カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 80 >>

第3284回 ポジティヴもネガティヴも連鎖する!

パーマリンク 2015/07/03 08:49:15 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「できないという言い訳を考えるより、工夫してできるように考えてみませんか?」

最近は良い仲間と仕事ができているので、自ずとこのように考えることが習慣となりました。

新しいことをしたいからと意気込んでいたものの、そこには様々なリスクがあります。途中で気付いて腰が引け、急にアレコレと言い訳をして逃げてしまう。でも、これって普通かもしれませんね。最初は気分がハイになっていたので出来なかった損得勘定。気分がやや冷めたときには引き算の方が勝ってしまうことって否定できませんので。

誰もが色々とリスクを抱えながら仕事をしています。が、そもそもリスクのないビジネスってあるのでしょうか?当然ですが、従来と同じことをしている中では新しいことなど実現できません。楽をして得をしようというムシのいい考え方ではダメではないかと。

私もちょうど新しい会社や組織の立ち上げに、まさに関わっている真っ最中。何も考えず興味だけでやってきて美味しいところだけ享受しようとしても、結局それが無理と分かって踵を返していく人は結構居ますねぇ。最初から薄々予想はしているのですが、あまりにも露骨だと失笑ものですが疲れますねw その反面でしっかり最初からリスクも配慮しつつ、それでも面白いからやってみたいと良い仲間になってくれる人が予想以上に多いのは本当に心強く嬉しいものです。

今はポジティヴな正の思想が連鎖して良い雰囲気なのですが、ネガティヴな思想はときにアッというまに負の連鎖を引き起こすので注意が必要!というか、常にポジティヴな思想であり続けることができるよう努力するのが今後の私のビジネスの在り方にも繋がってくるのですが。

支えてくれる仲間の皆さんに改めて感謝!です。




岡橋秀樹

第3280回 自分の中で何かが始まろうとしている。

パーマリンク 2015/06/29 07:55:12 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

最近、気持ちの在り方がかつてと似てきています。

かつての時とは1995年に転職したときと、2002年にサラリーマンを辞めて独立した時。あの時の心情と近い、何だか浮わついて落ち着かない感じとでも言いましょうか。今度は13年ぶりですか。

今はフリーなので独立もへったくれもありませんね。では今の仕事を辞めるのかと言われれば、それもまた違います。

自分でも説明が付かないので、それを他の方に伝えようとするのはそもそも無理があるのですが、いささか大げさですが「大きな決断をしようとしている」もしくは「自分の中で何かが始まろうとしている」というのが適切かも。

浮わついて落ち着かないのは決断しかねているのです。何を決断しかねているのかと言えば、断捨離をするそのタイミングについて。

心の中では決めているので思い立ったら吉日、即決断すべき。とはいえ最近はさすがにオトナになってきましたので。色々と段取り、調整そしてタイミングが需要なのですね。そのタイミングが未調整なので浮わついているということでしょう。ここで書くからには方向についてはもう決意済みですが。

今年の初めに、激動の一年になりそうだと予想。半年目にしてやはりそうなりました。あとはスケジュールを調整してバリバリ進めていくしかありません。今週も重要なミーティングが山積です。

さて、ますます面白くなってきました!




岡橋秀樹

第3279回 人生に無駄な経験など何一つない。

パーマリンク 2015/06/28 10:14:58 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

昨日、最初の会社の仲間と久しぶりに会いました。

若くて経験にも乏しかったので苦労の連続。その時はかなり参るようなこともあったのですが、今思えば素晴らしい経験のできた良い期間だったなと。つまり人生に無駄な経験など何一つないと断言できます。

どう考えても成功体験より失敗体験の方が圧倒的に多いのですが、それは誰でも同じようなものでしょう。失敗したことは繰り返したくない無駄な時間ではあったと思えるのですが、その経験があったからこそ初めて次のステップへ進むことが出来る訳ですから。だからその時間は自分にとって決して無駄にはなっていないのです。二度と戻りたくないとは思うけど、それくらいの時間を掛けないと学べない自分が居たということを認識できるということですね。

そう言いながらも様々な出来事に対してなかなか寛容になれない自分自身に嫌気が刺すことも。もういい歳なのだから、せめて穏やかに対峙できないかと考えるのですが、想定外というか非常識・非日常的なところから攻撃はガンガンくるもので。これってつまり、自分がカッと怒ったりうろたえたりしないような修行ではないかと。

今は「無駄な時間だった」と思ってしまったことが、やがて冒頭の過去と同じように素晴らしい時間だったと思えるよう、さらに修練を重ねていかなくてはダメですね。




岡橋秀樹

第3278回 もうダメ!から本当のトレーニングが始まる。

パーマリンク 2015/06/27 08:55:13 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「もうダメ!というところから本当のトレーニングが始まるのですよ」

先日、いつも通っているジムでバーベルセットを使った筋トレをしていたら、トレーナー氏がこのように教えてくれました。彼は筋トレの専門家。ジムではもっともマッチョなトレーナーです。多分、私のちんたらしたトレーニングぶりにガマンできなくなったのでしょうw

かなりキツ目に本格的な筋トレの方法を指導してくれたのですが、かなり追い込まれました。でも、その「追い込む」ことが必要だそうです。というのも、最初はキツかったトレーニングも普通にできるようになってサクサクとこなすことが出来るようになったのであれば、それはトレーニングでも何でもなく、ただの日常の動きのようなものだから。

そのような訳でトレーナー氏に補助してもらいながら「もうダメだ!」というところからも結構しっかり頑張ったのですが、さすがにヘロヘロになりました。でも、これをやらないと本当の意味で筋肉は鍛えられないそうです。確かにちんたらしていてもトレーニングにはならないですし、鍛えられるはずもないですよね。私の場合、日常的に運動を習慣化すればシェイプできるという思いだったのですが、トレーナー氏曰く、それではもったいない!とのこと。うーむ確かに。

ということは、どんどん厳しいトレーニングをして自分を追い込んでいかねばならないということか…。私がそのような表情をしていたのを見て取ったのでしょうか。「岡橋さん、いつも結構がっつりやっているじゃないですか!大丈夫ですよ!」。しっかり見られていました…。

でも、これってビジネスでもまったく同じようなものかもしれません。

最初は難しいと思っていたことでも、当たり前に出来るようになってしまったらちんたらになってしまうので、どうしても手抜きになってしまいます。ここで自分を追い込んでより厳しい課題を自分に課せば、自ずと成長することが出来るのですね。もうダメ!から本当のビジネスが始まる、ということか。

言葉では分かっても、私にはまだ補助が必要ですね!ビジネスでもジムでもw

さて、今日も午前中に追い込んできます。燃え尽きるかもしれませんが。




岡橋秀樹

第3274回 情報収集能力+編集能力で!

パーマリンク 2015/06/23 08:28:21 著者: netbiz メール
カテゴリ: 09 ビジネスよもやま話

「岡橋くんの文章は回りくどい!」

25年前、社会人になったばかりの頃に広告の原稿を書いていたところ、先輩社員からこのような評価を受けました。それが現在のカミさんであることはさておき、当時の私には情報収集能力があっても編集能力というものが備わっていなかったようです。確かに分量ばかり多くてダラダラしていたのではないかとと。

情報を沢山集めてくる術こそあれ、それらを紡いで形にするにはやはり訓練が必要でしょう。訓練とは簡単に言えば、日々、まったく知らない他人の目に触れる文章を書いて鍛えるということです。

その後、職場が変わって経済記者になったので自然とその訓練ができるようになりました。一般の方にはあまり知られていないのですが、プロのライター向けに「記者ハンドブック」という便利な本があります。それは表現のマニュアルで、例えばこの文章で『かたい』と書きたいとき、『固い』『堅い』『硬い』のどれを使うのが適切なのか?などという疑問を解決してくれるとか、『逼迫』という表現は一般的に読みにくいので『ひっ迫』とするべきとか、とにかく読み手に取って読みやすい文章を書くにはどうすればいいのか、などというノウハウが満載。新聞の文章はまずこのマニュアルに基づいていますね。

ちなみに近年は記者ハンドブックのソフトも発売中。入力した登録商標の言い換えなども変換可能なので、便利そうです。私はまだインストールしていないのですが。

ライターと言われる方の文章を見れば、マニュアルによって習慣が付いていますので「記者ハンドブック」を使っている方かどうかというのは大体分かります。逆に、その週刊のない方は同じ文章の中でも「頂く」が時には「いただく」となっていたりとか、統一性に欠けていたりしますので。紙媒体の時代には校閲があって制作時にはチェックされていたりしたものですが、ネット時代はそのままの文章が掲載されてしまうので。文章に慣れていない方というのはモロに分かってしまいます。

私も当時からの習性で、多くの人に分かり切ったような文章を改めて丹念に説明し直したりしてしまうことが。というか、説明不足で内輪受け気味の文章などはとても気になってしまうので、ここは気を付けるよう心掛けています。まぁこれは文章表現以前の問題かもしれません。

「岡橋さんの文章は回りくどい!」

しかし、丁寧に説明をしていたら先日も若い方からこのように言われてしまいましたw 25年を経ても修行の足りない私です。トホホ。



岡橋秀樹

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 80 >>

2017年12月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software