« 第3097回 ネットでの軽装備な営業にセカンドサイト、サードサイト、目的別サイトを!第3095回 負けを知らない大将に就くな! »

第3096回 『恩を売る』のではなく、『困った時はお互い様』という関係を作るべき!

第3096回 『恩を売る』のではなく、『困った時はお互い様』という関係を作るべき!

パーマリンク 2014/09/07 08:52:21 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

ありがたいことに沢山の仕事と良い仲間に恵まれて慌ただしく過ごしています。

中には大手企業様や、なかなか関われないような面白い企画も。良縁に恵まれてラッキーです。自分だけの営業活動では到底無理な、また私個人では対応しきれないような仕事も多いですね。周囲の仲間に感謝感謝!!!

しかし、残念ながら中には涙を飲んでお断りしなくてはならない案件もありまして。それは技術的に無理なものではなく、課せられた諸条件がどうしても合わないもの。いくら面白い仕事でも自分ひとりならともかく、一緒に仕事をする方々にまで迷惑を掛ける訳にはいかないので。

特にコスト面でのキビしい条件にありがちなのですが、私が嫌いな口説き文句があります。「次回何とかするから、今回は泣いてくれない?」。ビジネスマンになって約25年、次回に笑って仕事できるケースを体験したことなど一度もないw なのでこの言葉は絶対に信用しません。

そのような訳で、仲間に無理をさせるのはダメ。仲間を切るくらいならお客様を切ります!カッコ付けているのではなく心底の本音です。やはり仲間は末長く付き合いたいですから。

どうしても無理をしてもらわなければいけない時があるのであれば、それを仲間に飲んでもらうだけの信用が必要となりましょう。そのためにも普段から仲間に惜しみなく良い仕事を提供できるようなビジネス環境を整えておかねば。これは「恩を売る」のではなく、「困った時はお互い様」という良好な関係を作るべきだからです!

今後も沢山面白い仕事をしたいので、さらに仲間を大切にしなくてはなりませんね。皆さん、改めてよろしくお願いいたします☆




岡橋秀樹

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2019年8月
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software