カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 80 >>

第3317回 経営者インタビュー:ベテラン記者直伝の必殺技とは?

パーマリンク 2015/08/05 05:37:03 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

仕事で久々に経営者様へのインタビューをオファーされました。

サラリーマン時代、経済記者をしていたのでインタビューやテープ起こしなどは慣れたもの。今のIT系ビジネスを始めた頃も地域の名士へのインタビューをホームページで手掛けていました。いささかサビついているような気がしなくはないですが、まぁ大丈夫でしょう。

今回は相手様が東北の経営者様なので、遠方につき電話インタビューが基本だったのですが、お盆明けに我々との仕事の関係で名古屋に来られるということで、そのときに正式に行うことになりました。

少し間が開いてしまうので、先日あらかじめ用意しておいた質問事項をメールで送らせていただいています。ちょうど10個のご質問を用意したので、これらを考えてきてくださるとのこと。こうすれば無駄な時間を省けるでしょう。

仮に質問事項にあまりにもサクサク簡単に返事されるなど、大幅に時間が余った場合は、かつてよく使っていたベテラン記者さん直伝の必殺技を使います。

その質問とは「ご両親はどのような方々でしたか?」。経営者たるもの、さすがにこの手の質問にはしっかり答えていただけることが多かったので、困ったときにはこの質問を重宝していたのです。

この質問の良い点は、それまでビジネストーク一辺倒だった方が愛想を崩して人間性をしっかり見せてくれたりもすることで。意外な人柄に触れることで、ビジネス話が余計に面白くなったりしたものです。

今回は久しぶりなので、時間に余裕を作って聞いてみようかと。




岡橋秀樹

第3315回 『貧乏暇なし』より『貧乏かつ暇』がクリエイティヴ!

パーマリンク 2015/08/03 07:59:43 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「コップに入る水の量は決まっているよ!」

この1年、慌ただしくばたばたと仕事をする私に、ある経営者様がこのようなことを言ってくださいました。シンプルな言葉ですが、まったくその通りだと思います。

実は内心、水を入れながらコップも成長させて大きくしてしまうことができないかと画策していたのですが、それはただの思い上がりでしたw 分相応というものがあるのではないかと。

いつもお腹いっぱいでは胃にもたれてしまいます。腹八分目ぐらいがちょうどいい。いや、さらに余裕を持って腹六分目くらいでしょうか?

今の状態はまさに「貧乏暇なし」。これはやはりイカンです。「貧乏かつ暇」くらいのほうがハングリーになれる。今後のビジネス展開のクリエイティブな感覚をより磨くには、ある程度の余裕そして追い込みが必要ででしょう。

そのような訳で、今週より少し前から意識していたビジネス断捨離をより本格的に進めます。しばらくは慣れるまで苦労するかもしれませんが、今の自分に必要なことは自分自身で十分に分かっていますので。

先週はパソコンも再インストールして大掃除し、机周辺もついでに片付け完了!次はいよいよ本質的な部分で整理整頓ですね。





岡橋秀樹

第3313回 生暖かい目で見守ってください。

パーマリンク 2015/08/01 08:46:11 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

時々まとまった時間を取って、誰かに「自分が今関わっているビジネスや企画について」をひと通り聞いてもらうようにしています。それも何人かに。

これは①たくさん仕事を抱えて整理しきれなくなった時②方向性を見失いつつあるのではないかという時③仕事が上向きになってイケイケ状態だけど何か見落としがあるのではないかという時、ですね。今は①③かな?

人に色々話すことによって、自分でも整理が付かなくなっていたことが徐々に明白になってきます。できるだけ理路整然と話すように心掛けるので、自ずと取捨選択されて編集されるのでしょう。また様々なタイプのビジネスマンに話すことによって、その人に応じて話の内容も変えていくようにします。これってつまり、プレゼンテーションの鍛錬にもなっているということ。

今週も何人かに仕事の話を聞いてもらいました。そして多分、今夜も。私の整理されていない長話につき合わされた皆さん、試験台にして申し訳ない!1か月後くらいには自信満々でいい感じに仕上がっているはずですので。

あともう一つ皆さんにお願いがあります。最近トシのせいか、ボケて同じ話を何度でもする私。「またか!」と呆れたとしてもできるだけ表情と態度には出さず、生暖かい目で見守ってくだされば幸いですw




岡橋秀樹

第3310回 平成巌窟王?

パーマリンク 2015/07/29 05:35:03 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「岡橋君、バイトに来てくれないか?というか、来てくれないと困るんだよね。仕事を覚えてもらいたいから」

入社した会社には配属希望していた部署がありませんでした。というか、就職活動中にはあったのですが、入社直前にその部署がなくなったのです。

今から思えば随分ヒドい話なのですが、それで急きょ新設されたばかりの部署への配属が決まりまして。希望していた部署の業務内容とは似ているのですが本質的には異なるもので、そのために入社前から早く仕事を覚える必要があると判断されたようです。で、入社一か月前からバイトに来るよう要請されたのではないかと。

全然考えてもいなかった仕事を覚えなくてはならなくなり、必死で頭を切り替えました。比較的仕事が近かったのでまぁいいか(勉強になるか)という気持ちがありましたし、こんな切羽詰まった時期から再就職活動も現実的ではなかったので。

やがて四月になり、一か月遅れて入社してきた同期の連中には「お前だけ抜け駆けしやがって」など散々な言われようだったのですが、冗談じゃない!という気持ちでした。こちらは必死だったので。

しかし実際に入社して仕事が始まってみると、やはり現実と理想には相当なギャップそして不満があり、それは約5年後に退社するまで抜けることはありませんでした。ちなみに配属された部署の隣の席の先輩社員が今のカミさんではありますが。

なぜこのことを書いたかと言えば、今まさに当初やりたかったことをやっているということに最近気づいたから。それが何かというと、シンプルに表現すれば販促企画です。でも何故か、回りまわってここに来るまでに25年も掛かってしまいました。まるで巌窟王ですねw そんな訳でまだまだこれから!初心に戻ったつもりで頑張ります☆



岡橋秀樹

第3302回 世界が見えた!『器の小さい男選手権』!

パーマリンク 2015/07/21 09:03:42 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「そんなことできる訳がない!」

どうも私はビジネスマンとして意気地なしのようです。

新企画で様々なミーティングを繰り返しているのですが、次々と飛び出す斬新なアイディアについて素直に面白がることができず、否定的な考えが先に来てしまう傾向にあるようで。昨日も休日会議だったのですが同様のことがあり、自己嫌悪に陥りました。

常々、普段に関わる様々なビジネスプロジェクトに於いて「『そんなことできる訳がない』とネガティヴになるよりも、『どうやったら実現できるのか』をポジティヴに考えよう!」と周囲に進言し続けているにも関わらずこのザマです。情けない!

これがあからさまにポンコツなアイディアであれば一刀両断すべき。しかし自分に理解できないから、自分の理かいの範ちゅうを超えているからといって否定的になる理由はまったくないのです。ビジネスマンとしてキャパが小さいだけ。ビジネスを大きく発展させるために、仲間を増やしてコミュニティを拡大していくために何をすべきか。何よりも自分がポジティヴな存在でなくてはなりません。

そもそも私は「器の小さい男選手権」なるものがあれば東海大会など余裕でベスト3に食い込む自信があります。全国大会はおろか、世界すら視野に入ってこようかというレベルなので、寛容になれるよう矯正するのはなかなか骨が折れますね!

自分とビジネスを大きくしていくためのチャンスをいただいているのに、これでは勿体ない!後は自分次第ですから。

私の周囲の方にお願いです。相変わらず私がセコい、器の小さい発言をしていたらどうぞ遠慮なくご指摘もしくは罵倒の程、よろしくお願いいたします。…ただしセコい割には小心者ですので、優しくこっそり耳打ちしてくださいねw




岡橋秀樹

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 80 >>

2017年4月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software