カテゴリ: 07 営業活動

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 125 >>

第3185回 技術の指導よりも『目標を持つ』ための指導を!

パーマリンク 2014/12/06 09:18:09 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「技術の指導も大事ですが、それ以上に『目標を持つこと』をしっかり教えるべきですね!」

昨日、ご縁で知り合った元Jリーガーのビジネスマンとミーティングをさせていただきました。

13年間のプロ選手生活の後で引退され、現在はスポーツ振興を支えるビジネスを手掛けておられます。そのビジネスに協力できないかということでお会いしたのですが、話をうかがうとかなり真っ当で興味深いビジネスモデルでした。ご提案、ご紹介できる案件などありそうです。

実はビジネスの話以上に盛り上がったのが、スポーツと教育の関係についての話題でした。ご本人は「サッカー選手の育て方談話室」も開催して学校などを巡る活動(これもビジネスの一環ですね)をしており、子供の教育現場については様々なご意見をお持ちで、これが実に興味深かくて。

スポーツ指導者として考えるべきことが冒頭に挙げた「目標を持つこと」。何かを達成するためにそこから逆算して、まずは何をすべきか、今後何をしていくべきかをしっかり計画すべきであると。また目標は現実的なものにすべきで、非現実的なもの過ぎると計画を立てられない。例えばサッカー教室に通う小学生が、ワールドカップ優勝を視野に入れても意味がないように。

小さな目標からでいいので、コツコツと実践して小さなことからでも達成感を味あわせてあげることが大事。その積み重ねと経験が、やがては大きな成功を生むということです。メジャーなプロスポーツに長年関わってきた方の言葉には、かなりの重みと説得力がありました。

そして言うまでもなく、この指導に関するマインドはスポーツのみならず、普通のビジネスの現場でも同じように取り入れられる指導のスキームです。実に勉強になりましたねぇ。

それにしてもスマートなナイスガイでした!今後の活動にご協力できれば幸いです。




岡橋秀樹

第3183回 仕事ではないお客様からの連絡だからこそ嬉しい。

パーマリンク 2014/12/04 08:35:39 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「ご無沙汰です!覚えていらっしゃいますか?」

昨日、懐かしい元お客様から突然お電話をいただきました。もちろん良く覚えています。健忘症の私にしては上出来!

実は今週だけで、なぜか3名の元お客様からお久しぶりのご連絡を頂戴しました。お一人はFacebookで、もう一人はメールで、そして昨日は電話で。年末のあいさつにはまだ早いので、偶然ではないかと。

皆様、共通して言えるのは仕事でも、特に重要なご用件でもないということでしょうかw そして皆さん、関東・関西・中国地方とバラバラでなかなか直接お会いすることがなかなか叶わないのも共通。

それでも、いやだからこそ良縁を嬉しく思います!

そもそも私の仕事は先日も書かせていただいたように、どちらかと言えば「広く浅く」という展開が大半。制作が終わってからも更新などのお付き合いはあるのですが、割と薄~いものが多いのです。

それでも人間的にウマが合う方や、理由は良く分からないのですが何故か親しくしている方も。仕事が終わってしまってからでもこのようにご連絡を頂けるのは本当に嬉しいですね。(どれだけ友達が居ないんだという話ですがw)

仕事が終わるとメール、電話だけだとどんどんフェイドアウトして関係が希薄になってしまうものですが、FacebookなどSNSによってずっと繋がっていることができるようになったのは有り難いです。最初の方など、随分長い間お互いに連絡はしていなかったのですが、「ずっとブログは読んでましたよ!」とのこと。…迂闊なことはできませんねぇ。

私も来週あたりから、年末のあいさつを兼ねて改めて皆様と親しくさせて頂きたく思います。やはり人脈は宝ですね。大切にしなくては。




岡橋秀樹

第3180回 ビジネスの二律背反を両立させるためには。

パーマリンク 2014/12/01 08:29:19 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

いよいよ師走に入り、周辺も慌ただしくなってきました。

様々な企画が同時進行する中、今週のスタートである本日は2つの勉強会から始まります。

両方とも奇しくも現在仕事で大いに関わっている相続関連のもの。私はその道の門外漢ではありますが、やはり仕事上では理論武装しなくてはならないことも多々ありまして。

その都度に勉強していると、知識はどうしても浅く広くなってしまいがち。しかし、web関連企画をかなり絞り込んで掘り下げていかねばならない現状においては「深く広く」しなくてはなりません。

これは一見、二律背反で両立不能のように思えます。が、それを実現するために撮る手立ては一つ。それは「人脈の有効活用」です。

この知識を知るには誰と関わって仕事をすべきなのか。さらにこの知識を掘り下げて汁には誰と関わって仕事をすべきなのか。自分では不可能なことでも、だれかとコラボすることによって補えることもありましょう。もちろん誰かに頼りっぱなしではダメですので、その方々に自分の得意分野でお役に立てることは何でもしないと。

今日の勉強会も、それぞれご紹介いただいて参加することの出来る貴重な時間になります。不慣れな勉強なのでついていくだけでも大変なのですが、居眠りするなど失礼がないようにしなくては!

どうも決意のレベルが低いですねぇ。我ながら本当に大丈夫なのか?w



岡橋秀樹

第3175回 4つの障壁を突破するために。

パーマリンク 2014/11/26 05:12:56 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「こういうことで困った時にはご連絡させてもらえますよね?」

昨日、上場企業で企画をプレゼンテーションさせていただきました。

手応えは上々!仕事仲間でもある他社とのコラボのパッケージ企画での提案です。当初は企業の担当者様チーム(プレゼンには5人でお越しになりました)が企画立案していた新規事業をサポートする目的で呼ばれました。が、正直に申し上げてその内容があまり現実的ではなかったので、我々の仕事よりもその内容を見直す話を2人で熱弁。

話をご理解いただいたようで、引き続き改めてミーティングを重ねていくことになりそうです。冒頭の言葉は、チームの皆様から最後に掛けていただいたもの。まだ先は長いですが、とりあえず認めて頂けて嬉しかったですね!

担当者様チームと交換させていただいた名刺には、皆様の名前、肩書の上に4つのグループ名が記載されていました。つまり、企画を上に通すためには最低でもそれぞれの上長の4つのハンコが必要ということです。(表現が古いですか?w)

こういう場合に求められるのは、企画内容をいかに企業の上層部に通すか。それぞれの関門でハネられないよう、部下が上司に提出する企画書づくりをお手伝いすることでもあります。もちろん、それ以前に一本筋の通った冴えたプランが必要なのですが。

久々に緊張感ある現場で気持ちがシャキッとしました!とりあえず次のステップを踏むために早速今日から動き始めます。

こういう場合って往々にして時間がないもので。今回のプレゼンテーションも、先週木曜日に下打ち合わせ。金曜日に資料を提出したらその夜に急遽収集を掛けられて週明けの昨日に設定されたものでした。次の予定は未定ですが、拙速対応が吉!

今後が楽しみですが、関門の途中で脱落しないようにこちらもチーム編成を盤石にしますので!




岡橋秀樹

第3156回 アタマもカラダも3つあるといいけど、現実はキビしい!

パーマリンク 2014/11/07 08:42:15 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「アタマもカラダも3つあるといいですよねw でもそういう訳にはいかないので工夫しないと!」

経営コンサルタントの方からこのような話を聞かせていただきました。

その方も私と同じく、ピン芸人系というか個人事業主的なスタイルで仕事をすることが多いようです。

そしてこれも私と同じく、いつも沢山の案件を抱えながら走っているので、こなしきれず勿体ないことをしていることが。だから常にアタマとカラダが3つ欲しいと思っているのですね。

で、ここからが私の発想とは違うのですが、ならば外にアタマとカラダを持てばいい。より合理的なコラボレーションをすることで、仕事をサクサクこなせるシステムをしっかり構築しているようです。

私も同じようなことは考えるのですが、実現はなかなか難しい。自分なりに工夫をしてアレコレ挑戦していたつもりだったのですが、今回コンサルタント氏にその企画の甘さを思い切り指摘されまして。確かにぐうの音も出ないご指摘で、却ってありがたかったです。自分で考えて一生懸命になっていることって、なかなか自分では修正ができないもの。正しいと信じてやっている訳ですから。

しかし第三者的に評価するような仕事をしている方から見れば、見事に穴ぼこだらけだったようですねw

方法論について、なかなか良いアイデアを頂戴しました。というか、コラボして一緒にやっていこうというお誘いです。ありがたい!色々目からウロコが落ちたところで、今後の新展開が我ながら楽しみです。

どんな仕事でも辛い・キツい・キビしいのは当然。だからこそ気持ちよく、そしてどんどん仕事を楽しくこなせるような環境づくりをしていきたいものですね。

良縁に感謝です!




岡橋秀樹

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 125 >>

2018年1月
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software