルの価格ではありませんでした。

そのことについて伺うと、「前の業者はその価格で受けてくれたんです」とのこと。

しかし、今回のオファーはそもそも前の業者の仕事ぶりに大いに不満があったから、ということから。これでは堂々巡りではないかと。

「安く受けてくれたのはいいけど、出来がイマイチなので修正を依頼したらちゃんとやってくれない」。これは経営者様の論理です。

実は、くだんの業者さんとも顔見知りだったので、それとなく聞いてみました。すると「条件を出して引き受けたのだけど、後からどんどん当初には決めていなかった要求が出てきた」。

私に言わせるとどっちもどっちです。が、安請け合いしてしまった業者の責任の方が重いでしょうね。だって私の仕事にまで悪影響が出ていますのでw お断りしましたが。

このように安易に受けて仕事がうまくいかないと脱兎のごとく逃げてしまう業者も結構います。そのやりかたを全面否定する訳ではありませんが、同業者というだけで関係ない私たちまで巻き込まれるのは迷惑ですねぇ。本当は同業者扱いされるのも不愉快なのですが。

先の経営者様には常識的な価格を提示し、その理由もしっかりお話させていただきました。

おそらく、制作のみならば我々よりも安く仕事をする業者は沢山居るでしょう。しかし、今お客様から望まれるレベルはそこで済まないことばかり。

最終的なことまでしっかり配慮して見積もりを作るので、決して激安ではありません。が、最後の最後までいけばお値打ち感は出てきます。

この説明、なかなか難しいのですが幸いにも長くやっていると実績は沢山ありますので!どうぞ気軽にお問い合わせくださいね。




岡橋秀樹

第3112回 『どう使うのか』という技術論ではなく『何に使うのか』という思想論で!

パーマリンク 2014/09/23 09:10:59 著者: netbiz メール
カテゴリ: 04 ホームページ

「やはり自社に専任のスタッフが居ないと難しいですね!」

かつては自社内でホームページを運営管理し、その後は外部業者に任せているという企業の経営者様とお話をさせていただく機会に恵まれました。

社内でホームページ制作用ソフトを使える人が居たので、最初は手掛けさせていたようです。が、本業がありどうしても後回しになってしまいがちに。経営者様は「作った本人には申し訳なかったのだけど」、外部委託することにしたとのこと。

しかし、そこからも基本的な運営管理が大変で更新は滞りがち。併設したブログに到っては開設したのみで内容が一度も更新されていません。これは勿体ない!

そこで冒頭のセリフが飛び出したのですが、実際問題としてホームページの運営管理やブログ、FacebookなどSNSの更新についてはどうしても時間がそれなりに割かれます。業務時間内にとはいえ、優先させるべき案件は沢山あるはずで「これは定時後にしよう」が「明日にしよう」になり「来週にしよう」「来月にしよう」「…………」となってしまうことも多いのでは。

おすすめは例えば週1の更新として月曜日の朝、業務が始まるときに必ず定期更新するなど、日時をあらかじめ業務にしっかり組み込んでおくこと。やはり何か新しいことを創出するためには、何か古いことを犠牲にして削らなくてはなりません。そのためだけに給料をもらっているのであればともかく、一般的な中小企業では困難でしょうから。

経営者様は「実は自分がITはすごく疎いのでダメなのかも」とおっしゃったのが印象的でした。実際、その手の経営者様は多いです。しかし「どう使うのか」という技術論ではなく、「何に使うのか」という思想論で現場スタッフの方々をディレクションできればいいでしょう。

そのためのプラットフォームというか環境づくりならお手伝いできそうです。経営者様のご自宅が近所というよしみもあり、メカ音痴の私にしてはとても珍しく「パソコンの調子が悪いときには見に行く」との約束までしてしまいました。

本当に大丈夫かな?w …いや、これもディレクションできればいいのです!!!




岡橋秀樹

第3111回 今週水曜日は交流会『みんなのヒントルーム』第10回開催!

パーマリンク 2014/09/22 07:52:20 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

今週の水曜日である9月24日、私が責任者を務めさせて頂くビジネスマーケティング情報の異業種交流会「みんなのヒントルーム」第10回が開催されます!

今回もおかげさまで多くのユニークなビジネスマンの方々が沢山参加してくださることになりました。申込は〆切ましたが、どうしても参加希望との方がいらっしゃれば、私までご連絡ください。

この会は毎月最終水曜日を基本に定例会場(名古屋市中区のレンタルスペース)を確保。各業界の最新情報を交わし合い、新たなビジネスの創出を目指します。


今回から広い新会場での開催となります。記念すべきメインスピーカーは某外資系保険会社(ネット上では名前を伏せてくれとのご希望)・営業一筋25年の佐田慎司さん。外資系大手企業のキビしい営業マンの活動に隠されたノウハウを伝授してくださるとのことで、営業活動に悩むビジネスマンには最適ではないかと。

参加者全員によるプレゼンタイムではそれぞれのビジネスにおけるここだけの話「自分はこんなに凄い!本当は聞いてほしい自慢話」「ガチで悩んでいます!本当に困っていること」を披露。今回からディスカッションタイムをしっかり取りますので、ビジネスでの困りごとがあればその場で解決していきましょう!これぞヒントルームの本質。それでも足りなければ、第2部の懇親会で延長戦です~

ここからすでに沢山のビジネスが創出され、そしてビジネスプロジェクトが誕生しました。ますます意義ある交流会に成長していきたいものですね。


◇「ヒントルーム」とは? 
参加者が他のメンバーのためになるビジネスのヒントを提案し合ったり人脈を紹介し合ったりすることで、新たなビジネス、ビジネスプロジェクトを創出していくスタイルの交流会。

◇「ヒントルーム」のスタイルとは? 
毎回メインスピーカーが、参加者に役立つマーケティング情報やビジネス成功事例を30分間でプレゼンテーション。さらに参加者全員が2,3分でビジネスの自慢と悩みを紹介。参加者はそれに応える形で質疑応答やディスカッションしながら色んなアイデアを出していきます。話がまとまらなければ延長戦は第2部や後日に!

◇第10回「みんなのヒントルーム」 
【日時】2014年9月24日(水)17時~19時45分
【場所】名古屋市中区のレンタルスペースCOMINI
【会費】1,000円(メインスピーカーは無料)
【定員】20名(最大30名まで収容可能)

◇今回のプログラム
【第1部】
①メンバー全員による自慢&困りごとプレゼン(各2,3分)+ディスカッション(90分予定)
「こんな仕事をしている」という自慢、「仕事のこんなことで困っている」という悩みをプレゼン。参加者全員を2つのブロックに分け、1ブロック終了ごとに質疑応答&ディスカッションをする予定。

②メインスピーカーによるビジネスプレゼン(40分)
「営業バカは見た、売れてる人たちの共通点!
~ハゲタカ外資の営業の秘密、こっそり教えちゃいます~」

□メインスピーカー
佐田慎司(さた・しんじ)様

②延長戦は第2部会で!

【第2部】
懇親会/20時スタート(1部・2部いずれかのみの参加もOK!)
炭とおごっつぉう だんだん
※会場近郊・炭焼き地鶏の美味しい店です!


◆今後の予告
「みんなのヒントルーム 第11回」

【日時】2014年10月22日(水)17時スタート
◇メインスピーカーによるビジネスプレゼン(40分)

うえやま建設・代表取締役
植山修雄(うえやま・のぶお)様 


会専用のFacebookグループページを開設していますが、良い仲間をじっくり増やしたいので非公開。このようなスタイルのビジネス交流会に興味があり、趣旨に賛同できる方は私まで直接ご連絡を。FBよりご招待させて頂きます。会のコンセプトをご理解くださり、露骨な営業・勧誘目的の方やトラブルメーカー以外であれば大歓迎ですので。

一緒にビジネスを創出できる素晴らしい仲間との出会いの場となれば幸いです!





岡橋秀樹

第3110回 脇に回って十分に勉強できる良い機会!

パーマリンク 2014/09/21 08:53:15 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「頂いた電話で恐縮ですが…」

知り合いの経営者様に協力してもらいたい案件があったので、こちらからご連絡をさせていただきました。私の不躾な依頼に快く対応してくださったのでお礼を申し上げて電話を切ろうとしたら、経営者様から冒頭の言葉が。

ご自身のクライアントで社内の販売関連のシステム構築に困っている企業があるので、システム会社をご存じならぜひ紹介いただけないかとのこと。知っているも何も、私が関わる一六社で対応可能です。ちなみに現在の一六社の代表取締役は他ならぬシステムエンジニアですので。もともとサラリーマン時代には販売システムを構築する仕事をしていたので、得意中の得意である分野ではないかと。

私は一六社には営業企画という立場で関わっていますが、私のような営業集団が全国で活躍中。その他にもWebデザイナー集団、システムエンジニア集団がおり、皆で合理的に仕事を回し合っています。だから私のようなIT音痴でも何とか仕事をすることが出来るといった次第でw

思わぬきっかけで生まれたこのビジネスチャンス、さっそく連絡を取り協力要請。もちろん喜んで企画に参加してくれることになりました。

普段はホームページ制作をメインで仕事しているため、いつもSE集団に迷惑を掛けっぱなしの私です。ときにはこのような形でシステム構築をメインにした仕事に参加させていただくのは借りを返せるような気持ちになりますね!

脇に回って十分に勉強させていただく良い機会になればいいのですが。楽しみです。




岡橋秀樹

第3109回 経営者のこだわりをホームページという形にするには。

パーマリンク 2014/09/20 08:23:22 著者: netbiz メール
カテゴリ: 04 ホームページ

「特に語ることもなくて困っているんですよねぇ…」

ホームページをリニューアルすることになった企業の経営者様を取材させていただきました(一応、こんなでも元経済記者ですw)。

と申しますのも、先日ご依頼をいただいたときに「現在のホームページを参考にして、現代的に作り直してみてください」というようなニュアンスだったので、後で内容をしっかり確認してみたのですが何せコンテンツの分量が少ない!極めてシンプルには表記されてはいるものの、これではせっかくの仕事の本質が伝わらないのではないかと。

特にこの企業、そして経営者様は自分の仕事について良い意味でのこだわりをしっかり持っておられます。これをオリジナルの文言にしてホームページでも表現しないと勿体ない!

そしてもう一つ、これでは検索エンジンにもヒットしません。シンプルゆえにキーワードが少なく、エンドユーザーがこの会社、このホームページを探りあてることができないのです。

語ることがないと言われた経営者様ですが、私が素人丸出しで分からないことを粘って質問していたら、私のあまりの無知さに呆れたのか基本的な部分から一つ一つ丁寧に、そして大いに語ってくださいまして。素人で良かった♫

経営者のこだわりをホームページという形にするには、これまでに語られなかった仕事へのこだわりを原稿、そしてデザインでしっかり構築する必要がありましょう。さらには検索エンジンにもきっちり掲載されるように工夫して作っていかなくては。

ウデが鳴りますね!(一応、こんなでも元経済記者ですwww)



岡橋秀樹

第3108回 ネットの本質:基本的な思想があれば、走りながら考えて対応できる!

パーマリンク 2014/09/19 08:29:51 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「後で調整しましょう!」

この仕事を始めてから、このような発言が口癖になってしまったような気がします。

ネットの仕事のいいところは途中で修正が自由に効くこと。昔は紙媒体の仕事を長く手掛けていたのですが、ミスは許されませんでした。それでも人がやることですから、制作工程でチェック漏れなどが発生することも。何万部と印刷した原稿が間違っていて刷り直しをするハメになったり、印刷物の上にシールを延々と張り続けるなど悪夢のような思い出が色々とあります。

それがネットだと、仮にミスがあったとしてもすぐに対応ができますのでいささか気は楽ですね。もちろん、基本的にミスがあってはいけないので油断は禁物ですが。昔の経験から、印刷物のディレクションも依頼を受けることがあるのですが、中途半端に関わるのは危険なのですべて印刷会社に依頼して対応することにしています。

もっとも、私が言いたいのはネットは「失敗しても直せばいいから楽だ」ということではありません。後で調整ができるので、情報が足りなくても全体をスタートさせることができる媒体だということです。完成させるのを念頭に置くではなく、常に進化・修正・調整を配慮したスタイルで作っていき、どんどん変えていくべき。後で調整するのを当たり前と考えなくてはならないのですね。

基本的な思想さえあれば、走りながら考えて対応することのできるメディア。これぞネットの本質でしょう。ポイントはいかに基本的な思想をブレずに持ち続けられるか、でしょう。

おかげさまで普段のライフスタイルも随分変わったように思います。以前はグジグジ悩んで動けなかったのに、悩むくらいならとりあえずやってみよう!という発想で一歩を踏み出せるようになりましたので。さすがに何も思想のないまま動きはしませんが。

また、ネットのメリットであるコアな仲間のコミュニティ化・グループ化の容易さも大いに享受しています。心強い仲間のサポートやアドバイスを受け入れやすい環境にできるのも、大いにありがたいことではないかと。

この辺り、様々なビジネスの合理化提案につなげることができるよう、一度体系化してみようかと密かに思っています。こんなところに書いては全然密かではないのですがw




岡橋秀樹

第3107回 頼れるプロの仕事ぶりに感化され、珍しくやる気満々!

パーマリンク 2014/09/18 08:26:49 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「企画がNGになってしまいました!」

私がイベントプランナニングの会社に泣きついたのはプレゼン前日の夜9時のこと。一昨日の夜ですw

NGの理由はイベントに出展予定していた企業の内容が、クライアントの考える基準から外れていたため。その日の夕方に企画書を提出したのですが、お客様である企業の担当者様が「この内容ではマズイかもしれません」とすばやく対応してくださったのです。いつもルーズな私の対応にも丁寧にキビキビとリアクションしてくださり、本当にありがたい限り!

ホームページ制作がご縁で発展していったイベントは来月末からです。告知なども考えるともう残り時間がありません。

初期の段階でプランが二転三転したのは、私がこの手の企画には不慣れだったからです。色々なイベント会社とミーティングを重ね、様々な配慮をした上でようやく方向性が決まり、時間の少ない中でイベントプランナーの方々はテキパキと問題を片付けていってくれました。私よりもベテランのプランナーの方々で、迅速対応は見ていて惚れ惚れするほど。

そして昨日ようやく概要がまとまって企画書が完成したのですが、これまた私の見通しの甘さゆえに問題発生。冒頭の泣き言となった訳です。

新しい企画書がUPされたのは、そこからわずか3時間後の深夜0時頃でした。あっという間に問題点を解消する新企画にリロードさせ、翌日のプレゼンに間に合うように仕上げてくださったのです。本気で感動しました。

またこれらの一連の流れを仕事仲間がサポートして、企画書を微調整。体裁を整えてくれました。それもわずかな時間内で。

これは何としても企画を通さなくてはならないと心に秘めて臨んだプレゼンだったのですが、担当者様も色々配慮をしてくださっており、変更点をご理解いただいて正式にスタートすることが決定!

まだ仕事が終わった訳ではありません。むしろ大変なのはここからかもしれないです。が、ここまでの段取りは周囲の方々の協力がなくては到底成り立ちませんでした。というか、私などジタバタしていただけで実質は何もしていないに等しいのですが。

せめて本番までにはしっかり内容を仕上げて、皆さんから「やってよかった!」と思っていただき今後につなげるような仕事にしたいものですね!!!

周囲の頼れるプロフェッショナルの仕事ぶりに感化され、珍しくやる気満々な私です!!!




岡橋秀樹

第3106回 情報過多の危険性と情報不足の危険性。

パーマリンク 2014/09/17 05:16:29 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「あの事件、実際の真相は○○○○だった!!!」

最近インターネットやFacebookなどのニュースを閲覧していて色々気になることがあります。

その筆頭が冒頭のような表現。

過去に話題になった事件の犯人が実のところは気の毒な人物で同情できるとか、謎のままだった事件の真実はこうだとか、芸能人の問題の裏にこんなことがあるだとか…。しかもFacebookではいちいち「いいね!」をクリックしないと全部の記事が読めなかったりして。

私としては自分で真実か否かを確認できない記事に関しては、表現は悪いのですが便所の落書きのようなものだと思うことにしています。確かにキャッチーなコピー、センセーショナルな見出しが付いていると私とて気にはなります。しかし、結局は裏付けも取れないようなヨタ記事が多いのが現実ではないかと。

自分がネットにUPするとすれば「自分で見聞きした」1次情報が基本。せいぜい「良く知っている方からの情報か、信用できるであろう情報ソースに基づく」2次情報がギリギリのラインですね。「誰かが何処かで○○○と言っていた(らしい)」3次情報では話になりません。

それをUPするとすれば、百歩譲って「うっかり世の中に流通してしまった情報」なので仕方がないとは思います。

最近ではかつて逮捕された有名な犯罪者の女性が、実は犯したくて罪を犯したんじゃない。その背後にはやむを得ない事情があったのだ、とか。同情するのは自由でしょうが、犯罪は犯罪ですからねぇ。

うんざりさせられるのは、Facebookなどでその記事に対してのリアクションで「びっくりしました!事実が歪められていたのですね!」とか「知らなかった!真実はそうだったのですね!」とか書き込まれていること。

その情報が本当だという確証はどこにあるの?って感じですね。いや、こうして書かれてるんだから!と、信ぴょう性の不明な確証なき情報を流布させるのはいかがなものかと思ってしまいます。

これまでは大人なので情報へのジャッジくらいは自分でできるし、皆もそうすべきだと気にしていませんでした。が、まともな大人でも思い切り情報に踊らされてしまっているのを目の当たりにすると、子供達などは余計にそうなりましょう。判断力のさらに劣るであろう彼らがネットやSNSなどで情報に触れる機会が増えているのを感じるとさすがに情報過多の危険性を痛感しますねぇ。

もっとも、私が子供の時分には逆に情報不足過ぎて偏った思想になったり、一方通行な情報を鵜呑みにして正当な判断ができなかった傾向にあったのかも。これはこれで問題だと思います。

いい大人でもこんな調子ですから、子供達にその危険性を伝えるのもなかなかホネですね。こういうことはどうやって教えてあげればいいのでしょう?「自分の見たものだけを信じろ」とか、青臭いことを言うのは簡単ですがリアルじゃない気もしますし…。

皆さんはいかがお考えでしょうか?





岡橋秀樹

第3105回 過去の音楽ビジネスの終焉とフリーミアムに導かれる新時代。

パーマリンク 2014/09/16 08:43:06 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

先週、ロックバンドのU2が突如ニューアルバム「Songs of Innocence」をiTunesで無料ダウンロード開始!

このニュース、音楽業界のみならず社会的にも大きな話題になりました。長年のファンである私も早速DL。iPodに入れて新作を楽しんでいます。この企画は10月13日までで限定5億人!w さすが大物バンド、スケールが違いますねぇ。

ファンとしては純粋に嬉しいところですが、ビジネスの視点で考察してみましょう。これは相当大掛かりなフリーミアムのビジネスモデルです。

フリーミアムというのは、無料で何かを提供する代わりに他の見返りを見込んでビジネスするというもの。古くからのスタイルだと、化粧品を購入すると他の商品のサンプルを付けて今後の購買を促進するスタイル。最近では通信販売などで「先着○○○名様は1万円の商品が500円!」とか告知して、今後のリピートにつなげる作戦がそうですね。

それにしてもU2の太っ腹さには驚かされました。これまでも同じ大物ミュージシャンならプリンスが新聞のオマケにニューアルバムを付けて話題になったことはありますが、今回はまったくの無料なので前代未聞の企画と言えましょう。

リーダーでヴォーカルのボノはインタビューで「Appleがアルバムの代金を支払ってくれた。無料の音楽なんて信じていない。音楽は神聖なものなんだ」と発言。いくらで契約したのでしょうか?おそらく途方もない金額ではないかと。

いずれにせよU2は来月ボーナストラック付でこのニューアルバムを正式にリリースするようですし、さらにこのアルバムに次ぐニューアルバムも完成しているとの噂です。今後彼らがライヴをするとすれば、この話題もあって間違いなくお客様は入るでしょうから十分過ぎる見返りがあるに違いありません。

ならばこれを無料で提供したAppleのメリットとその意図は何か。ニュース性も高く宣伝効果はありましょうが、それ以上にフリーミアム戦略に基づく利益が見込めるのです。つまりU2のニューアルバムを購入したお客様が、彼らの別の楽曲や違うアーティストの楽曲を有料ダウンロードする可能性がビジネスになるということ。そしてiTunesの優位性を思い切り市場にアピールできるでしょうね。

1960年代から続いてきた音楽の著作権やレコード・CDのディストリビューションによるビジネスモデルは今、まさに終焉を迎えようとしているようです。今後、音楽のニュービジネスはどのような形で花開いていくのでしょうか?

我々は、本当に面白い時代に生きていますね!私自身も新しい波に乗り遅れないようにしなくては。




岡橋秀樹

第3104回 フラワー・ジョワ2作品がリニューアル!SEOも堅調!

パーマリンク 2014/09/15 09:44:11 著者: netbiz メール
カテゴリ: 03 ネットチラシ・簡易HP

名古屋市中区新栄の花屋さんフラワー・ジョワ様のランディングページ型ホームページ・ランクアッパー(旧商品名・ネットチラシ)2作品がリニューアルされました!

それぞれにおかげさまでSEO対策は堅調。同店の営業活動に貢献しているようです。今後さらに成果を上げるため、全体のデザインとバックヤードのシステムをリニューアルすることに。キーワードも一部見直しています。今後がますます楽しみですね。

名古屋で安いウエディングブーケ・ブライダルブーケならフラワー・ジョワ!


名古屋市中区金山・栄の深夜配達に強い花屋ならフラワー・ジョワ!



同店ではネットチラシの他にも通常のホームページに加え、ブログやFacebookなどを積極活用。これらの組み合わせ+相互乗入がIT媒体内での絶妙なクロスメディアとなり、相乗効果を上げてきました。まさにコツコツ型の見本のような戦略で、仕事をさせていただいて本当に光栄です!

そのSEO対策実績をご覧下さい。


【検索キーワードと掲載順位】(※本日Google調査)

①ウエディングブーケ・ブライダルブーケ

「名古屋 ウエディングブーケ」  2位/195000件中
「名古屋 ブライダルブーケ」  2位/215000件中
「名古屋 安い ウエディングブーケ」   1位/30700件中
「名古屋 安い ブライダルブーケ」  1位/32600件中
「名古屋 安い ブーケ」   1位/301000件中


②名古屋市中区栄・金山の深夜配達

「栄 花屋 深夜配達」   1位/40600件中
「栄 花 深夜配達」   1位/3510000件中
「栄 花屋」   2位/377000件中
「栄 花 配達」   3位/803000件中
「金山 花屋 深夜配達」  1位/88200件中
「金山 花 深夜配達」  1位/164000件中
「金山 花屋」  2位/16400件中
「金山 花 配達」  2位/222000件中
「中区 花屋 深夜配達」  1位/122000件中
「中区 花 深夜配達」   1位/263000件中
「名古屋 花屋 深夜配達」  1位/71000件中
「名古屋 花 深夜配達」  1位/461000件中
「名古屋 花 配達」  3位/1910000件中




岡橋秀樹

第3103回 『16シニアライフNAVI』『16相続NAVI』リニューアル完了!

パーマリンク 2014/09/14 08:58:08 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

一六社の運営する相続相談・終活動相談のポータルサイト「16シニアライフNAVI」「16相続NAVI」がリニューアルされました!

これらのサイトは、相続問題を中心にシニアライフに関わる様々な問題を、我々が契約している専門家の方々に直接相談できる仕組み。

2年以上掛けて準備してきた企画だったのですが、ネットにおけるシニアビジネスの思わぬ広がりや昨年のGoogleのアルゴリズムの変更などで一旦内容を見直すことになり、このたびようやくリニューアルが完了したのです。

サイトに所属する専門家検索ページから、全国の様々な専門家の皆さんをチェックすることが可能。相続問題などでお困りの際にはぜひご利用ください!

例えば、名古屋市東区で司法書士の先生を探そうとすると、サイト内検索では名古屋市東区に事務所を構える名古屋リーガルオフィスの出田真太郎先生のページが表示されます。


このサイト内のみならず、GoogleやYahooで普通に「名古屋市東区 相続相談」と検索すれば、出田先生のページが上位掲載!(本日検索で2位)今回のリニューアルでSEO対策がさらに充実し、出田先生はすでに問い合わせが来ているようです。ここから様々な相続相談につながるため、このサイトから徐々に相続ビジネスがネットで新たな展開を見せるのではないかと。

現在、このサイトをベースにシニアビジネスへの本格進出を果たした大手百貨店の松坂屋とのコラボなど、多くのビジネスがスタートしています。リアルな相続勉強会イベントなども主催するなど幅広く展開中!

このサイトに参加してくださる専門家の方々も随時募集中です。今後にご期待ください!!!




岡橋秀樹

第3102回 8年目の嬉しいご依頼!

パーマリンク 2014/09/13 09:20:25 著者: netbiz メール
カテゴリ: 04 ホームページ

「おかげさまで注文が沢山来てるよ!だからこの際、ホームページもリニューアルしてもらおうかと思ってね」

お付き合いさせていただくこと8年目。遂に嬉しいご依頼をいただきました!

ある商品の販売に関する1ページもののランディングページ(旧商品名・ネットチラシ)で長くお付き合いをいただいていたのですが、幸いなことにSEO対策のみならず売上も好調です。

ホームページはさらに古く制作したもので、経営者様もかなり思い入れがあったためそのままにされていました。が、これまで掲載されていた多くの商品がネットではもはや差別化できないという判断をし、内容を大幅に変更することを決意。ついでにホームページそのものを見直すことに決めたとのことで。

こういうご指名を頂戴すると、長くお付き合いさせていただいてきたことが奏功したようで本当に光栄ですね!ご期待に添えるように頑張らなくては。

内容はかなりダウサイジングしてシンプルなものになりそう。それだけにシビアな成果も求められそうです。が、これまでのお付き合いや最近コツコツ積み上げてきた様々な作戦を以って対応していくつもりですので。

経営者様からは急いでないよ!と言われていますが、鉄は熱いうちに打たないと。来月には形にできるのではないかと。

どうぞご期待ください!




岡橋秀樹

第3101回 四方八方+上下で十方!!!

パーマリンク 2014/09/12 08:57:58 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「本当はしなくてはいけないことを無意識のうちに否定しまっていることがあるんです。ヒアリングして質問と回答を繰り返しながら、それを自覚していただけるようにしなくてはいけないですよね」

まるで心理カウンセリングのような話題ですが、最近知り合ったwebプロデューサーの方とのミーティングでのヒトコマです。というか、実際にこの方は心理カウンセリングの勉強もしっかりされておられるとのこと。なるほど、コンサルティングにはこのような要素も必要だと実感しました。

最近のweb制作については、SEO対策などできて当然。それはスタート地点にしかならないので、そこからどうやって使えるホームページにしていくかです。

とはいえ、苦労しても結局はモノが売れず残念な結果に終わることも。そういうとき制作のプロセスにご理解いただけるかどうかは、最初のヒアリングでしっかり何をすべきかを解きほぐしていく必要があるということになりましょう。

冒頭の言葉のようにお客様がツラツラと話してくださったことが、本当は本質からズレていることも。ズレているならばまだしも、敢えて無意識のうちに反対の表現をしてしまっていることがあるかもしれない。これを理解するには相当なスキルが必要ですねぇ。私のように何でもかんでも真に受けてしまうような単純人間には至難の業ではないかと。

しかし、それならばベーシックな手を使うべき!いつもの「コツコツ」です。丁寧に丁寧に、「この値段でこんなことまでしてもらえるのか」と思っていただけるような仕事をするしかありません。

私がWIN-WIN-WINというか、近江商人をさらに発展させた四方よし(利用者様、クライアント様、関係各社様、我々よし)の思想での展開を語ったところ、プロデューサー氏は「四方八方、さらに上下で十方に喜んでいただくつもりでないと!」と破顔一笑。

これには一本取られましたw まったくおっしゃる通りだと思います!!!




岡橋秀樹

第3100回 歴史ある放置?

パーマリンク 2014/09/11 08:07:55 著者: netbiz メール
カテゴリ: 04 ホームページ

「新着情報が実は10年前のものなんですよね!」

ご縁あってある企業様のホームページのリニューアルに関するミーティングに参加させていただく機会に恵まれました。

経営者様自らが手づくりで開設したホームページは、歴史こそあるものの更新が全然できていないとのことで。冒頭の言葉はトップページに掲載されている新着情報のコーナーを指して、経営者様が苦笑交じりに教えて下さったものです。

最初の頃は検索対策についてもアレコレと手を加えたので掲載順位もそれなりに上がっていたそうですが、業務多忙になるにつれて更新が滞りがちになり、ついには放棄してしまったらしく。良くあるパターンではありますが、ここまで歴史ある放置は初めてかもしれませんwww

しかし10年前にしては手づくりながらしっかりと構築されており、こだわりを随所に感じさせる内容になっていました。当時はかなりご苦労されたはず。

残念ながら放置してしまったことと、その後のGoogleなど検査エンジンのアルゴリズムの進化とで検索対策がかなり甘くなってしまっています。これ以上、自らはやれないということでお話をいただいたのではないかと。

プレゼンテーションではこれまでのサンプルや、我々のSEO対策の仕組みなどを説明させていただきました。その日のうちに資料も送付させていただき、おかげさまで好感触。次回の打ち合わせも決まりました。

これまでの歴史の重みを感じつつ、次世代にしっかり活用でき、そして営業成果も出せるような内容に仕上げていかねばなりません!プレッシャーもありますが、やり甲斐のある仕事になりそうです。

今回のご紹介いただいたI様、良縁をありがとうございました!



岡橋秀樹

第3099回 名古屋ビジネスは3タタキ?

パーマリンク 2014/09/10 05:10:45 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「名古屋ビジネスは3タタキですね!」

全国を仕事で渡り歩いてこられた先輩ビジネスマンの方々と有意義なミーティングをさせていただく機会に恵まれました。

その時に「名古屋でビジネスができれば日本全国どこでもできる」という話題に。名古屋のビジネスがいかに厳しいかということで、先輩の口から出たのが冒頭の言葉です。

不勉強にも、その言葉を私は知りませんでした。

「3タタキ」というのは、「3回値段を叩いて値切る」という意味です。まずは契約時に、そして納品時に、最後には代金支払い時に。名古屋では1つの仕事で3回値切るという悪評なのですね。

確かに仕事をしていると、少しでもスキがあるとどんどん値下げ交渉をしてくる土地柄です。仕事に限らず普段の買い物でも顕著で「名古屋人は買い物で包装した後でも小切る」と聞いたことが。ちなみに「小切る」というのは「値切る」の名古屋弁。

ものすごく大雑把な感覚なのですが「東京のビジネスは新しいモノを好む」「大阪のビジネスは安いものを好む」。いずれもある程度分かりやすい部分もあるのですが、名古屋は日和見的で分かりにくいのではないかと。

そんな名古屋で仕事をしていて「乗ってきた」と感じることがあります。名古屋ビジネスというのは一旦ハラに落ちれば、または誰かがしっかりと紹介してくれれば次に繋がりやすいビジネス環境。

ずーっと苦しかった状況がふとした瞬間に好転し、矢継ぎ早に仕事が生まれたりするのですね。これは名古屋特有のいいところかもしれません!もっとも、ネットワークビジネスなども流行りやすいのでしょうがw

さて冒頭のベテランビジネスマンの方々との会議。3タタキの話題が出たところで、もう一人の方が「僕なんか3回じゃきかないよ!1つの仕事でアレコレと6回は叩かれた!!!」と大笑いになりました。

私などまだまだヒヨッコですね。精進いたします☆





岡橋秀樹

第3098回 9/24、マーケティング交流会『みんなのヒントルーム』第10回開催!

パーマリンク 2014/09/09 08:45:49 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

来たる9月24日、私が責任者を務めさせて頂くビジネスマーケティング情報の異業種交流会「みんなのヒントルーム」第10回が開催!

この会は毎月最終水曜日を基本に定例会場(名古屋市中区のレンタルスペース)を確保。各業界の最新情報を交わし合い、新たなビジネスの創出を目指します。


メインスピーカーは某外資系保険会社(ネット上では名前を伏せてくれとのご希望)・営業一筋25年の佐田慎司さん。大手企業の営業マンの隠されたノウハウをばっちり披露してくださるそうです。営業に悩むビジネスマン、必見必聴!!!

参加者全員によるプレゼンタイムではそれぞれのビジネスにおけるここだけの話「自分はこんなに凄い!本当は聞いてほしい自慢話」「ガチで悩んでいます!本当に困っていること」を披露。今回からディスカッションタイムをしっかり取ることになりましたので、困りごとがあればできるだけその場で解決できるような展開にしていものです。これぞヒントルームの本質ではないかと。それでも足りなければ、第2部の懇親会で延長戦ですね。いずれにせよこちらはいつも盛り上がり過ぎますがw

ここからすでに沢山のビジネスが創出され、そしてビジネスプロジェクトが誕生しました。私も十分にその恩恵を受けています。いよいよ意義ある交流会に成長し、責任者としては嬉しい限り。

今回から会場も広くなり、定員も倍に増やしました。このような会に参加したい!(2次会だけでも参加したい)とのご要望がありましたら以下の概要をご理解の上、私までご連絡をよろしくお願いいたします。


◇「ヒントルーム」とは? 
参加者が他のメンバーのためになるビジネスのヒントを提案し合ったり人脈を紹介し合ったりすることで、新たなビジネス、ビジネスプロジェクトを創出していくスタイルの交流会。

◇「ヒントルーム」のスタイルとは? 
毎回メインスピーカーが、参加者に役立つマーケティング情報やビジネス成功事例を30分間でプレゼンテーション。さらに参加者全員が2,3分でビジネスの自慢と悩みを紹介。参加者はそれに応える形で質疑応答やディスカッションしながら色んなアイデアを出していきます。話がまとまらなければ延長戦は第2部や後日に!

◇第10回「みんなのヒントルーム」 
【日時】2014年9月24日(水)17時~19時45分
【場所】名古屋市中区のレンタルスペースCOMINI
【会費】1,000円(メインスピーカーは無料)
【定員】20名(最大30名まで収容可能)

◇今回のプログラム
【第1部】
①メインスピーカーによるビジネスプレゼン(30分)
「営業バカは見た、売れてる人たちの共通点!
~ハゲタカ外資の営業の秘密、こっそり教えちゃいます~」

□メインスピーカー
佐田慎司(さた・しんじ)様

②メンバー全員による自慢&困りごとプレゼン(各2,3分)+ディスカッション
「こんな仕事をしている」という自慢、「仕事のこんなことで困っている」という悩みをプレゼン。そして質疑応答&ディスカッション。延長戦は第2部会で!

【第2部】
懇親会/20時スタート(1部・2部いずれかのみの参加もOK!)
※会場近郊の美味しくてお値打ちな店を検討中


◆今後の予告
「みんなのヒントルーム 第11回」

【日時】2014年10月22日(水)17時スタート 


会専用のFacebookグループページを開設していますが、良い仲間をじっくり増やしたいので非公開。このようなスタイルのビジネス交流会に興味があり、趣旨に賛同できる方は私まで直接ご連絡を。FBよりご招待させて頂きます。会のコンセプトをご理解くださり、露骨な営業・勧誘目的の方やトラブルメーカー以外であれば大歓迎ですので。

一緒にビジネスを創出できる素晴らしい仲間との出会いの場となれば幸いです!





岡橋秀樹

第3097回 ネットでの軽装備な営業にセカンドサイト、サードサイト、目的別サイトを!

パーマリンク 2014/09/08 08:37:24 著者: netbiz メール
カテゴリ: 03 ネットチラシ・簡易HP

「やっと岡橋さんの言っている意味が分かりましたよ!」

自社のメインのホームページはご自身で手掛けられている経営者様から嬉しい電話を頂戴しました。

以前からお会いするたびに「セカンドサイト、サードサイト、もしくは目的別サイトを作りましょう!」とご提案しています。少し前に集客用の専用サイトを制作させていただき、その成果を出すことができまして。

さらにブラッシュアップを望まれる経営者様に私が提案したのは、もっと目的を絞って売り出したくともなかなか動かないような部門を強化することでした。

一つの目的を一緒に達成することができたので少しは信用してくださっていたのですが、その提案はかなりコアな目的に絞り込んだもの。さすがに半信半疑の経営者様でしたが、私は「テストマーケティングだと考えて試してください」などいささか無責任な発言を。とはいえ、価格としてはかなり安く、例えば毎月行う折込チラシを1回休む程度の料金でした。

幸いにもその企画は当たりました。本音を吐露すれば、一番喜んだのは他ならぬ私w と申しますのも、絞り込んだとはいえ、ポピュラーなキーワードが並ぶような内容だったのでSEO対策は結構キビしかったからです。そんな中で成果を出したのは大きな喜びでしたし、また自信にもつながりまして。例えメインのホームページがあったとしても、セカンドサイト、サードサイト、目的別サイトを作ってさらに成果を出すことはできるのです。

メインのホームページは会社案内的にコンテンツを集約し過ぎてしまい、ネットでの営業活動には不向きな点も。無理に建て増しのような作業をするのではなく、軽装備なネット営業ができる工夫をしてみてはいかがでしょうか。ご提案させていただきますよ!

そのような訳で、冒頭の電話を頂戴してから新たなミーティングを行い、現在は同社様でこの企画のスマホサイトを制作中。これもずっと対応が遅れていたのです。最近ではさすがにスマホのシェアが目に見えて伸びたということもありましょうが、これも以前よりしつこく提案させていただいていたので。

これでさらにお客様の売り上げにつながるといいのですが!




岡橋秀樹

第3096回 『恩を売る』のではなく、『困った時はお互い様』という関係を作るべき!

パーマリンク 2014/09/07 08:52:21 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

ありがたいことに沢山の仕事と良い仲間に恵まれて慌ただしく過ごしています。

中には大手企業様や、なかなか関われないような面白い企画も。良縁に恵まれてラッキーです。自分だけの営業活動では到底無理な、また私個人では対応しきれないような仕事も多いですね。周囲の仲間に感謝感謝!!!

しかし、残念ながら中には涙を飲んでお断りしなくてはならない案件もありまして。それは技術的に無理なものではなく、課せられた諸条件がどうしても合わないもの。いくら面白い仕事でも自分ひとりならともかく、一緒に仕事をする方々にまで迷惑を掛ける訳にはいかないので。

特にコスト面でのキビしい条件にありがちなのですが、私が嫌いな口説き文句があります。「次回何とかするから、今回は泣いてくれない?」。ビジネスマンになって約25年、次回に笑って仕事できるケースを体験したことなど一度もないw なのでこの言葉は絶対に信用しません。

そのような訳で、仲間に無理をさせるのはダメ。仲間を切るくらいならお客様を切ります!カッコ付けているのではなく心底の本音です。やはり仲間は末長く付き合いたいですから。

どうしても無理をしてもらわなければいけない時があるのであれば、それを仲間に飲んでもらうだけの信用が必要となりましょう。そのためにも普段から仲間に惜しみなく良い仕事を提供できるようなビジネス環境を整えておかねば。これは「恩を売る」のではなく、「困った時はお互い様」という良好な関係を作るべきだからです!

今後も沢山面白い仕事をしたいので、さらに仲間を大切にしなくてはなりませんね。皆さん、改めてよろしくお願いいたします☆




岡橋秀樹

第3095回 負けを知らない大将に就くな!

パーマリンク 2014/09/06 08:30:58 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「負けを知らない大将に就いてはダメですよ!」

昨日、新たなプロジェクトのミーティングに参加させていただく機会に恵まれました。その時に企画の代表者様が放った名言です。出典は某戦国武将だそうですが。

今回の企画は地域活性化に関わる仕事。代表者様は地元の名士で、ご本人を中心としたグループが企画の根幹を支えてくださいます。私はクリエイターの仲間たちと制作者の立場で参加させていただきました。

先日も書いたことですが、町おこしなどには下手に関わるべきではありません。昨日のミーティングでは地元に根差して長年しっかり活動をされてきた方々とタッグを組んでニュービジネスができるチャンスをいただいたのです。

代表者様もこれまで様々なプロジェクトやビジネスに関わって相当なご苦労をされたらしく、地域活性化の活動にはかなりの見識とポリシーをお持ちです。失敗を繰り返すことで成長できると感じているそうで、冒頭の言葉などその代表格かも。考えてみれば、私が尊敬するビジネスマンの方々もしっかり失敗しながら経験をバネにして成功を掴んできた方ばかり。敗北から学ぶこと、敗者の気持ちを知ることで新しい戦い、仕事への段取りがしっかりできるのでしょう。私も大将ではありませんが、敗戦は多いので共感できますねぇw

また、ビジネスのミーティングも大いに紛糾すべきだとのことで。誰もが納得してスムーズに進む企画ほど詰まらないものはないと。無難なものは発展にも乏しいのです。

今回の仕事はスケジュールなど結構厳しいのですが、それ以上に一社会人、一ビジネスマンとしてそのノウハウを勉強させていただく素晴らしい機会に恵まれたのではないかと。とはいえ、営業面などまだ解決すべき諸問題が大いなる障壁として横たわってはいるのですがw

それでも不安よりも恍惚が勝っているので、とてもワクワクしています!うまく進むといいのですが。




岡橋秀樹

第3094回 無駄な品揃えはECサイトの致命傷。突き詰めたコンサプトで差別化を!

パーマリンク 2014/09/05 08:56:23 著者: netbiz メール
カテゴリ: 04 ホームページ

ネットショップで沢山商品を揃えるのは一見、利便性が高くエンドユーザーのことを考えているように見えるもの。しかし、実際にそれが成功するのは取扱商品が差別化されている場合に限ります。

せっかく沢山揃えた商品も、差別化されていなければ販売には直結しません。多くの商品が1サイトに集まっているという利便性はあるかもしれませんが、他サイトでも同様の商品が購入できる、価格で勝負できないということになるとツライですね。

しかもそれが自社開発の商品ではなく、他社の商品を取り扱っているだけだとすると必然的に利幅も薄くなります。これではなかなか商売が難しいのではないかと。

やはりここは突き詰めたコンサプトによる差別化が必要でしょう。

たとえ商品数が少なくとも、商品背景のストーリーさえしっかりしていればクライアントの分母が少なかろうが、ニーズに直撃するので必然的にコンバージョン率は上がるという訳です。

そういえばこの仕事を始めたばかりの頃、お客様のECサイトを手掛けたときにこのような経験がありまして。張り切って商品分類をものすごく丁寧にやったのですが、主要な商品以外の大半は売れなくて参ったものです。改めて商品をコンセプチュアルにしっかり絞り込んでようやく成果を出すことができました。

実は最近取り掛かっている新企画もECサイトになる可能性が。同じ轍を踏まないよう、そしてしっかり差別化して成功できるよう慎重に取り組んでいきますので。

ご期待ください!




岡橋秀樹

第3093回 ストーリーづくりで企画に差別化を!

パーマリンク 2014/09/04 09:06:44 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「そこまで考えているんですか!」

時間を掛けて進めている新企画のミーティングで、仲間になってもらうべくご参加いただいた経営者様から高い評価をいただくことができました。

とりあえず、始めることはかなりピンポイントのビジネスモデルから。それだけを取り上げれば、そんなに大した企画ではないでしょう。しかし、その背景というかストーリーについてはかなり作り込んだつもりです。

ピンポイントのモデルはあくまでもその一環というか入口にしか過ぎません。全体像をご理解いただくために少し時間を使って説明させていただいただきました。

ちなみに入口となる企画だけを説明したこともあるのですが、周囲のリアクションは「???」という感じで。全体像が見えてこそ、ご理解いただけるようです。だからこそ差別化ができるのではないかと。少し聞いただけで全体が理解できてしまうようでは、企画自体が薄っぺらいものであるということにもなりますので。差別化など到底不可能でしょう。

全体像を考えているだけですから、実現はできないかもしれません。しかし着実な一歩を踏み出すことはできました。ストーリーは変化していくかもしれません。いや、むしろ自由自在にアレンジしていくことが重要ですので。苦労しましたが、作り込んで良かった!

この秋は少し忙しくなりそうです!!!




岡橋秀樹

第3092回 贅沢な人間関係『広く深く』を実現させるのがITビジネスの本質!

パーマリンク 2014/09/03 05:12:08 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「色んな人と出会えていいね!」

ホームページ制作などIT関係の仕事を長年していると様々なタイプのビジネスマンと出会います。

常に多くの業種の仕事を手掛けているので、周囲からは冒頭のように言われることが。

自分でも確かにそう思いますし、それなりの人脈もできているような気もするのですが、その分だけデメリットというか残念なことも感じています。

それは、お付き合いや人間関係がどうしても「広く浅く」なってしまうこと。

結局は「広く浅く」か「狭く深く」かどちらかを選ばなくてはなりません。しかし望みは「広く深く」。無理のある贅沢な悩みだと思います。

が、これを合理的にして実現させるのが私の望みであると同時に周囲から期待されるITビジネスの本質ではないかと。

仕事をすると表面的な知識だけでは済まされないこともあるのに、どうしても希薄になってしまうことも悩みのタネですねぇ。これはもともと私のオツムのデキの悪さもありましょうがw

常にこのような二律背反で煩悶しながらも必死で実現させようとすること。永遠のテーマであり、大切な仕事の一部なのですね!




岡橋秀樹

第3091回 これからはアジアに目を向けるべき?アホか!

パーマリンク 2014/09/02 08:45:00 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「これからはインターネットビジネスもアジアに目を向けるべきです!岡橋さんの仕事でもどうですか?」

アホか!

自称コンサルタントというビジネスマンとミーティングする機会がありました。二言目にはもう日本ではなくアジアでビジネスをすべきだと。

ご自身は何を生業にされているのかと言えば、アジアでビジネスをする方々のサポート企画だそうで。

親切なことに私にも冒頭のようなアドバイスをくださいました。

まず、私のビジネスの本質をまったくご理解されず軽々しくそういうことを言われても困ります。www(ワールドワイドウエブ)的な仕事をしつつも、ビジネスフィールドは案外ドメスティックな国内型もいいところなので。

アジアでのビジネスサポートは大いに結構なのですが、まずはご自身の実績はいかがなのでしょうか。「アジアに目を向ける」だけなら誰でもできますので。そんなことより大事なのはご自身が仕事でコンサルタントと名乗る資格があるくらい成功していることではないかと。

「まずはしっかりビジネス実績を作ってからその方法論をアジアで活かしてはどうですか?」と逆に進言させていただきました。海外では日本のビジネス常識が通用しないと主張・評価する権利があるのは、日本での成功理論をしっかり持っている方に限りますので!国内でも国外でも成功していない方が、なぜ国外でのビジネスをサポートできるのでしょうか?全然説得力がありません。

これ、我々のビジネスでも時々あるパターンに酷似しています。現実に売れないモノをインターネットで何とか売ってしまおうとするケース。まともに考えると一般市場で売れないものがバーチャルで売れる道理がないのですね。同じようなことを言われている気がします。

百歩譲ってアジアビジネスのサポートもネットだけの販売も、ビジネスの方法論としてはアリ!…ですが、それをビジネスマンにプレゼンされても説得力には著しく欠けるというだけの話で。

せっかくコンサルタントとしてご意見くださるなら、もっと泥臭く現実的、実用的なものにしてくれませんか?よろしくお願いいたします☆

最近、心が荒んでいるのかイヤミばかりですねぇwww




岡橋秀樹

第3090回 本気で町おこししたいなら町に住め!お金を落とせ!

パーマリンク 2014/09/01 09:01:02 著者: netbiz メール
カテゴリ: 04 ホームページ

昨日、地域の町おこしに関わる団体様と仕事をさせていただきました。ホームページに使用するプロモーションビデオの撮影です。もっともホームページはまだ原稿も完成していないのですが。

団体の代表者様は東京から奥様の実家のある田舎へ移住し、そこで仕事をしながら子育てをして生きていく決意をされた方。昨日は地域の方々と企画されたイベントです。私も取材を兼ねて立ち会わせていただきました。

イベントとしてはまだ3回目(3年目)。まだ完璧に地元に定着しているとは言い難いのですが、それでもその心意気はビンビン伝わってきました。本気で地元を盛り上げるため、自分が不慣れな地域に全身全霊で飛び込んで町おこしを引っ張って行こうとしているのが、完全に部外者の私にもよく分かるのです。

イベントのコンセプトは素朴ながらも素晴らしいもの。町おこしのお祭りイベントの中で手づくりの結婚式、手作りの演奏会を行い、最後には町の方々と一緒に様々な祈りをこめて灯篭流しを行うというステキな内容でした。回数をこなしていけば、きっと本格的な地域活性化につながる企画に成長するのではないかと。

そんな方とホームページ制作でご一緒できるのはとても光栄です!手作り感満載の活動なので、ホームページのコンテンツ作りにもアレコレとプランが出てきて思いのほか時間が掛かってしまってはいるのですが、基本方針は何らブレていませんので。

時々、外様で町おこしをしたいという方と出会うことがありますが、この代表者様のように地域に永住して仕事をするような気概を持たないと本気で町おこしなどできません。その町の方々と一緒に住んで、一緒の釜の飯を食って、一緒に苦労して、お金を落として、そうして初めて一緒に楽しく過ごすことが出来るのではないかと。

昨日イベントでお世話になった皆様、本当にありがとうございました!ホームページは秋が深まる頃には完成予定ですので、喜んでいただきたいものです。




岡橋秀樹

2014年9月
 << < 現在> >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     blogging soft