« 第3100回 歴史ある放置?第3098回 9/24、マーケティング交流会『みんなのヒントルーム』第10回開催! »

第3099回 名古屋ビジネスは3タタキ?

第3099回 名古屋ビジネスは3タタキ?

パーマリンク 2014/09/10 05:10:45 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「名古屋ビジネスは3タタキですね!」

全国を仕事で渡り歩いてこられた先輩ビジネスマンの方々と有意義なミーティングをさせていただく機会に恵まれました。

その時に「名古屋でビジネスができれば日本全国どこでもできる」という話題に。名古屋のビジネスがいかに厳しいかということで、先輩の口から出たのが冒頭の言葉です。

不勉強にも、その言葉を私は知りませんでした。

「3タタキ」というのは、「3回値段を叩いて値切る」という意味です。まずは契約時に、そして納品時に、最後には代金支払い時に。名古屋では1つの仕事で3回値切るという悪評なのですね。

確かに仕事をしていると、少しでもスキがあるとどんどん値下げ交渉をしてくる土地柄です。仕事に限らず普段の買い物でも顕著で「名古屋人は買い物で包装した後でも小切る」と聞いたことが。ちなみに「小切る」というのは「値切る」の名古屋弁。

ものすごく大雑把な感覚なのですが「東京のビジネスは新しいモノを好む」「大阪のビジネスは安いものを好む」。いずれもある程度分かりやすい部分もあるのですが、名古屋は日和見的で分かりにくいのではないかと。

そんな名古屋で仕事をしていて「乗ってきた」と感じることがあります。名古屋ビジネスというのは一旦ハラに落ちれば、または誰かがしっかりと紹介してくれれば次に繋がりやすいビジネス環境。

ずーっと苦しかった状況がふとした瞬間に好転し、矢継ぎ早に仕事が生まれたりするのですね。これは名古屋特有のいいところかもしれません!もっとも、ネットワークビジネスなども流行りやすいのでしょうがw

さて冒頭のベテランビジネスマンの方々との会議。3タタキの話題が出たところで、もう一人の方が「僕なんか3回じゃきかないよ!1つの仕事でアレコレと6回は叩かれた!!!」と大笑いになりました。

私などまだまだヒヨッコですね。精進いたします☆





岡橋秀樹

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2019年6月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software