« 第3234回 ビジネス交流会『第14回みんなのヒントルーム』、来週開催!第3232回 交流会でのメインプレゼンの内容! »

第3233回 彼はプレゼンの前戯に、なぜ小1時間も掛けたのか?

第3233回 彼はプレゼンの前戯に、なぜ小1時間も掛けたのか?

パーマリンク 2015/01/23 08:48:16 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「○%ですね?…了解です!」

驚きました。

最近ビジネスの師匠と新企画の協力業者を交えたミーティングをする機会が多いのですが、そこでの交渉術に感服した次第で。

小売りなどマーケティング系ビジネスの経営者として長年のご経験をお持ちなのですが、そこで学ばれたスキルを間近で勉強するチャンスを頂いています。

今回は手数料の按分に関する交渉だったのですが、ズバリ切り出さずに企画とその周辺ビジネスについて結構長めに話をされるのですね。ただでさえせっかちな私など焦れてしまい、いつ本格的な交渉に入るのだろうかと思っていたのですが…。

結果を先に申し上げると、私が想定していたよりも倍もの良い条件を取り付けることができました。普通に考えると有り得ないような契約です。ご本人は涼しい表情…。

からくりは簡単で、契約に入る前に延々と話していた一見よもやま話風の内容は今回の企画の裏側を匂わせるものだったのです。先方様は「この企画に乗れば、他の仕事にもつながるに違いない」と考えたことでしょう。

ここを延々盛り上げて、最後にビジネスとしての契約条件を持ち出したのです。これを最初に繰り出していたら、とても成立しなかったのではないかと。

このように書くのは簡単ですが、実際にはもの凄く高度なスキルのプレゼンでした。改めて感服すると同時にいささか自己嫌悪にも陥ることに。これ、今の自分にできるのだろうか?新企画は今後さらに発展していくので、さらにタフな交渉が必要とされるでしょう。私が責任を持って対処しなくてはならないことも多々あります。本当に良い勉強になりました!

最近、あちこちでワクワクする展開が一杯です。早く開花させたいものですね。




岡橋秀樹

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2018年1月
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution