« 第3310回 平成巌窟王?第3308回 それぞれの人・状況に応じたプレゼンを! »

第3309回 ミスディレクションに学ぶ条件交渉の手法。

第3309回 ミスディレクションに学ぶ条件交渉の手法。

パーマリンク 2015/07/28 08:48:36 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「もう一度、お付き合いを検討してもらえる余地はありますか?」

先日の打ち合わせで、残念ながら交渉が不調に終わった企業のナンバー2の方からご連絡をいただきました。

ご縁あって、まずナンバー2の方とミーティングをさせていただいたのですが、その時は万事順調で、マリアージュはうまくいったかに思えたのですが…。

改めて社長様とお会いしたところ、こちらの出した条件面(金額・対応エリア)に露骨に難色を示されまして。ナンバー2の方との交渉時には「インターネットで広告していただけると考えれば安いものだし、地域対応もどこでもできますよ!」となっていたはずが、社長様はガンとしてOKして下さらないのです。

これでは仕方がありません。交渉を途中で断念して帰ってきました。要するに、最初のプレゼンでの話し合いの内容が社長様には届いていなかったようです。これも結局は私のプレゼンのスキル不足でしょう!

残念ですが、仕切り直しで新たなコラボ先を探す準備をしていたところ、昨日になってナンバー2の方が慌てた様子で電話をして来て下さったのです。それが冒頭の会話でした。曰く、ナンバー2の方は社長様と私のミーティングのことをご存じなかったようで。

実は最初に設定された社長様との打ち合わせはナンバー2の方も同席予定だったのですが、社長様の都合が急に悪くなり、ご本人よりリスケ要請が。問題なく受諾して、後日私が直接社長様に電話してアポイントを取らせていただきました。つまり、この予定をナンバー2の方はご存知でなかったのです。

ご本人の計画では、社長様同席のもとで改めて私にプレゼンを聞き、その場で企画の面白さに同意して盛り上げた上で、諸条件を社長様に飲んでもらおうというハラづもりだったとのこと。それが予想外に個別で打ち合わせが進んでしまって参加できなかったと。そこまでは気が回りませんでした!打ち合わせ当日、ナンバー2の方が居ないのは少し気になったのですが、最終交渉だから社長のみなのかとばかり。アポ決定後にきっちり根回ししておくべきでしたね。

そんな訳で状況はやや面倒な感じになってしまったのですが、それでもナンバー2の方は私が持ち込んだ企画の可能性に、かなり賭けてくれているようです。改めて社長様も口説くので、と再度の交渉を持ちかけてくださいました。

これはとても嬉しく光栄です!社長様との直接交渉は危険だということはしっかり学ばせていただきましたので、次回以降は相応の対応で臨まなくてはwww



岡橋秀樹

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2017年12月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software