カテゴリ: 07 営業活動

ページ: << 1 ... 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125

020 宝の持ち腐れになっていませんか?

パーマリンク 2007/02/13 07:12:18 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

昨日、キャリアコンサルトの方と打ち合わせました。
現在、一六社が船井総研様を始め、様々なコンサルタントと企画を進めていることに関心を示されたようです。

まずは「ネットチラシ」「ブログ一六社」の活用をおすすめしたのですが、「自分の情報やノウハウをブログで小出しにすることによって、ビジネスチャンスが失われるのでは?」との懸念があるよう。書いて発表してしまったら、それで終わりではないのかというわけですね。

これ、実はまったく逆。何よりも必要なのは「情報を無料にして共有化させることでビジネスに結びつける」作戦なのです。 まずはインターネット世界との取っ掛かりを作るべきでしょう。

いずれにせよ、何もせずに手をこまねいているだけでは、ビジネスもあり得ません。小出しでも構わないので、情報やノウハウはできる限り開示し、そこから広がる新たなネットワークを利用してニュービジネスを構築する必要がありそうです。

それを可能にするのが、まずはブログ。ここからどのようにマーケティングに結び付けていくか? …いろいろな企画ができそうです。このキャリアコンサルタントの方のお仲間とも企画が進行中です。ここでもやがて、徐々にご紹介できるかと思います。

皆さんも「宝の持ち腐れ」になっていませんか? 営業マンとしての立場で見れば、実にうらやましい、もったいない話です!
(岡橋秀樹)

◆一六社が提案するWeb2.0マーケティング

016 家具店様の実例

パーマリンク 2007/02/09 07:16:41 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

昨日、老舗家具店の専務様と打ち合わせました。
ホームページがないので、ネットショップを基本に構築したいとのこと。とりあえず、ネット販売はやめたほうがいいのではとお話させていただきました。というのも、同社で販売している家具は商品・価格が一般的なもので、ネットでの取り扱いがとても難しいのです。

以前も書いたのですが、ネットで販売できる商品は究極、2種類しかありません。
①ナンバーワンであること(価格が最も安い)
②オンリーワンであること(その店にしかない商品がある)
 
これに該当しない場合、差別化がほとんどできないのが現状です。

専務様は他店で、ごく一般的な家具がネット販売に成功している事例を聞いて関心を持たれたようです。が、何をもって成功と言っているのか判然としません。どこよりも安価で販売しているのか、小さな話が大きく伝わっているのか、ネットに莫大な経費を掛けているのか…。

いずれにせよ、沢山の商材を取り扱うネットショップはそれなりに制作に時間とコストが掛かるため、当初の負担が大きいのが現状。費用対効果にも配慮しなくてななりません。実際、アレコレ詰め込みすぎでコストが掛かりすぎて失敗しているホームページが多いのです…。

お話を伺う中、専務様が快眠寝具について研究をされていることが判りました。特化した商品も扱っておられるとのこと。ならば、これを“売り”に、ホームページが構築できるのでは? 企画が動き出しました。

ネットチラシの制作を基本に、その複合型サイト「コンテンツフラット型ホームページ」(日を改めてご紹介しますね)を検討していただくことになりました。同社の「会社案内ネットチラシ」に加え、「快眠商品(ベッド・枕など)のネットチラシ」を制作、さらに状況に応じて「代表的な売れ筋商品のネットチラシ」を数点加えて構成するのです。
また、専務様には「快眠博士のおすすめ寝具(仮題)」なるブログを立ち上げていただき、販促とSEOを強化していくことで話がまとまりました。

今後詳細で合意し、改めてこの場でご報告できるといいのですが。
乞うご期待です!
(岡橋秀樹)

◆一六社のネットチラシ
◆ホームページ制作ならお任せ!

015 IT業界と印刷業界の障壁

パーマリンク 2007/02/08 07:40:56 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

ある建設関係のコンサルタント様と打ち合わせました。本業は建設会社の取締役様なのですが、工務店様向けの印刷物の提案に強く、全国を講演活動などでも飛び回っている、とてもアクティブな方です。

様々な企画でコラボする案が出たのですが、最終的な合意には至らず、検討材料が残りました。問題になったのは印刷業界とIT業界の本質的な障壁です。
ただし、我々とのコラボによるビジネスの広がりについては、かなり可能性を感じていただけたようです。今後ご縁があれば、今までにない建設業界とのコラボ企画をお披露目できるかと思います。

印刷業界とIT業界の制作の本質は、似て非なるものです。 実際、私はかつて長く印刷・広告・出版業界におりましたので、その本質的な違いは理解しているつもりです。

例えば紙のチラシと我々が手掛けるネットチラシ。見た目は同じようなものでも、制作コンセプトや制作方法、完成後のリリース方法、価格、そしてエンドユーザーの受け止め方はまったく異なります。これを同質のものとして論じてもあまり意味がないのですが、印刷業界側から見ると、自分たちの方法論をそのまま転用できると断じてしまうようです。

本質論については、また改めて語る機会もあるかと思いますので長くなるのは避けますが、ここは素直に頭を切り替えていただき、まったく違うものを制作するつもりで関わっていただくしかありません。

やや横着な表現になってしまいますが、IT業界には強力なアドバンテージがあります。それは「より様々な可能性が広がっている(もしくはそう考える人が多い)」ということです。印刷業界に可能性がない、と言っているわけではありませんよ!念のため。
ただし、そこまで横着に言い切るためには確固たるマ-ケティング理論が必要なのです。本質的な障壁がうやむやになってしまっているのは、IT業界にマーケティング理論が不足しているからに他なりません。

◆株式会社一六社のITビジネス  

現実は残酷で、IT業界の可能性に目を向けるお客様が増えているのが事実。打ち合わせで再認識したのは、印刷業界とIT業界は隣り合わせつつも、深くて暗い溝があるということです。

思い切ってITの世界に飛び込んでいただければ幸いです。皆さんが従来お持ちのノウハウやチャンネルをITに落とし込むと、すごい世界が待っている可能性があります。例えダメでも、我々のビジネスは大掛かりな装置が不要ですから簡単に戻れます。こちらからの眺望は、なかなかのものですよ!!
(岡橋秀樹)

010 社員教育コンサルタント様の実例

パーマリンク 2007/02/03 07:51:34 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

ある社員教育コンサルタントの方と打ち合わせました。IT戦略がイマイチということですので、ネットチラシ+ブログの活用をおすすめしました。常時、講演会なども主催しており、集客にもご苦労されているようで、提案した企画内容にかなりのご関心を持っていただいたようです。

今、コンサルタントの皆様は差別化が困難な時代です。クライアントに有効なITの提案ができれば武器になるため、IT戦略を考えられる方も多いようですが、なかなかうまくいかないのが実情のようです。

これはコンサルタントの皆様のみならず、一般企業がIT事業を手掛けようとするときに直面する問題でもあります。うまくいかないケースには理由があります。大抵の場合、やる気はあっても、足りないものがありますね。集約すると、3つになります。

その3つとは「ノウハウがない」「スタッフがいない」「お金がない」ということです。

とりあえずお金は貸せませんが(笑)、ノウハウとスタッフは一六社でご用意できますよ!どうぞお問い合せください。
(岡橋秀樹) 

◆株式会社一六社 
 
◆一六社の新規事業支援について

009 飲食店様の実例

パーマリンク 2007/02/02 07:03:39 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

昨日、飲食店を数店舗運営する企業の社長様と打ち合わせました。
一部ホームページの仕事はすでに手掛けさせていただいているのですが、話題は我々が関わっていない店舗に関してでした。
聞けば、スタッフ様が独自に高額の投資をして(もちろん費用は会社もち!)ホームページを立ち上げたのだが、効果に疑問を持っているので何とかしたいとのこと。

担当スタッフ様の話では一応SEO対策はしてあるはずだ、ということですが、検索エンジンで該当すべきキーワードをいろいろ入力しても、なかなか出てきません。試行錯誤の挙句、飲食関係のポータルサイトからようやくURLのみ探し当てることができました。

こうして拝見したホームページですが、“見栄え”はそれなりです。デザインに意匠を凝らして、制作の手間が掛かったことをうかがわせています。しかし、その企業の社長様が試行錯誤しなくてはたどり着けないサイトに一般のユーザーがたどり着けるはずもありません。せっかくの投資、そしてデザインはまったく役立っていないのです。

私はネットチラシならびにブログの活用、ホームページ全体の見直しを提案させていただきました。「ホームページ全体の見直し」とは、「コンテンツフラット化」です。この件、詳細については後日改めてご紹介いたします。

このように、社内の自己満足に過ぎないホームページはまだ沢山存在します。この企業の社長様はSEO対策の重要性に気付き、昨年より一部で我々の戦略を採用してくださいました。幸いにも結果を出すことができたので、全面的にご採用いただけそうです。

近々、同社様ホームページ全体の見直し企画に入る予定です。(くだんの店舗様に関しては先行します。)この場で皆様に改めて具体的にご紹介できる日も近いかと思います。乞うご期待です!
(岡橋秀樹)

◆一六社のSEOについて

◆ブログ一六社(無料でブログが開設できます!) 

◆飲食店様用ネットチラシ

<< 1 ... 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125

2018年6月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software