« 第3155回 11/26、交流会『第12回みんなのヒントルーム・1周年記念』開催!第3153回 松坂屋『「終活フェア』終了! »

第3154回 『お互い様だでよ!』(名古屋弁でお読みくださいw)

第3154回 『お互い様だでよ!』(名古屋弁でお読みくださいw)

パーマリンク 2014/11/05 05:19:09 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「お互い様だでよ!」

サラリーマン時代、早朝からクライアントにガンガン営業の電話をするのが億劫になっていた私に上司が放った一言です。朝っぱらから電話するのは失礼じゃないかとか、今思えば随分ウブな考え方をしていたもので。

でも、キツい名古屋弁でこれを言われて随分と気が楽になりました。

仕事は仕事だし、それはいずれにせよ失礼なことだと思え。でもビジネスマンである以上はお互い様。自分にだって普通にそういう営業はされるのだから。失礼は承知の上で、でも社会人として配慮すれば全然問題なし!ということでしょう。上司が配慮していたかどうかはちょっと不明ですが…

また、当時「なぜ営業マンが必要なのか?」という哲学的命題を突き付けられたことも。(これも名古屋弁でしたw)

そのココロは「完璧な商品など世の中にはないから」。

だから営業マンは腕の見せ所、ということですね。

商品の優れた点を思い切りアピールして、劣る点をどうフォローするのか。優れた点を必要以上にアピールするギリギリなやり方。何気に優れた点をサラッとPRするやり方。劣る点は徹底的に隠すやり方。敢えて劣る点をチラ見せすることで優れた点をさらに効果的にするやり方。ちなみに私が得意なのは最後の手法です!

今なぜこの二題を持ち出しているかということ、改めて自分の営業手法に疑問を感じているからかな?

「なぜ営業マンが必要なのか?」「お互い様だでよ!」。コレもありかもw

年末も徐々に近づいてますます慌ただしくなってくるのに呑気なものですねぇ。当時の上司に「タワケ!岡橋!タワケ!!!」と叱られそう。強調構文のごとく名古屋弁でタワケを2回使うのがポイント。(ちなみに更に叱られるときには「どタワケ」、最上級は「くそタワケ」と変化しますので)

改めて、気を引き締めます!!!




岡橋秀樹

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2019年9月
 << <   > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software