カテゴリ: 10 その他

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 13 >>

第3181回 今年の風邪予防法は大便を食べないように注意すること!?

パーマリンク 2014/12/02 08:37:37 著者: netbiz メール
カテゴリ: 10 その他

名古屋は今日から本格的な冬。今後はかなり冷え込むようです。実際、周囲に風邪を引く方々が増えてきました。

私も何だかんだと毎年のように風邪を引いてしまうのですが、今年は珍しく仕事もばたばたと忙しい師走ですので充分に気を付けたいもの。息子も受験ですし。

先日TVで放映していて初めて知ったのですが、朝起きたばかりのときに歯磨きやうがいをすると、風邪やインフルエンザの予防になるとのこと。

そのココロは、眠っている間に口の中には相当な雑菌が発生するからだそうで。朝起きた時、口の中に居る雑菌の分量は大便10gに相当するとか(!)。つまりそのまま水をゴクンと飲んだり、いきなり食事を始めてしまうのは大便10gを食べてしまうのと同じ。ヒドい例えですが、これは分かりやすい。だからまずは雑菌を失くすことが病気の予防になるのですね。

この件、子供達に露骨な表現で教えたところ大ウケでした。子供にも分かりやすいのは結構なことではないかと。

最近ではこの朝イチのうがい、歯磨きと帰宅時の手洗い、うがいを欠かさないようにしています。去年まではインフルエンザの予防接種もしていたのですが、この注射をすると2日間くらい体調不良を起こすので全然意味がなくて。断じて注射が怖いからではありませんw

そうは言っても風邪をもらうときはいつも突然。これだけ予防していれば、「仕方がないか!」と後悔せずに済むことでしょう。

お互い寒い冬を健康に乗り切りたいものですね。ジョギングもちゃんとしなくては。

他に効果的な予防法をご存じならばぜひ教えてください。できれば「鼻からのうがい」以外でお願いします♫




岡橋秀樹 

第3172回 BABY IN CAR の意味が分かりません。

パーマリンク 2014/11/23 10:06:44 著者: netbiz メール
カテゴリ: 10 その他

「赤ちゃんが乗っています」「BABY IN CAR」

以前から車にこのステッカーが貼ってあるのが意味不明、というか不愉快でした。

「赤ちゃんが乗っている車なんだから」…だから何?って感じで。

「こちらは赤ちゃんが乗っている車なんだから、お前らは気を付けて運転しろよ!道を譲れ!」と命令されているような気がするのですが。ってか、気を付けて道を譲るのるのは子供を守るべきそちらだろ!と妙に好戦的になったりして。そういう車が安全運転かというと、別に普通ですからねぇ。赤ちゃんが乗っていようが不仲の妻が乗っていようが犬が乗っていようが、常に安全運転であるべきではないかと。

自分が新車を購入したとき、ウチに小さな子供が居るよ知ったディーラーの営業マンに勧められたのですが断りました。「意味が分からないから要らない」と言ったらヘンな顔をされた覚えがあります。そんなにヘンですか?

ところで最近になってネットで新説が出回っています。

「このステッカーは事故を起こした時、レスキューの人が赤ちゃんを優先的に助けてもらうため。アメリカで実際に事故があったときに広まった。…という話を聞いた」

「最近では教習所でも教えている。…らしい」

…具体的にいつ何時にどこで発生した話なのか具体的に教えてほしいものです。

だってそんな小さな子供なら、まずどう考えてもチャイルドシートが必要でしょう?それを見落としますか?そもそも、そんな大きな事故ならば小さなステッカーなど吹っ飛んでしまって役に立たないのでは?

もう少し論理的で知的な説はないものでしょうか。

「我が家には赤ちゃんが生まれたんです!この喜びを皆さんに知ってほしい!!!」…こう書いてあれば素直なので許しますw

ステッカーのメーカーの戦略以外に、何か説を知っていらっしゃる方がいれば、最近スピード違反で捕まって狭量になっている器の小さい私に教えてくださいwww





岡橋秀樹

第3168回 46歳の死生観。

パーマリンク 2014/11/19 05:22:47 著者: netbiz メール
カテゴリ: 10 その他

最近、相続・葬儀関連の企画に数多く関わっていることもあってか自分の死生観をときどき考えます。これは私が現在46歳と年齢的なものもあるでしょうね。

これまで親族が亡くなることもあまりなかったので、どちらかといえばそのような感覚は希薄だったのですが(今後は増えるかも!)、仕事上のお付き合いを通じて考えさせられることになりました。

きっかけは今は亡き、ある経営者様との出会いです。

前職でお世話になった方なのですが、13年前に独立したばかりで何もない私にアレコレと目を掛けてくださり、仕事のみならず私生活でも大いに助けていただきました。今の仕事が順調に拡張するきっかけを作ってくださったと言っていいかもしれません。

いつも元気いっぱい、大声で押しの強い方でした。半ば強引にバリバリと新たな道を切り拓いていくような営業スタイルは、私には持ち合わせていないものでしたので、いつも呆れるやら感心するやら。いつの間にか周囲と仲良くなって和気あいあいと仕事をする方で、尊敬していました。

数年後、周囲からご本人の体調がかなり思わしくない。入院もしたと聞いたので心配して慌てて連絡して会いたい旨を告げたところ電話の向こうで破顔一笑、いつも以上にデカい声で「全然大丈夫だよ!忙しいから岡橋さんに会ってるヒマなんかないって!!!」とのこと。

何だよ、人が心配しているのに。クソオヤジめ!心配して損した!とアタマにきたものです。

しかし、それから程なくして亡くなったという知らせが。しかも既に身内で葬儀を済ませたとのこと。あの時ほど自分のバカさを呪ったことはありません。

本当は体調が悪かったのに、私に心配を掛けまいと無理して元気なふりをしていたのです。こんなことなら、無理やりにでも会いに行けば良かった…。しかし、ご本人はおそらく重病で痩せさらばえた姿を私に見せたくなかったのでしょう。気骨ある昭和なニオイ満載の粋な経営者様でした。

以来、自分ももしものことがあるならば彼のように潔くありたいと思っています。まだ当分は先であると信じて、今しばらくは現生で見苦しくジタバタさせてもらいますがw





岡橋秀樹

第3164回 パフォーマー自由参加型イベント・オープンマイクの魅力!

パーマリンク 2014/11/15 10:14:57 著者: netbiz メール
カテゴリ: 10 その他

昨日、仲間たちが主催・出演するイベント「OPEN MIC(s) @レアレアハレイ」に参加してきました。


オープンマイクとは何でもアリの“飛び入り”大歓迎ショー。楽器やパフォーマンスを用意して、会場へ行けば誰でもライブをすることができます。欧米ではかなりポピュラーなイベントですが、日本ではまだ馴染みがないようです。パフォーマーが無料で参加できるのが特徴ではないかと。

通常、アマチュアの芸人やミュージシャンなどがライブを開催すると会場費などはパフォーマーが負担。観客を呼べなければ持ち出しです。ほとんどの場合は赤字が多く、これが日本で良いパフォーマーの育たない一因にもなっているようです。

今回のイベントをプロデュースされたSUN'S SONSの野田さんは、長年業界に関わってきたビジネスマンとしてCDやライブのチケットが売れない現状を憂い、この企画から業界を変えたいというアツい気持ちで企画されたのではないかと思います。…野田さん、間違ってたらゴメンw

お笑い芸人、弾き語り、モノマネショーなどバラエティに富んだ内容でたっぷり3時間。ハワイアンレストランのホールで開催され、料金は3,500円。カレー食べ放題と投票用のコインが付いてきます。観客は終演後の退場時に気に入ったパフォーマーにコインで投票、最も支持を集めたタレントが次回の出演権を獲得するというもの。

正式には第1回目なのでこなれていない部分こそありましたが、大成功だったのではないでしょうか。


パフォーマーは若手の方が多く、申し訳ないのですが最初のお笑い芸人さんなど相当なスベり方で観ているこちらがハラハラするほどでした。とはいえ観客も割と身内が多く、暖かいリアクションで。その後は長渕剛のモノマネ芸人(芸人というか、本人が憑依したようなめちゃくちゃアツいステージ)、漫才、地下アイドル(プラモデルアイドルだそうで、歌う前に制作したガンプラを紹介)、ヒーリング系シンガーなどなど、様々なジャンルのショーが。

観客側も演奏の協力やペンライトでの応援など、ステージと一体化。私としては生でアイドルおっかけの方々のヲタ芸を初めて観れたのが面白かったですねぇ。ラストはパフォーマー全員がステージに集合してジャムセッション。観客も一緒に歌い踊るなど、かなりの盛り上がりでした。

これも一種の異業種交流的コラボですね!パフォーマーの方々は正直に申し上げればまだまだこれからの方々だったのですが、小さな力でも皆が力を合わせて、それを上手にプロデュースすることで魅力が何倍にも膨れ上がる。今後も磨けばキラキラと光を増していく楽しいイベントになること間違いなしですね。また参加したくなる、そんなほっこりするイベントでした。出演者の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様!

楽しかったです!!!





岡橋秀樹

第3161回 2時間の悪夢。~今どきの子供達の打ち上げ事情~

パーマリンク 2014/11/12 05:21:04 著者: netbiz メール
カテゴリ: 10 その他

先週末、中3の息子を晩ご飯に誘おうと思ったら、「友達と食べに行く」とのこと。

聞けば、クラスのほぼ全員の30名強で焼肉屋でイベントの打ち上げ会を開催するようで。

「先生も来るの?」と尋ねたところ、完全に子供達の主催で予約の幹事もネットやクーポンを活用して自分たちで行ったそうです。予算は2,500円とか。何となまいきな!今どきの中学生、カラオケじゃなくて焼肉パーティなんですねぇ。


でも考えてみたら、私も約30年前の中3の時に受験の打ち上げでクラスの仲間大勢とボウリング、食事に行ったことを思い出しました。当時の額で予算2,000円位でしたか。

彼らは夜の食事会とはいえ、夕方5時からの2時間。「すごく楽しかったし、一杯食えた!」と大満足で帰ってきた息子に聞くと、止める大人が居ないので皆で大騒ぎして大量に食べてきたそうです。

本人いわく「店の人も困ってたよ」とのこと。散々食べ散らかして机も床もめちゃくちゃ汚した上、フリードリンクであらゆるジュースをアレコレ混ぜて罰ゲームみたいに飲ませてその場で吐いたりしていたようです。さぞ店側も迷惑だったことでしょう…。

「でも、俺たちが帰る時が一番困ってた」と言うので、お金が足りなかったのかと思ったら総額7万円以上をキッチリ支払ったと。

店が一番困った理由。彼らの会がようやく終わった7時からは、息子と同じ中学校の3年で違うクラスが打ち上げを予約していたからだそうです!!!2時間の悪夢アゲイン。店の人の引きつった顔が思い浮かびますねwww





岡橋秀樹

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 13 >>

2018年6月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software