« 第3249回 値頃感でライバルに勝てないなら企画で勝負!第3247回 自分は『やってよかった』、お客様には『やってもらってよかった』。そう感じる仕事がしたい。 »

第3248回 営業代行ビジネスが営業には苦労している?説得力がない!

第3248回 営業代行ビジネスが営業には苦労している?説得力がない!

パーマリンク 2015/02/07 08:59:43 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「売ってしまえば後は知らないというか…」

事務所で仕事をしていたら、ホームページを見たという方から営業の電話がありました。営業代行のビジネスを手掛ける会社です。

ホームページを売るお手伝いをできるかもということなので、少し話を聞いてみたのですが呆れ果てました。

我々のスタイルからして営業代行に仕事を任せることはなく、コラボレーションやFC加盟の元で仕事をご一緒できるかもしれません。が、先方はコラボ先やFC先を探す営業代行ならできると。

そこまではまだよかったのですが、その方のビジネスのご経歴をうかがうと、以前はローンやリースなどを主軸としたCMS系ホームページ(自社で開設、更新ができるという触れ込みのもの)や通信系の商品を販売してきたそうです。そして改めてホームページ制作会社の営業サポートをしたいとのことで。

現在のホームページ制作会社を取り巻く譲許うについてはこのブログでも何度か書いている通りで、差別化できない制作会社が淘汰されていく厳しい状況です。制作機能を差別化できない現状では、いわば販売できるものがない、見つけられないので苦戦しているのではないかと。

ですから営業といっても、ただ売るだけではダメ。制作会社のためにもクライアントのためにもその前後の企画について真剣に考えるべきではとお話ししたところ、営業スタイルについて冒頭のような言葉が。

思わず耳を疑いました。

「いくら何でもそれはダメでしょう!」とリアクションすると、「ならばそのスタイルは変えます」と軽~い返事。ダメだ、こりゃ。

これ以上、お話する必要はないと判断して終了させていただきました。

営業代行ビジネスもテレアポしてくるくらいなので、相当に営業には苦労しているようですね。…って説得力がないのではないでしょうか?w




岡橋秀樹

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2019年8月
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software