« 第3308回 それぞれの人・状況に応じたプレゼンを!第3306回 ホームページの放置プレイ。 »

第3307回 自社ホームページでは不可能な差別化なネット企画へ!

第3307回 自社ホームページでは不可能な差別化なネット企画へ!

パーマリンク 2015/07/26 10:33:27 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「ネットショップでモノを売りたいのであれば、普通に店を作るくらい掛かりますよ!」

時々ホームページから物販をしたいとの依頼を受けて打ち合わせにお邪魔するのですが、多くの場合は上のようにお応えしています。先週も某企業の経営者様にこの話をしてドン引きされました。

ここでは頻繁に書いていることなのですが、ネットショップで売れるものは基本的に2つしかありません。それは「ナンバーワン」か「オンリーワン」。他にも色んなネットショップで売っている商品だけど、ここが一番安い。もしくは他のネットショップには売っていない商品で、ここでしか手に入らない。

しかし大抵の商品は差別化が出来ていないのが実情。最近では成功実例も増えましたが、それでも増えた分だけ世の中のネットショップの99.99%は失敗していると言えましょう。成功しているショップなどほんの氷山の一角で、他の失敗例は冷たい水の中に沈んでしまっているのが現実。

「社長、ネットだったら普段売れていないものでも何とかなると思っていませんでしたか?しかも安いお金で!」。冒頭の経営者様にこのように尋ねると思わず苦笑い。多くの中小企業の場合、価格的にも大体の傾向があるものなので、具体的な予算を想像してお話ししたところ、ほぼ図星だったようです。価格はあえて書きませんが。申し訳ないのですが、さすがにそれはムシが良すぎる話なので手法を再検討すべきではないかと。

「楽天やAmazonなど大手や、TVで話題になった奇跡的なヒット商品を参考にしていませんか?」
「いやー、知り合いの知り合いの会社でネットで成功しているって聞いたからさぁ」

どのようなものかは存じませんが、ネットショップで差別化できない商品で成功している場合は他のネット広告やSNS活用など、様々な努力をしていることがほとんどでしょう。

「いやー、特に何もしていないって聞いたんだけど…」

社長、テストの時に「全然勉強していないんだよねー」といいつつ成績のいい子がいたでしょう?!

そのような訳で、今回の企画は自社ホームページではまず不可能な差別化なネット企画をご提案させていただきました。最近ではこの手法をよく使って喜んでいただいています。経営者様の目もキラキラしていましたので、イケるといいのですが!






岡橋秀樹

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2018年11月
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software