アーカイブ: 2015年5月

第3252回 キラキラ輝いているビジネスマンたちに元気玉をいただきました!

パーマリンク 2015/05/31 09:19:49 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

昨日、コンサルタント養成講座のセミナーに参加させていただく機会に恵まれました。セミナーでありプレゼンテーション大会であり、そして異業種交流会的要素のある、とても興味深い会です。

普段、いくつかのセミナーや交流会に参加しており、また自分でも主催しているので最近では新しい会に出席するチャンスがなかなかなかったのですが、仲のいいデキるビジネスマン・Kさんがお誘いくださり、本当に良い時間を過ごすことができました。

まずはKさんに感謝!!!ありがとうございました。

ところでKさんとは数年前からの知り合いなのですが、以前に私が主催の交流会にお招きしたときとても卑屈な気持ちになったとか。その理由は、参加しているメンバーがポジティヴに仕事をしてキラキラと輝いているのに、自分はネガティヴに仕事ばかりしていると。

とてもそんな風には見えなかったので、昨日そのことを初めて知って驚きましたね!

ネガティヴに仕事をするというのは、差別化できない商品を取り扱っているのですぐにダンピングに応じるようなスタイルだったということです。しかし、それからKさんは持ち前のバイタリティで様々な交流会や勉強会に参加し、昨日私に紹介してくださったようなコンサルタント講座にも参加し、この数年でガラッと雰囲気が変わりました。

もちろん以前よりとてもさわやかで明るい方だったのですが、仕事に対する姿勢や思想が大きく変化したようで、すごく自信に満ち溢れているのです。商品そのものというよりも、商品をどう取り扱っていけば差別化できるか、周囲の方々の役に立てて幸せを提供できるか。そのようなことを一生懸命に考えておられるのだと思います。

私こそとても卑屈な人間なので滅多に人を褒めないのですが、最近のKさんは本当にとてもキラキラしてカッコいい!これだけ褒めたらご飯くらいおごってくれるでしょう!他にも主催者の先生、周囲の方々も魅力的なキラキラしたキャラばかり。大きな元気玉を頂戴しました!…これってそもそもは攻撃用でしたっけ?w

沢山の良縁、改めて感謝感謝です!!!




岡橋秀樹

第3251回 ビジネスマッチメイカーの役割とは?

パーマリンク 2015/05/30 08:48:36 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

写真は私の名刺の一部です。

「勝つコツは2つ。コツコツ。」というのは座右の銘でもありますが、注目していただきたいのは「人と仕事をつなぐビジネスマッチメーカー」というキャッチコピー。

マッチメーカーというのは一般的にはなじみの薄い言葉かもしれません。実は格闘技マニアなら知っている専門用語で、対戦カードを決定するスタッフのこと。特にプロレスの場合には、試合のシナリオ(ブックと言われる筋書き)を作る役目もあります。私の名刺も最初はビジネスブッカーにしようと思ったのですが、マニアック過ぎてやめましたw

マッチメイカーは試合だけでなく、リング外での抗争(アングルと言われる筋書)も作ります。記者会見での乱闘やお互いの罵倒などなど、試合を盛り上げていくために一生懸命になってお膳立てをするのが仕事。ただしマッチメイカーがブックを誤ると、すべてが台無しになって試合が成立しない、試合にお客さんが呼べないことになるので、裏方ながらとても重要な役割なのですね。

マッチメイクをするためにはまず戦い合う相手を選び、試合のタイミングと会場を探し、お客様を呼ぶための段取りをし、営業活動をし、広報を行わなくてはなりません。

ここまで書けば分かるかと思いますが、つまり試合とはビジネスのこと。戦う相手というと表現が悪いのですが、ここはコラボし合って試合を盛り上げるような感じでお考えを。

私が所属するのは格闘技で言えば弱小団体なので(零細企業ということです)、マッチメイクはおろか営業や広報も自ら手掛けることも。しかし、最近では地道にコツコツと活動してきたことのみが認められたのか、本当に素晴らしいスタッフが関わってくださるようになりました!

今後も面白い試合をマッチメイクしていきますので、どうぞご期待ください!!!





岡橋秀樹

第3250回 どれくらいでできるのか?

パーマリンク 2015/05/29 08:50:39 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「どれくらいでできますか?」

ホームページなどを制作していて、初回の打ち合わせで頻繁に尋ねられる言葉です。

これには2種類の意味がありまして、以下の通り。

①価格はどれくらい掛かるのか?
②時間はどれくらい掛かるのか?

正直に申し上げて、どちらも最初のミーティングでは読めないことが多いですねぇ。困ってしまうこともあるのですが、自分がクライアントの立場であればやはり同じことを尋ねるでしょうし、実際に他の商品やサービスを購入するときには普通に尋ねていますので、これは仕方がないです。

「内容によります!」

としかリアクションのしようがないのですが、それでは不親切過ぎるので、サンプルの作品をお見せして、これなら大体このような時間と金額で出来る旨をお話することになるのですが。

①についてはパッケージ的な商品も一応取り扱っていますので、それをベースに算出することは可能ですが、問題は②。これについては理想を言えば文字原稿と写真原稿など完全に揃っていれば、制作スタッフとスケジュール調整をするだけで答えはほぼ出せるのですが、概ね原稿がなかなか揃いません。

特に文字原稿はコンセプトが決まっていないと何もできません。

「そんなの岡橋さんがサクサク作ってくれればいいじゃないですか!」などと良く言われるのですが、企画の方向性がハッキリしないまま進めると、途中で方針が変わってやり直しをしたりするハメに陥ります。これはできれば避けたいですね。

やはり時間が掛かるのはコンセプトワークでしょう。そして実にやっかいなのは、これを決めるために頭と時間を使っても、なかなか予算計上できないことですw

「企画費って何?」とか後で揉めるのはイヤですので、これは時間が少し掛かっても、お客様同席のもとで一緒に作っていくのがお互いのためにも安心安全ではないかと。

ただ今結構な案件を抱えてしまっているので、ほぼグチのような内容になってしまいましたw ネガティヴな態度はイカン!もう遅いですが。




岡橋秀樹

第3249回 ビジネス交流会『第18回みんなのヒントルーム』、盛況でした!

パーマリンク 2015/05/28 09:25:47 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

昨日、私が責任者を務めさせて頂くビジネス交流会「第18回みんなのヒントルーム」が開催!

これは各業界の最新情報から新たなビジネスの創出を目指す会で、毎月最終水曜日を基本に名古屋市中区のレンタルルームで開催しています。今回も様々な分野のビジネスマンが参加して、新たなビジネスチャンスについて情報交換をしました。
    
毎回のメインプレゼンはメンバーが発信する「ビジネスの種」を本格的にビジネス化するための企画。昨日のテーマは「NAYUTAプロジェクトを考える!」です。丸の内のコワーキングスペースを備えたオフィスビルで7月からセミナー開催やネット番組などの配信、イベントなどをヒントルームがプロデュースするという内容。ビジネスマン向けのセミナー主催(特にひとり親方向け)などから検討に入っています。


その他、これまでヒントルームから発信されたビジネス企画「なわとびプロジェクト」「LGBTプロジェクト」の進捗状況も報告。さらには今後取り組んでいく様々な企画についても予告をし、ヒントルーム中心に様々なビジネスをどんどん生み出していく体制づくりが行われていくことになります。

ヒントルーム発のニュービジネスモデルについて具体的なビジネス化を行うためのプロデューサー集団「ヒントルームLABO」も本格スタート。これは交流会「みんなのヒントルーム」の運営母体でもあります。交流会とは別に月2回ミーティングを行うのですが、そのうちの1回は交流会後に開催。昨日も多くのメンバーが残ってプロデューサーチーム会議に参加してくださいました。まだまだ混沌とはしているものの、徐々に本格化してくるのではないかと。交流会とプロデューサーミーティングの合計3時間はあっという間でしたね!

いよいよ充実してきたヒントルームですが、多くの人が関わる分だけ責任も伴うことに。会やチームの決め事も今後沢山していかねばなりません。私は基本思想ありき、まず動いて走りながら考えてまとめていく方針です。これについては賛否両論ありましょうが、とりあえずはこの路線でどんどん動かしていきますので。

◇ビジネス交流会「みんなのヒントルーム」とは? 
参加者が他のメンバーのためになるビジネスのヒントを提案し合ったり人脈を紹介し合ったりすることで、新たなビジネス、ビジネスプロジェクトを創出していくスタイルの交流会。

◇ビジネス交流会「みんなのヒントルーム」のスタイルとは? 
毎回メインの「ビジネスの種」を40分程度でプレゼンテーション。参加者全員が自分のビジネス紹介も交えつつ、質疑応答やディスカッションを重ねて色んなビジネスヒントを出していく。



【今後のご案内】
「第19回みんなのヒントルーム」
メインプレゼン:店舗&中古マンション・リノベーションプロジェクト(仮)
    パネラー/長岡訓子(アンティークショップオーナー)、市来有希(日本エステティック協会理事) 

【日時】2015年6月24日(水)18時分~20時
【場所】名古屋市中区のレンタルスペースCOMINI
【会費】2,500円
【定員】40名

「第20回みんなのヒントルーム」
メインプレゼン:スポーツイベントプロジェクト(仮)
    パネラー/永田大嗣(日本スノーボード協会理事)

【日時】2015年7月29日(水)18時分~20時
【場所】名古屋市中区のレンタルスペースCOMINI
【会費】2,500円
【定員】40名



交流会を運営する「ヒントルームLABO」のFacebookページはこちら。ご興味があり、趣旨に賛同できる方は私まで直接ご連絡を。会のコンセプトをご理解くださり、露骨な営業・勧誘目的の方やトラブルメーカー以外であれば大歓迎です。







岡橋秀樹

第3248回 見えるモノと見えないモノを使い分ける。

パーマリンク 2015/05/27 05:13:40 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

最近、仕事で大きな2つの課題に取り組んでいます。

①目に見えるホームページや、そこに掲載されている商品・サービスなどでエンドユーザーにアピールすること。

②目に見えない企画や組織化などで、業界筋を巻き込んでビジネスモデルを拡大すること。

①については原稿を書き、ホームページを作り、SEO対策をどんどん進めています。ホームページ制作作業はしておりませんが、Facebookなどで援護射撃はバッチリ。有能な仲間のおかげで、驚くほど早く成果が上がってきました。さらにスピードを上げていきます!

②についても、おかげさまで周囲の皆様から沢山の良縁をいただきまして。従来にはなかったような素晴らしい出会い、連発。さらにはしばらくご縁のなかったかつての仲間の方々が続々と参戦してきました。パワーアップしていますよ!

ビジネス用語で言えば①は戦術、②は戦略。これらをしっかり良いチームで作り上げていくことができれば、自ずとビジネスフィールドは広がっていくもの。最近、実感が伴ってきました。

沢山のプロジェクトが混乱しないよう、見えるモノと見えないモノを使い分けないと。つまり①②を整理して戦っていくのも重要ですね。

焦らず、でも素早く!!!




岡橋秀樹

第3247回 拡大・リニューアル提案へ!

パーマリンク 2015/05/26 08:47:05 著者: netbiz メール
カテゴリ: 04 ホームページ

中島プレス工業様「大物部品・厚板部品の金属プレス加工なら何でもお任せ!」ホームページの拡大・リニューアル提案をさせていただくことになりました!

間もなく3年目となる作品なのですが、同社では事業拡張を実施。これに伴い、現在のホームページの内容を見直すことになりました。

現時点ではテーマを絞り込んでシンプルな内容ですが、事業が多様化してきたことでコンテンツの充実が求められています。スマホ対応なども視野に入れて、大幅なリニューアルになるかもしれません。

また同時に作品が3年前のデザインのままですので、いささかSEO対策も甘くなってきました。担当の私としても改めて力を入れてご提案させていただきます!


【検索キーワードと順位】(Google昨日調査)

「プレス加工 厚物部品 」 3位
「2000トンプレス 厚物部品」 1位
「2000トンプレス 長尺物」 1位
「2000トンプレス 大物部品」 1位
「2000トンプレス 加工」 4位
「2000トンプレス 熱函」 8位




岡橋秀樹

第3246回 雨が降っても風が吹いても、ポストが赤いのもすべては自分の責任。

パーマリンク 2015/05/25 08:05:40 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「自社ではなかなか更新ができないんだよね。でも更新をお願いするとお金が掛かるでしょう?」
「Facebookやブログで自社更新するという手もあります。が、定期更新は結構手間なので、方法としては…」
「それでいこう!社員を誰か担当にさせるから!」
「できるだけ社員さんにご負担のないようにお願いしますね!」

ホームページ完成、数か月後。

「結局、社員がやらないんだよ。全然ホームページが活きてこない!」
「更新で給料をもらえるなら別ですが、本業の合間には大変なときもあります。週1回程度でいいんじゃないですか?」

さらに数か月後、ホームページ放置。

「こんなのならホームページを作るんじゃなかった!」
「…………。」

最初からお断りして、しかも別の手立てを提案しようとしても、結局このようになってしまうことは多々あります。

経営者様には無理をしないようお断りをしても、結局すべては制作側に責任があると感じられてしまったりすることも。ご理解のある経営者様は本当に少数ですね!

どんな理由があろうと自分の手掛けた仕事の結果については、すべては自分の責任だと思うしかないです。

雨が降っても風が吹いても、そしてポストが赤いのもすべては自分の責任。そう思って仕事をすれば、寛容になれますので。

この繰り返しの中でビジネススタイルを学び、現場での対応力を身に付けていくしかありません。私もこの仕事が長くなりましたので、ずいぶん色んな経験をしました。同時に色んなエクスキューズもマスターしております。もちろん真っ当なノウハウもしっかり積み重ねてきましたので、どうぞ何でもお問い合わせください!!!




岡橋秀樹

第3245回 お客様の物語の“語り部”を目指して。

パーマリンク 2015/05/24 10:13:26 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「物語をいくつも作りましょう!」

長年、ホームページの開設をためらっているというお客様をご紹介いただきました。

アパレル系の素材を販売している卸問屋様です。

うかがうとEメールを使うためだけのため、随分前にドメインは確保しておられました。いや、正確には当時にもホームページ開設をする意思はあったようですが、最終決断できなかったとのことで。

経営者様にお会いしたところ、ホームページとしては2つの要素を考えておられます。

①会社案内として
②ネットショップ用として

いずれもそんなに難しくない企画なので、制作自体は特に何の問題もありません。今開設しようが、数年前に開設しようが状況はそう変わらなかったのではないかと思われますが、当時は何故踏み切れなかったのでしょうか?

私は「開設すること」だけを主眼にせず、ビジネスとしてリスクヘッジをしっかり行うために、冒頭の話を切り出しました。

つまりよく言うことなのですが、ネットで売れるものは通常で2種類。ナンバー1もしくはオンリー1でしかあり得ません。同じような商品が世の中には沢山あるので、その中でも一番価格あ安い。もしくはこのショップに来なくては手に入らない商品がある。それ以外は没個性となり、埋没していくだけの可能性が高いです。他に可能性があるとすれば、ものすごい広告費用を掛けて露出をバンバンしていくものですが、およそ現実的ではないでしょう。

今回の企画でも開設だけを考えると簡単ですが、差別化をしてしっかり利益を上げていくようにするためには、それなりのストーリーづくりが重要なのです。

ホームページの内容云々よりも、まず大前提たる企画の部分で時間を頂戴できませんか?と提案。これにはお客様もかなり興味を示してくださいました!

何せ、私もまだお客様の商品のことを全然理解しておりません。一緒に物語を作るには勉強不足ですので。まだ少し時間は必要かもしれませんが、突破口が見えればまずは小さなテーマから成功実例・突破口を作り、そこからどんどん横展開していけばいいでしょう。

このお客様のネットでの“語り部”となって、今後一緒に沢山の物語が紡ぎだせればいいのですが!




岡橋秀樹

第3244回 『家族葬』ホームページ、リニューアル完了!

パーマリンク 2015/05/23 08:54:28 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

ヒューマンライフスタイル「格安葬」ポータルサイト内の「家族葬」ホームページを全面リニューアルいたしました!

家族葬とは、主に家族などの近親者で執り行う安心で静かなお葬式。通夜・告別式をしめやかに、丁寧に対応します。

先日の「直葬」ホームページ「一日葬」ホームページ「墓じまい」ホームページに引き続いて、主力メニューを完全修正しました。反響が大きくなってきていますので、さらに内容をしっかり分かりやすく説明できるのではないかと。

特に家族葬は言葉としてかなりメジャーになってきましたので、ネットからビジネスを仕掛けるにはちょうどいい時期かもしれません。

以下、昨日時点での関連サイトの素晴らしいSEO対策をご覧ください!

【検索キーワードと順位】(Google調査)

「家族葬 安い」7位/349,000件中
「家族葬 格安」4位/348,000
「家族葬 名古屋 安い」2,5位/345,000
「家族葬 名古屋 格安」2,7位/320,000
「家族葬 愛知 安い」9位/345,000
「家族葬 愛知 格安」9位/256,000

さらにページや企画が増加中!併せて全国のお寺や葬儀会社、石材店のようなメモリアルビジネス関連のコラボ先を募集しています!!!





岡橋秀樹

第3243回 昔の仲間が再び集まり始めました!

パーマリンク 2015/05/22 07:58:15 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「これなら企画が分かりやすいので参加してみたいですね!」

昨日、かつての仕事仲間の方々3名と別々にお会いする機会があり、新企画についてお話をさせていただきました。こちらの盛り上がりつつある勢いもあってか一様にポジティヴなリアクションで、色々な形でご一緒できるのではないかと。

最近はITビジネスが複雑化の一途をたどっており、かつて一丸であった仲間もバラバラになりつつありました。それぞれの方向性を見出して活躍中だったのですが、ここにきてシンプルな新企画と骨太な思想に支えられた差別化できるビジネスモデルを構築できたので牽引力が増してきたのではないでしょうか。

連日コラボ希望の方々と打ち合わせたり、昨日のようにかつての仲間たちが再び集まりだしたりと刺激的な体験が続いています。

昨日はさらに10年以上ぶりの仲間から電話が突然あったり、たまたまカフェで昔の仲間とのミーティングしているすぐ後ろの席にこれまた数年ぶりの仲間が居たりと、驚くような偶然が重なりました。極めつけは15年ほど前にお世話になった国立大学の学部長から連絡があって今回の企画に関する団体の顧問に就いていただく話がまとまったりと、嬉しい出来事が頻発。昨日は名古屋の仲間とのミーティングでしたが、関東圏など遠方のかつての仲間からもコラボ希望の連絡がどんどん舞い込んでいます。ここまでくると偶然ではなく必然かもしれません。

これまで積み重ねてきた苦労の集積がポジティヴに作用しているかのようです!こういうときは“攻め”しかない!!!さぁ、面白くなってきました。




岡橋秀樹

第3242回 『一日葬』ホームページ、リニューアル完了!

パーマリンク 2015/05/21 07:55:31 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

ヒューマンライフスタイル「格安葬」ポータルサイト内の「一日葬」ホームページを全面リニューアルいたしました!


一日葬とは、葬儀から初七日、告別式まで1日の間に執り行うお葬式。亡くなられて24時間が経過した後で火葬を執り行います。

先日の「直葬」ホームページ「墓じまい」ホームページに引き続いて、主力メニューを完全修正しました。反響が大きくなってきたので、さらに内容をしっかり分かりやすく説明するのが目的です。

現代的で合理的な葬儀の手法には毀誉褒貶はありますが、確実に時代が求めているニーズといえましょう。今後はさらにご利用が増えてくるのではないかと。

以下、昨日時点での関連サイトの素晴らしいSEO対策をご覧ください!

【検索キーワードと順位】(Google調査)

「一日葬 安い」5,6,7,8位/663,000件中
「一日葬 格安」2,3,4位/477,000
「一日葬 名古屋」4,8位/655,000
「一日葬 名古屋 安い」1,2,3,4位/391,000
「一日葬 名古屋 格安」1,2,3,4位/332,000
「一日葬 愛知」10,18位/644,000
「一日葬 愛知 安い」2,4位/384,000
「一日葬 愛知 格安」2,3位/330,000

さらにページや企画が増加中!併せて全国のお寺や葬儀会社、石材店のようなメモリアルビジネス関連のコラボ先を募集しています!!!





岡橋秀樹

第3241回 『墓じまい』ホームページ、大反響につきリニューアル!

パーマリンク 2015/05/20 05:31:50 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

ヒューマンライフスタイル「格安葬」ポータルサイト内の「墓じまい」ホームページを全面リニューアルいたしました!

無縁墓になる前に「墓じまい」をおすすめします。様々な理由でお墓を守り続けることができなくなることがあります。だからといってお墓を放置してしまうと、やがては無縁墓になりかねません。「墓じまい」という選択を真剣に考える良い機会ではないでしょうか?

価格帯も安心で格安のプランになっています。現在の対応エリアは東海地区(愛知県全県、岐阜県南部、三重県北部)、関西地区(京都府、大阪府、滋賀県、奈良県北部、兵庫県南部)。全国展開も視野に入れて展開中。

3月末に公開したばかりのこのページを早くもリニューアルする理由は何でしょうか?

①SEO対策がイマイチ?
②営業的な反響がない?

①②とも全く問題なしで、SEO対策はかなり万全!そして営業的な反響も上々で続々と問い合わせが増えています。

実際はさらに緻密でユーザーフレンドリーな情報提供ができるようになったので、サービス向上・受注増強・エリア拡大を目指してのリニューアルであるとご理解ください!

できる限り「墓じまい」というビジネスの実態をオープンにして皆様にご利用していただきやすくしただけでなく、葬儀業界でのB to B活用もしていただけるような内容になったと自信を持っています。おかげさまで業界内からのコラボオファーもどんどん舞い込んできました。

今後の反響が楽しみです。以下、昨日時点での関連サイトの素晴らしいSEO対策をご覧ください!

【検索キーワードと順位】(Google調査)

「墓じまい 安い」1,3,4,5位/65,500件中
「墓じまい 格安」1,3,4,5位/13,900
「墓じまい 名古屋」1~8位/29,900
「墓じまい 名古屋 安い」1,10位/19,400
「墓じまい 名古屋 格安」1~7位/5,260
「墓じまい 愛知」8,11位/24,700
「墓じまい 愛知 安い」1~6位/12,000
「墓じまい 愛知 格安」1,2,3,4,5,7位/3,330
「墓じまい 岐阜」9,10位/16,200
「墓じまい 岐阜 安い」1,2,3,4,6位/33,000
「墓じまい 岐阜 格安」1,2,3,4,7,10位/11,000
「墓じまい 三河」1~16位/3,870
「墓じまい 三河 安い」1~25位/2,320
「墓じまい 三河 格安」1~28位/838

さらにページや企画が増えていきますので、ネットで盤石の体制が整ってくるでしょう。ご期待ください!!!





岡橋秀樹

第3240回 地元より遠方の信金がいい?

パーマリンク 2015/05/19 08:12:07 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「毎月来るよりも、半年に1件でいいから地元のお客さんを紹介してよ!」

毎月、取り引きのある信用金庫の若い信金マンが事務所にやって来ます。年に1回ほど担当者がコロコロ変わって、なかなか良い付き合いができません。

いつも給与振込の件や積立などで通帳をチェックしてその場で出力し、紙切れ1枚を渡して5分ほどで帰るパターン。時にはキャンペーンだということでお金の掛からない新期のカード作成をお願いされたり、信金側の抜き打ち検査で自分が不正をしていないことを証明するためにウチの事務所の通帳を持って行ったりします。どれも快く応じてあげているので、我ながら自分はいい客だと思いますよ。大金の取引はしていないけど。

毎度、若い担当者には冒頭のセリフに加えて「もし仕事になったら口座の一つや二つ開設するし、大きな仕事になったら事業資金を借りるよ!」と伝えているのですが、何故か苦笑いを浮かべるばかり。誰が担当になってもほとんど同じです。こんなことが何年も続いており、さすがに正直少しイラッとしますねw …いや、この15年で一度だけこちらのビジネスに興味を持ってオフィスで私のプレゼンを聞きたがった人が居ました。もっとも、その方はITがサッパリでしたが。

ところで最近、地元から結構離れた信用金庫の支配人の方からネットを見てビジネスマッチングのオファーがあったのです。わざわざその地元の企業を紹介して下さり、先方の社長さんも打ち合わせの席に来てくださいました。

残念ながらそのお見合いはうまく行かなかったのですが、わざわざそのセッティングをエラいさんがしてくれたことに感謝です。というか、これで成約でもしていたら、取引先の変更も真剣に検討しますよ!

長い付き合いのある信金は、いくら仕事の取り持ちをお願いをしても若い担当者が苦笑いで応じてくれない。おそらく今の担当者は私の仕事が何であるかもご存じないでしょう。片やネットで私の関わるビジネスを見たという、全然付き合いのない遠方の信金の支配人が興味を持ってお客様との仕事のマッチングを取り持ってくれる。どう思われますか?

確かに若い担当者では、大した権限は持っていないでしょう。一日の多くは外回りで、何件も数をこなさなくてはならない。零細もいいところのウチの事務所で油を売っているヒマなどないのです。でもそういうことではないと思うのですが。…さて、どうしたものか。

と言って、これを読んだ金融関係の方に一杯売り込みに来られても来られても困りますけどw





岡橋秀樹

第3239回 時代が一周回って新たな局面を迎えている?

パーマリンク 2015/05/18 08:34:25 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「留守が6割、インターホン越しにお断りされるのが3割、実際に会ってくださるのは1割がいいところですね」

日中、住宅への飛び込み営業を実践しているビジネスマンとお話する機会がありました。想像はしていましたが、なかなか厳しい数字です。しかも会ってくださるとはいえ、その中から実際に制約まで結び付けるのは至難のワザではないかと。

この方は同じ地域を重点的に何度も回るとのこと。必然的に同じ家を訪問してしまうようなこともあるようですが、それにしても相当なハートがないとなかなかやれないでしょう。果たしてこのやり方が効率的なのかどうかは判断できませんが。

Windows95の出現の頃に端を発してインターネット時代となり約20年。ビジネスシーンに於いて今やなくてはならないものとなりましたが、上記のようなベーシックな営業術の方の話をうかがうと、時代が一周回って新たな局面を迎えている気がしなくもないです。

私の事務所にもときどき同業者がら電話やメールが入るのですが、明らかに事前調査不足。だって同業者に商品を売ろうとするような電話・メールですので。まったく失礼極まるのですが、そうやって闇雲に下手な鉄砲も数を撃てばまだ何とかなる時代なのでしょうか?実際は思うような成果が出ていないのでは?

「やはり実際に会って顔を見せて目を見て話さないと!」

こういう話はよく聞きますし、実際に私もそうだと思います。インターネットは基本的な営業活動を代行するのではなく、効率的にサポートする便利なツールだと思っていますので。

とはいえ一般論としてなかなかそのような認識がメジャーにならないということは、まだまだ決定的な方法論に到っていないということかも。時代と共に技術は変わるので、その都度、少しだけより便利なツールが出現しているのが現状ですし、今後もそれが繰り返されるだけなのかもしれません。

しかし、その中で技術を集積してお客様に見合ったサービスをしっかり選別できるのが、我々に求められるノウハウでしょう。やはりここでもコツコツ、です!!!




岡橋秀樹

第3238回 ITに学ぶ『老いては子に従え』? 

パーマリンク 2015/05/17 09:31:37 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「このアプリで動画を投稿したら、twitterのフォロワーが一気に増えたよ!」

iPhoneを私より使いこなしているであろう高1の息子におすすめアプリを聞いたところ、全然知らなかった新しいものを教えてくれました。

すぐに仕事に結びつけようとするいかがわしい魂胆を持つ大人とは違い、若い世代は本当に生活を楽しむための機能を自分達でしっかり見つけ出してきます。商売で目が曇っており、しかも年齢的にアタマが固くなっている私にはもうついていけないことが沢山あるのではないかと。

息子には時々、学校や仲間内でどんなものが流行しているのかを尋ねるのですが、まだまだ幼さを残しているとはいえ、意表を突いたものが出てくることもあるのでなかなか面白いリサーチですね。

会社内でも若いスタッフの意見というのは表面的であることが多いのでスルーされがちですが、若い世代ならではの情報と情報活用の術を持っていることは多いでしょう。タイトルでは「老いては子に従え」と書きましたが、それ以前にしっかりコミュニケーションを取るタイミングも必要であるということです。

ミーティングなどでも普段はあまり喋らない(喋らせてもらえない?)若手が、いざと意見を求めるとホームランを打つようないい提案をかっ飛ばすことがありますので。

もちろん全てが役立つ訳ではないでしょう。が、コミュニケーションを面白がっているという姿勢が伝われば、相手もそう思ってくれて関係は円滑になりますので。

そもそもこちらが説教しているようなことも、全てが彼らに役立つと思われている訳ではありません。お互い様ですね!





岡橋秀樹

第3237回 簡単な事を難しく、難しいことを簡単に考える人のネガティヴさ。

パーマリンク 2015/05/16 09:05:38 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「なぜ〇〇〇をしっかりしないんですか?」
「まずは△△△を整えてからでないと!」
「□□□をしておかないとビジネスとして信用されないのでは?」

新しい企画を立ち上げようとすると、必ず茶々を入れてくださる方がいます。ってか、モノゴトを難しく考え過ぎ!まずは動かないとダメなことってあるのですが、机上理論だけでは何も始まりませんよー。段取り・順番はそれなりに考えておりますので、マイルールを押し付けられても困りますねー。

中には親切心で有意義な提案を下さる方もいらっしゃいますので感謝感謝なのですが、それまで日和見主義で協力も何もしてくれなかったのが、こちらが必死になって動かし始めた途端、アレが悪いコレがいかんと。これには辟易します。

私は何かを始めるとき、そして行うときには「0」から「1」にすることが何よりパワーを使うと思っています。企画をまっとうなビジネスとしてのアベレージに持っていくには、「1」から「50」とか「75」とかに引き上げていかねばならないのですが、これはさすがに一人ではできないこともありますし、時間が掛かることもありますので。

上手くいきかけるとしゃしゃり出てきて足を引っ張ろうとする方って簡単な事をやたら難しく考えて回りくどくし、本当は難しいことを簡単に考えようとするので、結局は何も動かすことができない傾向にあります。つまりビジネスの本質をしっかり捉えていないので、チグハグになってしまうのではないかと。

一歩踏み出す勇気を持って必死で進めている中では、中途半端な状況での中途半端にネガティヴな意見より、最初から一緒に行動して時に牽引し、そして最後まで付き合ってくれる仲間が何よりもありがたいもの。停滞するようなアドバイス(自称)よりも、前進するパワーを与えてあげてください!

私も今、色んなプロジェクトに関わっているのですが、その気持ちだけは忘れずに仲間と一緒に汗をかいていこうと思っています!!!




岡橋秀樹

第3236回 『格安葬』の直葬HPリニューアル!…でもまだ完成度7%!

パーマリンク 2015/05/15 09:36:03 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

ヒューマンライフスタイル『格安葬』の主力商品「直葬」ホームページをリニューアルしました!

これはGW前を境に問い合わせが増えてきたことから、内容の刷新を決断したものです。葬儀関係ビジネスで様々なご依頼があるのですが、葬儀のご依頼で一番多いのがこの「直葬」なので、より分かりやすくなったのではないかと。

直葬とは、お葬式(通夜・告別式)を行わず火葬場で荼毘に付すもっともシンプルな葬儀。亡くなって24時間が経過した後で火葬を執り行います。「格安葬」ホームページでは地域限定ですが、直葬を89,000円から提供するという安さにニーズが集まっているのでしょう。

かつてはこのようなスタイルを選択するのは生活保護受給者の対象者が大半だったのですが、現在は価値観の多様化やライフスタイルの変化から、一般の方々の選択も増えました。また故人が亡くなる前に直葬を希望するケースもあるとのこと。

今後は引き続き「一日葬」ホームページ(葬儀から初七日、告別式まで1日の間に執り行うお葬式)、「家族葬」ホームページ(主に家族などの近親者で執り行う安心で静かなお葬式)もリニューアルしていく予定です。

問い合わせなどが増えた理由は、全体のホームページ開設から2か月が経過してSEO対策が充実。葬儀に関する様々なキーワードで検索上位に掲載されるようになりました。

現在の総ページ数は1,100ページ!葬儀関係のポータルサイトとしては、かなりのボリュームで他の追随を許さないまでになりつつあります。…しかし、今はまだ地域限定なので今後は全国展開をしっかり構築していかねばなりません。目論んでいる総ページ数は15,000ページなので、実はまだ7%しか完成していないのです!!!

私はプロデュース、営業活動、そして制作にも関わっていますので、ちょっと気が遠くなる数字w とはいえここまで早く実績が出てくると、100%の状態が見たくなりました!

最近ではおかげさまで沢山の素晴らしい仲間が続々参加しているこの企画。さらにビジネスの幅を広げていきたいものですね。



岡橋秀樹

第3235回 プロデューサーチーム『ヒントルームLABO』、盛り上がっています!

パーマリンク 2015/05/14 08:32:02 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

昨日、私が主催するビジネスプロデューサーチーム「ヒントルームLABO」第3回ミーティングが開催されました!


これは同じく私主催のビジネス交流会「みんなのヒントルーム」で生まれたビジネスの種(ビジネスのヒント)を実際にプロジェクトというカタチにして仲間と一緒に仕事をするという企画です。交流会は月1回の開催ですが、こちらのミーティングは月2回。名古屋市内の会議室で開催しています。


交流会に参加してくださるビジネスマンの中からLABOの活動に興味を持ってくださる方々が集まってくださったのですが、予定していた2時間があっと言う間に過ぎました!

と申しますのも、早くもLABOにはいくつかのビジネスプロジェクトが立ち上がって、それらがかなりアツく動いているから。中にはかなり急ぎの案件もあり、慌ただしくなってきています。参加者が増えればプロデューサーも増え、より多くのビジネスを実現させることができるのではないかと。

まだ試行錯誤の部分はありますが、何事もまずは動き出さないと始まりません。私の力ではなく、周囲の皆さんの熱によって突き動かされた感が満載ですねw

参加の皆さんに言えるのは、とにかく仕事に対して積極的、情熱的、そして前向き。人任せで自分ではなかなか動かない方や日和見主義の方、おいしいとこ取りだけをしようとする方は参加しておりません!というか参加できないでしょうが。

新しいビジネスを仲間と創出していくことに興味のある方、ずっと胸に秘めて実現できないけど面白い「ビジネスの種」を持っている方、ぜひご参加くださいね。

まずは5月27日開催のビジネス交流会「第18回みんなのヒントルーム」へどうぞ!!!



岡橋秀樹

第3234回 技術力ではなく、企画力!ストーリーテリングは荒唐無稽に!!!

パーマリンク 2015/05/13 05:24:48 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「それじゃあウチのホームページもお願いできますか?」

最近ではお客様から、このような言葉を頻繁に掛けていただけるようになりました。

ここ数年、かつてのキラーコンテンツがいささかなまくら刀になってしまって差別化が困難になっていたはずなのに。あれぼど営業するのに苦労していたはずだったのに。それが、お客様自らオファーしてくださるようになったのです。一体、何故でしょうか?

先に答えを述べると、これは技術力などではなく企画力です。

もちろん、私の手柄などではありません。この企画を作るのに長い時間心血を注いできたスタッフ全員の努力の賜物でしょう。いつもは謙虚であろうと思うのですが、今回ばかりは頑張ってきた自分も少し褒めてあげたいですねw

付け焼刃的にトレンドの技術力をアレコレ手を変え品を変えていく手法は、バクチのようなもので長期間の安定には不向きではないかと。我々は今後、長期に渡ってしっかりビジネスしていけるモデルをコツコツと構築しているつもりです。

最近の企画づくりには「物語」が必要だと言われるようになりました。物語があってこそ、つかさどる企画が活きてくるのだと。

確かにその通りです。しかし、ハンパでチンケな物語には誰も共感しないでしょう。

どうせ語るなら、壮大で荒唐無稽な物語を紡ぎだせるストーリーテラーとしてのスキルが必要。今、我々は総力を結集してとてつもなく面白い物語を作っているのです。当初は周囲も我々の活動を冷ややかな目で見ていました。しかし、私はこれが凄い物語になるはずだと確信していたのです。そして、今、それが現実へ…。

その手法については、残念ながらとてもここでは語り切れません!ここではあえて「骨太な思想」が基盤になっているとだけ申しておきます。今後、我々の仕事の成果をここでご紹介することで、きっと徐々にその全貌が見えてくることでしょう。

とはいえ、まだまだ越えなくてはならない障壁が沢山あります。物語はそう単純ではないので。しばらくは連続活劇のようにハラハラのし通しではないかと。

「お楽しみはこれからだ」!!!




岡橋秀樹

第3233回 急いてはコトを仕損じる!慎重に、でも大胆に。

パーマリンク 2015/05/12 08:29:35 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

ヒューマンライフスタイル「格安葬」ホームページ、GW中には葬儀や墓じまい、冠婚葬祭互助会の解約金返還手続きなどのお申込みを沢山いただきました。ありがとうございます。

そして企業が動き始めた連休明け、今度は矢継ぎ早に葬儀会社様やお寺様、石材店様、一般企業様からのコラボ依頼がどんどん入り始めました!すごく分かりやすい展開ですね。

コラボについての紹介ページはこちら

中にはかなり大掛かりな話もあり、また当方が勝手にライバル視していた企業からのコラボ申込があり、スタッフ一同驚いています。もっとも先方様は我々をライバル視しているのではなく、さらに業界最大手企業を凌駕するために我々と手を組むことを選択したのではないかと読んでいますが、果たしてどうでしょうか?

今日のミーティングで方針・対応をしっかり決めますが、ますます勢いが付いてきました!

それにしても完全にゼロの状態から関わってきたこの企画が、このわずかな期間にここまで反響を得たことには本当に誇らしく思います。営業的な成果も徐々に伴ってきておりますので、ここを早く何とかしたいw

とはいえ、急いてはコトを仕損じる!慎重に、でも大胆に。何だか二律背反な状況ですが、バランス重視でいきます!!!



岡橋秀樹

第3232回 長年の良縁に感謝!

パーマリンク 2015/05/11 08:29:13 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「それなら一杯紹介できるよ。セッティングしてあげる!」

進行中の新企画について、嬉しい申し出を頂戴しました。

この企画は人脈の構築が大前提。私は営業としてビジネスマッチングを主に手掛けていたのですが、様々な仕事に関わっていると、拡大が徐々に困難になってきます。今件もかなりいいところまで仕事が進み始めたのですが、もうひと押し。そこで行き詰まり感もあったのですが、そういう時は周囲が手を差し伸べてくださるもので。本当に助かります!

今回ご助力を賜ったのは、かつてのお客様。現在は残念ながらお仕事をご一緒させて頂いていません。と申しますのも、経営者様ご本人が仕事をたたみ、別事業を手掛けることになったからです。それでも良い関係は続き、時折ご連絡を頂いたり、私からメールを送ったりしてコミュニケーションを取っていました。先日久々に再会して食事をしながら報交換をしていた時、たまたま新企画の話に。すると現在の仕事での人脈が相当広がっているとのことで「もっと早く言ってくれれば良かったのに!」と。もっと早く相談すればよかったですねぇ。

丁寧にお礼を述べたところ、逆に紹介していただく企業の方々のメリットにもなると踏んでくださったようで、向こうにも顔が立つからとのこと。評価してくださり余計に嬉しいのですが、絶対にメンツを潰す訳にはいかないのでしっかり対応しなくては!

それにしてもやはりご縁は大切。お客様と仕事が切れたからと言って、人間関係までご破算にすることはありません。今回のようにお友達としてビジネスチャンスを紹介していただけることもありますので。もちろん、それだけを理由にお付き合いをしていたということではないのですが。

ミーティングは今日の午後。また楽しみが増えました。感謝感謝です!!!




岡橋秀樹

第3231回 人を呪わば穴二つ。

パーマリンク 2015/05/10 08:45:57 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

まずはタイトルの意味から。

他人を呪って殺そうとすれば、自分もその報いで殺されることになるので、墓穴が二つ必要になるということ。人を陥れようとすれば自分にも悪いことが起こるという例えです。

サラリーマン時代、許せない上司が居ました。仕事ぶり、人間性などで散々イヤな思いをさせられ、自分だけでなく後輩や同僚など周囲の人間ともあまりにもトラブルを起こすのです。職場の仲間と結託して会社に働き掛けて、ついにその上司は左遷されることになりました。

そのときは「本当に良かった!これで仕事に集中できる」と喜んだものです。が、そこへ至るまでに随分長い時間を掛けてエネルギーを注ぎ込んだために、結局はただでさえダメージを受けていた仕事にもっと問題を起こすはめになってしまいました。当時はまだ若かったので自分としては「皆のために、自分のために」という青臭い正義感のつもりでしたし、他の方法論も思い付かなかったのです。

今思えば、何があっても仕事で見返すべきでした。

とても後悔しています。当時の余裕がなかった自分に話すことができるのであれば、そのことを伝えてあげたい。実際そんなことは世の中によくある話なのに、到らなかったですね。自分としては本当に辛かったのでそうするのが最善だと信じていましたが。

なぜこの話を書いたかと言えば、最近、仕事仲間の若い経営者が訴訟を起こしたいと相談してきたからです。くだくだしい内容は省きますが、要は仕事がらみのトラブル。

話をすべて聞いた上で「状況も気持ちは分かるけど、そんなことをしているヒマがあるのか?それよりもやるべきことがあるでしょ?」と本人に問いかけました。そのときに自分の若いころの出来事を想い出してたのです。時間と金を使う余裕があるのなら、その分だけ仕事にエネルギーを注いで見返すべし!

自分にできる最大限の協力をするから!と約束して話を終えました。精一杯サポートするので、いい仕事を一緒にしましょう!!!





岡橋秀樹

第3230回 “商い”は“飽きない”ように!

パーマリンク 2015/05/09 09:02:58 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「従来の商品を圧縮しようとしてもダメですね!」

価格勝負のビジネスに関する企画について、有意義なミーティングに参加することができました。

冒頭の発言は私のビジネスの師匠が発したもの。ご本人はディスカウントビジネスなど小売りで長年の経験を持ち、商品価格戦略のマーケティングについては相当なノウハウを持っています。

これまではライバル不在で自由自在な価格設定をしていた商品。急に商売敵が同様の商品を低価格帯で参入してきたからといって、そのまま価格を引き下げるような圧縮の仕方をしたとしても、所詮は内容(サービスなど)の低下を招くだけなので到底オススメできないとのこと。お客様は厳しいので、すぐに企画の薄っぺらさを見抜き、これまでの実績にも不信を持つのではないかと。低価格で勝負するならば、相応のロジックをしっかり持った企画で構築していかないと、結局は経営の首を絞めることになりかねないのですね。

「“商い”は“飽きない”ようにしないとね!」。単なるおやじギャグのようですが、これって言葉の上では何となく雰囲気が分かっても、実際に商品やサービスを取り扱ってこそ初めて理解できることがあるのでしょうね。

今回、新企画に最初から参加して1年近くになるのですが、この辺りがようやく薄ボンヤリと分かってきたような気がします。これって今後のネットを活用したプロデュース業務にかなり生きてきそう!

まだまだ精進が必要ですね~




岡橋秀樹

第3229回 等身大の経営も継続は努力の集積!

パーマリンク 2015/05/08 08:25:14 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「等身大の経営を続けるのは大変なのですよ!」

昨夜、ある勉強会の後で知り合って6年になる経営者様と飲みに行きました。

経営者仲間と皆でパッと楽しく飲んだり騒いだりすることはあったのですが、ほぼサシでじっくり話したのは初めてです。

いつも元気で明るく、そしてとてもオシャレな方なのですが、これまでの経歴をうかがって実はとても苦労人だということを初めて知りました。務めていた会社が3回も倒産の憂き目に遭いながらも、9年前に会社を興して成功されています。辛い時にも学んだことは沢山あるとのことで。

様々な話をうかがったのですが、結局はシンプルなことをいかに継続するかということに尽きる、でした。コツコツと誠実に仕事を続け、無理に背伸びして調子に乗ると絶対にうまくいかない。無理して仕事を手広くやらず、等身大の経営を心掛ける。これが基本だと。等身大の経営も継続は努力の積み重ねですね。「元気に挨拶をする」「ウソをつかない」「整理整頓をする」。このたった3つのことをしっかり続けるだけで、会社や家庭は楽しく調和が取れるとのこと。私などすでに2つがヤバかったりして。

例えばいくら仕事がうまくいっていても、社員同士がロクに挨拶も交わさないようなギスギスした雰囲気だと長続きはしないと。そういったことを身を持って体験してきたので、今の会社の社員教育については特に気を付けているそうです。仮に仕事がうまくいっていなかったとしても、元気にコミュニケーションし続けることでいい雰囲気になって楽しくなってくる。それが引いては仕事にも繋がってくると。まったくおっしゃる通りだと思います。

この経営者様が、継続の大切さを九州・鹿児島でご健在であるお父様の仕事ぶりから背中で学んだとのこと。職人だったお父様は毎朝6時に起きて、前日にしっかり準備した仕事道具を改めて点検してから仕事に出掛けていたそうです。どんなに深夜まで飲んでいてもこれは毎日しっかり行っていたので「仕事道具を大切にしないビジネスマンは成功しない」ということを学んだとか。ご本人も毎朝自らクツを磨くそうです。実に耳が痛い…。

「あの人には敵わない!」と80歳になるというお父様のことを誇らしげに話されるので、今は悠々自適なのですかと尋ねたところ、「とんでもない!今でもちゃんと働いてるよ!病気ひとつしない。だから勝てないんだって!」と破顔一笑。このエピソードには私も参りました。スゴイ!

素晴らしいホネのある薩摩隼人とそのお父様に乾杯!良縁に感謝です。




岡橋秀樹

第3228回 GWの多忙に感謝!

パーマリンク 2015/05/07 08:34:37 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス
このGW、3月1日に開設したばかりの新会社のヒューマンライフスタイル「格安葬」ホームページへのご注文・問い合わせを本当に沢山いただきました!

当初、葬儀の申し込みに関しては深夜の時間帯の申込はさすがにほとんどないのではと踏んでいたのですが、実際には深夜が結構多いです。

おそらく亡くなられてスマホですぐに対応できる業者・条件を調べるうちにホームページが検索でヒットするケースが多いのではないかと。中にはかなりテンパった状況下でご連絡を下さるケースもあります。実際に電話対応をしてくださっているのは葬儀会社様なのですが、さすが慣れたプロフェッショナルでとても親切丁寧に対応してくださっています。ビジネス内容とシステムの都合上、お客様との会話は録音されているので確認をさせていただくのですが「自分がエンドユーザーの立場であれば助かるだろうな」と感心させられることが多々ありまして。それだけでも十分に勉強させていただいていますね!

また他にも墓じまい、納骨堂、葬儀の諸問題解決へのご依頼はもちろん、ビジネスコラボへの問い合わせもかなり増えました。先日も書きましたが、何より嬉しいのはこれまでの仕事仲間が今回の企画の意図を理解してくださって連絡をくれるようになったこと。北は北海道、南は九州、東京、大阪そして地元名古屋で一緒に仕事をできるビジネスマンが続々と増えています!このGWにも随分対応させていただき、おかげさまで多忙な休暇(?)でした。スタッフ一同感謝!!!

今回の企画、さらに深掘りしてビジネスモデルが拡張していきますので、相当スゴいものになるのではないかと。

このような素晴らしいビジネスモデル、そしてサービスがあることをさらに知っていただけるよう、ホームページでも工夫を重ねて参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。




岡橋秀樹

第3227回 自分を“乗せる”ことでいつも以上の力を発揮!

パーマリンク 2015/05/06 08:20:59 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

このGW中、自分なりに仕事を色々整理しています。

昨日はビジネスの師匠と長時間話をし、沢山のアドバイスをいただきました。同時に自分の仕事観・仕事感の甘さを再認識することにもなったのですが。

今、ご一緒させていただいているニュービジネスの先の先のさらにその先の構想についても共有。自分が大きなビジネスチャンスのはざまに立っていることに改めてワクワクすると同時に、協力してくださる周囲のビジネスマンの方々に対して期待に応えなくてはならないという責任感もヒシヒシと痛感して次第です。

それでも不安より恍惚の方が大きいところが楽天的な私の真骨頂だったりして。愚の骨頂かも?より良い方向へポジティブにモノゴトを考えるというより、自分の都合の良い方向にだけモノゴトを考えるという能天気さならば東海三県でベスト5くらいには入れるのではないかと。もはや全国レベルですね。一層の事、世界大会を目指しますかw

冗談はさておき、つまりいささか楽天的にもなれるほど、今関わっているビジネスモデルはスケールの大きなもの。とはいえ、そのスケールをしっかりと受け止めて周囲にリリースできる形にするのは、まさに私が責任を負うべき今後のメインの仕事でもあるのです。

スポーツジムでトレーニングしているとき、いつも「オレ、やってる!」感を持って自分をできるだけ“乗せる”ようにしています。これ、意外にポテンシャルを引き出す効果が。普段ならできないようなことでも、自分を敢えて巧みに乗せることによっていつも以上の力を発揮させる。これはビジネスの方法論にも有効であるはず。

思い切り自分を乗せて、そしてその乗っている自分を精一杯周囲にアピールして盛り上げていかなくては!…こんなところでそれを書いてしまっては身も蓋もないような気がしなくはないですが、少なくともニュービジネスの内容には自信を持っていますので。

GW最終日ですが、今日も気持ちよく外でミーティングです!




岡橋秀樹

第3226回 “出オチ”のみの企画は無責任!

パーマリンク 2015/05/05 10:07:13 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「先にモノありきの企画はどうも面白くないし違和感があるんですよ」

長年、大手広告代理店で活躍されてきた先輩ビジネスマンと打ち合わせをさせていただきました。

こちらが用意している商品やサービスがあるのでお客様を探す。これは当たり前といえば当たり前。しかし、内容的な差別化がしっかりされないと制作活動と営業活動は完全に時間のムダです。まずはガッシリと骨太な思想がありき。そうでないとビジネスで差別化はできない!

ITビジネスの台頭で、従来なかったユニークなハードが続々と登場しました。しかし“出オチ”とでも申しましょうか、ファーストインパクトのみなのです。これって無責任ですよね。

一見、凄く面白く思えるものでも、表面的な技術が新しいだけで、実際には使い勝手がとても悪かったり、中身が凡庸であることは多いのではないかと。最初にインパクトがあればあるほど、お客様の失望は大きくなります。ことIT系ビジネスはハッタリを効かせやすいので、後々の信頼失墜は大きいですから。

期待されていることが分かるのはビジネスマンとして嬉しいもの。しかし、その分だけ大きな責任が伴ってくるということを常に息しして仕事していきます!



岡橋秀樹

第3225回 トレンドビジネスを支えるには骨太な思想による企画が必要!

パーマリンク 2015/05/04 08:58:47 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

GWなのに…。いやGWだからこそ、でしょうか?

ヒューマンライフスタイルの葬儀ポータルサイト『格安葬』への注文・問合せ・コラボ依頼が急増しています!!!

ホームページを開設してこれで丸2か月。関係者一同、しっかりしたビジネスを創出するためには最低でも半年以上は掛かるだろうと予想しつつも、正直申し上げれば制作しながらそれなりの焦燥感もありました。何せやってもやっても全然終わらない!ゴールの見えないレースに取り組んでいるような状況だからです。それは今もまだ継続しているのですが…。

が、予想を覆す反響の速さ!これには驚いています。中には業界筋の方であれば驚くような強力な大手からのコラボ依頼もいくつかありまして。「これだけやっているんだから当然でしょう!」という気持ち、そして「なぜ我々に?」という気持ちが半々です。

おかげさまで葬儀関連の様々なキーワードによる検索対策は相当強くなっています。そして当然ですが、ページを構成するコンテンツにも相当注力しているので、仕事の実績はまだ伴わなくてもやがては相当なビジネスモデルになると値踏みして下さったのかもしれませんね。

いずれにせよ、これは嬉しい悲鳴です。何せ、まだインフラが全然完成していないのでw

そういえば従来の仕事仲間からもコラボ依頼がかなり増えてきました。発案当初は「ホームページ制作を手掛けるビジネスマンが、なぜそんなことをするの?」的に冷ややかな反応でしたが、ようやく周囲から仕事の本質への理解が高まってきたのは嬉しいことです。ネットから得れる仕組み作りを発信し、しっかりした成果を上げることが目的なのです。これを達成することで今後の営業展開とお客様へのプレゼンの説得力、そしてビジネスマンとしての自信は全然違うものになってくるので!

目の前のトレンドなビジネスを追いかけることも大事ですが、それを支えるには骨太な思想による企画が確立されていないとビジネスモデルは長続きしませんし、周囲の協力者も絶対についてきません。特にIT系ビジネスはこれが全然ないので長続きしないのでしょう。

GW半ばですが、打ち合わせと制作準備に追われています。ある意味、他の制作の仕事は動かないので準備期間には最適かも。充実してきました!




岡橋秀樹

第3224回 努力は必ず報われる?

パーマリンク 2015/05/03 08:47:28 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない」

世界のホームラン王・王貞治の名言です。

これを聞いた時には参りました。かの偉大な名選手にこういうことを言われてしまうとなかなか反論のしようもありません。何せ私も子供の頃は憧れていましたので。

とはいえ、何かを成し遂げるにはそもそも用意されて恵まれた環境なども大きく影響するのではないかと思います。おそらく王貞治の名言は、それをも踏まえた上での発言だったのではないかと。最高の環境を用意されたプロ野球選手は沢山いるのに、何故その恵まれた状況で最高の努力をしないのかと。このように考えると分かりやすいですね。

私も今、周囲の仲間のおかげでビジネスを発展させるのには最高の良い環境下にあると思います。ここからの努力は自分次第。改めて身の引き締まる思いで一杯。何よりも自分のための努力ですが、それを貫いて開花させることこそ周囲の方々への恩返しになるでしょう。

ですので、敢えて名言をアレンジするなら以下のようになります。

「努力しても報われないことはある。しかし、報われた者は必ず努力をしている。だから努力するのは当然!」

楽して達成できることなどありませんので!





岡橋秀樹

第3223回 『永代納骨』ホームページ完成!

パーマリンク 2015/05/02 09:12:59 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

ヒューマンライフスタイル『格安葬』の新企画「安心で格安の永代納骨(合祀)」ホームページが完成しました!

葬儀への価値観の多様化や様々な都合で永代納骨を選択する人が急増中。墓を維持するにも新たに建立するにもお金が掛かり、親族の負担は増すばかりです。

そこで永代納骨にすれば、その後の墓のお守りも経済的な負担は軽減叶。中でも低価格な合祀(合祀墓・永代納骨合祀)での供養が選択肢のひとつになってきました。

ヒューマンライフスタイルでは手元供養の遺骨を全国からの郵送で受け付けるなど、様々なサービスを行っています。ご興味のある方はお問い合わせを!



岡橋秀樹

第3222回 新企画:確実な離陸で軟着陸を目指す!

パーマリンク 2015/05/01 08:50:32 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「まずは動き出しましょう!」

新しいプロジェクトが立ち上がりました。

昨日はそのためのミーティングを行っていたのですが、様々なアイディアが溢れ出しています。一見、私のビジネスには何の関わり・縁もないようなものなのですが、しっかりIT活用ができるような企画。今はそのための大きな物語をまずは作っている状態ですね。

まずは沢山のアイディアの中から精査したものを取り出し、できるだけ軽装備に。情報をしっかり整理してスタートします。その中でビジネスの方法論をマスターして、今後展開すべき企画に活かしていくのが効率的ではないかと。

しかし、急がねばなりません。

何故かと言えば、まだ誰も着手していないニッチ市場だからです。今のうちに我々がしっかりインフラを作っていくことで先駆者となれるはず。

またしてもワクワクできそうな企画で、やりたいことは沢山あるのですが、まずは確実に離陸させて、しっかりと軟着陸(ソフトランディング)を。強引に離陸すれば硬着陸(ハードランディング)するはめになり、機体がバラバラになりますので。

それにしても今回の企画は良い仲間に恵まれました。長いお付き合いができそうです!



岡橋秀樹

2015年5月
 << < 現在> >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     blog tool