« 第3199回 事業寿命と商品寿命の短命化時代の闘い。第3197回 第13回みんなのヒントルームはサムライクルーズ大忘年会! »

第3198回 ネットマナーを知らない人をまともに相手にするのは消耗するだけ!

第3198回 ネットマナーを知らない人をまともに相手にするのは消耗するだけ!

パーマリンク 2014/12/19 09:06:04 著者: netbiz メール
カテゴリ: 05 Twitter・Facebook

「本気で許せないので、相手の店に乗り込んでやろうかと思っているんですけど、どう思いますか?」

知り合ったばかりの飲食店のオーナーは激しい剣幕でした。

オープンしたばかりのキレイな店で、立地条件も最高。美味しいメニューがズラリと並んでいて、人気店になるだろうという雰囲気が漂っています。

くわしく話をうかがうと、前日に同業店のスタッフが店に視察に来たとのこと。店側でもそのことに気付いたので、声を掛けたところぜひ厨房を見せてほしいというので、快く案内してあげたそうです。

ところがその夜遅く、スタッフ君のtwitterに「新しくできた〇〇〇に行った。ウチの方が100倍美味い!」などという侮辱的な投稿がされていたようで。

ライバル店のスタッフながら善意で案内してあげたのに、こんな書き込みをするか?とオーナーは怒り心頭で。

お気持ち、重々に理解できます。でも、申し訳ないのですが不覚にも笑ってしまいまして。

と申しますのも、中学生かよ!と突っ込みを入れたくなるほど程度の低い人だな、と呆れた次第です。「ITのお仕事されているのなら、このようなことどうすべきですか?」とたずねられたのですが、さすがにここまでの話は初めてでw

オーナーも怒りを超えて呆れ果てているという感じでした。くだんのスタッフ君は大学生アルバイトとのこと。学生だから、では片付けられない人としてのマナーの問題ではないかと思います。

同行していた別の経営者さんは、「オレなら今から店に乗り込む!」と息巻いていましたが、私は「こんなくだらない相手をまともに対応しても、却って疲れるだけですよ!」と話しました。こんなレベルの投稿、大した影響はないです。それよりもちゃんと美味しくてサービスに徹する店をコツコツやっていけば全然問題ないでしょう。というか、ライバルが気になって仕方がないからこういうくだらないことをして足を引っ張ろうとするだけですから。スルーするのが得策!

この意見に「さすが大人だね!」と言われたのですが、それは表向きの意見。自分に置き換えればおそらくもっと立腹して、裏でそのライバル店のスタッフではなく、経営者に手紙でも書くと思います。以下のような感じで。

「このたびは御社〇〇〇店様のスタッフ〇〇様に、弊社〇〇〇店のご視察にお越しいただきありがとうございました。我々どもの厨房にも入っていただいたのですが、後でtwitterにて『新しくできた〇〇〇に行った。ウチの方が100倍美味い!』と大変厳しいご意見を賜りました。このご意見を参考に、さらに素晴らしい店づくりに励んで参る所存です。」

とか。めちゃめちゃ陰湿ですねぇwww(もちろんジョークですよ)

程度の低い学生をまともに愛艇しても消耗するだけ。コンビニで冷蔵庫に入り込んで投稿したアルバイトのtwitterへの投稿が問題になったことがありましたが、同じような感覚で、無責任で軽いんです。ならばその管理責任者に伝えたほうがまだマシかもしれません。

いずれにせよ、ネットのマナーはまだまだ成熟していないですね。ウチの子供達も不用意にこのようなことしていないかな?まだ中学生ですが、だからこそ一度ちゃんと言って聞かせなくては。





岡橋秀樹

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2018年11月
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software