カテゴリ: 01 ITビジネス

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 110 >>

第3301回 デジタル媒体が発展するにはもっとプロの存在が必要。

パーマリンク 2015/07/20 09:23:13 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

昨日、デジタル・デトックスについて書いたところ、昔はテレビばかり観ていたけどネットの出現で全然観なくなったとの意見を頂きました。で、ネットもデジタルも時間の問題ではないかということです。そうすると次は何なのでしょうか、と。

私もまだ見えぬ次のメディアが気になったものの、よく考えてみれば肝心な段階が抜けていることに気付きました。

それはデジタルメディアの世界にはまだまだプロフェッショナルが不在であるということです。

ホームページやSNSなどそもそもデジタルありきで出現した媒体ならともかく、テレビなどの動画配信、ラジオなどの音声配信のネットバージョンは一部を除いて全然成熟していないですねぇ。

もっともそれがネットの良さであり、素人でも参入できることで成立するメディアであるとも言えます。こういうことを積み重ねて徐々に成熟していくのですから。が、それがゆえにネットメディアが敬遠される理由の一つにもなっているのではないかと。素人臭が強過ぎて、とてもまともに見れないし関われない。おまけに内容も信用できないということです。それを言い出せば従来の紙媒体やTV媒体も同じかもしれませんが、少なくとも積み重ねてきた歴史はありますので。

プロと素人の双方による両極端なアプローチで、妥協点というか落としどころを見出せるタイミングがきっと訪れると思います。そのポイントでさらに様々な可能性やビジネスが見えてくるのでしょうが、残念ながらその局面にはまだ到達していないようですね。

デジタル媒体が発展するには、もっと様々な分野におけるプロフェッショナルの存在が必要でしょう。次の媒体へ移行する間に、ネット業界ではまだすべきことが沢山あるはず。とはいえ紙媒体やTV媒体などより情報の流れは急流といっていいくらい早いですから。常にアンテナを立てて一緒に走り、対応していかねばなりませんね。そんな訳で次のメディアの前にはまだまだ慌ただしい展開が続きそうです。




岡橋秀樹

第3300回 IT系ビジネスマンの語るデジタル・デトックス。

パーマリンク 2015/07/19 09:25:08 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

最近「デジタル・デトックス」という言葉を目にすることが増えてきました。

これはIT依存症を防ぐため、デジタル機器から一定期間離れる取り組み。日本人は平均して一日7時間ネットを使っているそうです。起きている間の大半じゃないですか。5人に1人が「ネットがなかったら3時間以内に禁断症状を覚える」と回答しておりITへの過度の依存が問題となっているそうで。

その対策の一つに、スマートフォンやパソコン、ゲームなどのデジタル機器にまったく触れない時間を作ることが挙げられます。現実のコミュニケーションを増やして依存度を低くしてデジタル世界をデトックス(解毒)しようということですね。

「こんな症状が合ったらデジタル中毒の可能性が高い!」とのデータを見付けたので転載。

① 食事中にスマホ(ネット)をみていることが多い
② 電波が届かない(届きにくい)ところには行きたくない
③ 家族や目の前の人と会話せず、スマホのチェックに没頭する
④ 着信していないのにも関わらず、着信音が聞こえたような気がする
⑤ Facebook等に書き込むネタを作る為に行動することがある
⑥ もしSNSがなかったら人間関係がなくなると感じることがある
⑦ 会議や宴会中もFacebookやTwitterが気になり、スマホをチェックしてしまう
⑧ 時間の浪費になるのでやめようと思うが、やめられない

私、当てはまるとしたら⑤でしょうか?⑦も若干疑いがありますが、これは会議がどうしようもなく詰まらないときに限るかもしれませんねぇw

昨日は一日パソコンを立ち上げずに過ごしたのですが、デトックスという意味ではなく単に疲れており休みたかったから。今日もこの投稿をしたら、多分夜まで立ち上げないと思います。いずれにせよ昨日もスマホはあるのでメールチェックなどはできましたし、FBにも普通に投稿。ブログの投稿もスマホからでした。

こういう概念が話題になるのを見ると、私も同じですが皆さん疲れているんだなぁと思いますね。私はそもそも仕事がIT関係なのですが、あくまでもビジネス上での様々なコミュニケーションを円滑にするためにデジタル活用をするのがメイン。本質である目的が手段に乗っ取られてすり替わってしまい、コントロールが効かなくなっている人が多いのでは?

というか、そもそもデジタル・デトックスという表記を見るのはネットに他なりませんし、それをどうすればいいのだろうと調べるのもネットだったりするのですが。

ちょうど夏休みで、カミさんが子供達に「TVは何時間までにしろ」とか「ゲームやネットは何時間にしろ」とか言っています。要はこれと同じで、自分でコントロールできないだけ。デジタル・デトックスという言葉こそ最先端用語のようですが、要するに生活やスケジュールを自己管理できない方に必要な概念なのではないかと。果たしてネットだけのせいでしょうか?

IT系ビジネスマンの語るデジタル・デトックス。まずは画用紙を購入して、夏休みのスケジュールをきっちり作ることをオススメします!子供じゃないので実現可能なものを♫



岡橋秀樹

第3299回 業界のプロ+異業種のプロが参加し始めた新企画!

パーマリンク 2015/07/18 09:16:03 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

今関わっている新企画に、同業界の既存のプロフェッショナルの方々が続々と参加し始めました。それだけではなく、異業種の方々も集まっています。企画の発足から関わってきた私としてはとても光栄で嬉しいですね!

これまで様々な新企画に関わってきたのですが、これまでの大半は従来のプロが「面白いですね」などと評価してくれながらも結局は日和見するような傾向にありました。これは批判ではなく、当然のリアクションではないかと。誰でもいきなり訳の分からない新企画に参加するのはリスクを考えるものですし、特にその道のプロであるならば慎重になるのは仕方がないでしょう。

それが今回はまだまともにスタートしていない企画段階で沢山の方々が参加し始めまして。こんなことは初めてですね!正直に申し上げて、すごく驚いています。

今回の企画は異業種の方々もある種のプロが集結。業界の常識をぶち壊すには、常識にとらわれない異業種の参入は欠かせません。そういう意味ではそもそも我々も異業種参入型なのですが。

助走期間は随分ありましたが、ここにきて急転直下、仕事が続々と受注に繋がり仲間も増えています。こういう順調なときには想定外のトラブルに巻き込まれることも多々あるので十分に注意しなくては。これまでも散々な目に遭っておりますので、リスクヘッジでは私もある意味でプロだったりしてw

第3298回 スウィングしなきゃ意味がない。

パーマリンク 2015/07/17 07:41:03 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

久しぶりにいいものを見せてもらいました。

タイトルから音楽を想像される方もあるかとは思いますが、ビジネスでの話です。

あるビジネスのコラボをセッティングさせていただいたのですが、これが思った以上にスウィングしまして。スウィングするというのは「リズムが合う」というか、「噛み合う」というか。…音楽用語というか、プロレス用語のスウィングに近いかもw いずれにせよ、ビジネスマッチメーカーを勝手に自称している私としては面目躍如たる恍惚の時でした。

これは私もからむ新企画での話なのですが、昨日はプロがプロとガチンコで対峙して新しいものが生まれていく瞬間を見ることができたのです。ビジネスマッチングなどと都合のいいことを書きましたが、私など傍観しているだけかも。ある意味、一番美味しく贅沢な立場です。役得!

何せまずはビジネスの勉強になります。普段は勉強も努力もキライな私には実にありがたい。「門前の小僧、経を読む」といった趣きで、いつの間にかエラソーに少しは理論武装できるようになりますので。これも役得!!!

新企画はネットからの情報発信を軸にどんどん新たなビジネスが創出され、新たな人間関係&ビジネス関係が構築されています。これまでの準備はなかなか大変でしたが、徐々に報われていますね。

丁度台風が来ていますし梅雨はまだ明けませんが、私の心は実に晴れやかです。




岡橋秀樹

第3297回 ネットでの仕掛け、『停滞は後退』!

パーマリンク 2015/07/16 09:00:23 著者: netbiz メール
カテゴリ: 01 ITビジネス

「ウチのはイイものだから高いんですよ!」

よくあるパターンなのですが、開発に力を入れ過ぎて価格設定などマーケティングが完全に疎かになってしまっているケースは多々見受けられます。すごく良い商品を苦労して作ったので、価格が高いのは当然だと。

通常ではこのようなものはなかなか売れません。特に紙媒体のみの時代ではそれが顕著でした。が、ネットの出現でターゲットを絞ったマーケティング、ピンポイントでのダイレクトセールスが可能な時代に。…ただし、本当にそれを求めているユーザーのニーズとズバッと当てはまればの話ですが。

ネットもPCサイトだけでなく、スマホサイトやタブレットサイト、ブログやSNS、そしてネット広告などの活用によってよりポイントを絞り込んでターゲティングできるようになってきました。その精度は日々高まってきています。

とはいえ、そこまで様々な手段を使うのは手間暇やコストが掛かることもあり、それが企業には一つのネックではないかと。そこで我々の出番となります。ご相談いただければご予算に応じた提案をしっかりさせていただきますので!先日は初対面の経営者様に「予算はないのでとにかくアイデアだけくれ」と無茶なことを言われたので、出していただいたお茶の分程度のネタ提供だけをさせていただきました。こういうのは困りますねぇw

ある程度までテストマーケティングを実施しても反響がなければ路線やテーマの基本方針、果ては商品そのものを見直すことも視野に入ってきましょう。とにかく今の時代、“待ち”だけではどうしようもありません。ことネットでの仕掛けについては「停滞は後退」が顕著だとお考えくださいね!

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 110 >>

2017年12月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software