カテゴリ: 07 営業活動

ページ: << 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 125 >>

第3107回 頼れるプロの仕事ぶりに感化され、珍しくやる気満々!

パーマリンク 2014/09/18 08:26:49 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「企画がNGになってしまいました!」

私がイベントプランナニングの会社に泣きついたのはプレゼン前日の夜9時のこと。一昨日の夜ですw

NGの理由はイベントに出展予定していた企業の内容が、クライアントの考える基準から外れていたため。その日の夕方に企画書を提出したのですが、お客様である企業の担当者様が「この内容ではマズイかもしれません」とすばやく対応してくださったのです。いつもルーズな私の対応にも丁寧にキビキビとリアクションしてくださり、本当にありがたい限り!

ホームページ制作がご縁で発展していったイベントは来月末からです。告知なども考えるともう残り時間がありません。

初期の段階でプランが二転三転したのは、私がこの手の企画には不慣れだったからです。色々なイベント会社とミーティングを重ね、様々な配慮をした上でようやく方向性が決まり、時間の少ない中でイベントプランナーの方々はテキパキと問題を片付けていってくれました。私よりもベテランのプランナーの方々で、迅速対応は見ていて惚れ惚れするほど。

そして昨日ようやく概要がまとまって企画書が完成したのですが、これまた私の見通しの甘さゆえに問題発生。冒頭の泣き言となった訳です。

新しい企画書がUPされたのは、そこからわずか3時間後の深夜0時頃でした。あっという間に問題点を解消する新企画にリロードさせ、翌日のプレゼンに間に合うように仕上げてくださったのです。本気で感動しました。

またこれらの一連の流れを仕事仲間がサポートして、企画書を微調整。体裁を整えてくれました。それもわずかな時間内で。

これは何としても企画を通さなくてはならないと心に秘めて臨んだプレゼンだったのですが、担当者様も色々配慮をしてくださっており、変更点をご理解いただいて正式にスタートすることが決定!

まだ仕事が終わった訳ではありません。むしろ大変なのはここからかもしれないです。が、ここまでの段取りは周囲の方々の協力がなくては到底成り立ちませんでした。というか、私などジタバタしていただけで実質は何もしていないに等しいのですが。

せめて本番までにはしっかり内容を仕上げて、皆さんから「やってよかった!」と思っていただき今後につなげるような仕事にしたいものですね!!!

周囲の頼れるプロフェッショナルの仕事ぶりに感化され、珍しくやる気満々な私です!!!




岡橋秀樹

第3099回 名古屋ビジネスは3タタキ?

パーマリンク 2014/09/10 05:10:45 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「名古屋ビジネスは3タタキですね!」

全国を仕事で渡り歩いてこられた先輩ビジネスマンの方々と有意義なミーティングをさせていただく機会に恵まれました。

その時に「名古屋でビジネスができれば日本全国どこでもできる」という話題に。名古屋のビジネスがいかに厳しいかということで、先輩の口から出たのが冒頭の言葉です。

不勉強にも、その言葉を私は知りませんでした。

「3タタキ」というのは、「3回値段を叩いて値切る」という意味です。まずは契約時に、そして納品時に、最後には代金支払い時に。名古屋では1つの仕事で3回値切るという悪評なのですね。

確かに仕事をしていると、少しでもスキがあるとどんどん値下げ交渉をしてくる土地柄です。仕事に限らず普段の買い物でも顕著で「名古屋人は買い物で包装した後でも小切る」と聞いたことが。ちなみに「小切る」というのは「値切る」の名古屋弁。

ものすごく大雑把な感覚なのですが「東京のビジネスは新しいモノを好む」「大阪のビジネスは安いものを好む」。いずれもある程度分かりやすい部分もあるのですが、名古屋は日和見的で分かりにくいのではないかと。

そんな名古屋で仕事をしていて「乗ってきた」と感じることがあります。名古屋ビジネスというのは一旦ハラに落ちれば、または誰かがしっかりと紹介してくれれば次に繋がりやすいビジネス環境。

ずーっと苦しかった状況がふとした瞬間に好転し、矢継ぎ早に仕事が生まれたりするのですね。これは名古屋特有のいいところかもしれません!もっとも、ネットワークビジネスなども流行りやすいのでしょうがw

さて冒頭のベテランビジネスマンの方々との会議。3タタキの話題が出たところで、もう一人の方が「僕なんか3回じゃきかないよ!1つの仕事でアレコレと6回は叩かれた!!!」と大笑いになりました。

私などまだまだヒヨッコですね。精進いたします☆





岡橋秀樹

第3096回 『恩を売る』のではなく、『困った時はお互い様』という関係を作るべき!

パーマリンク 2014/09/07 08:52:21 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

ありがたいことに沢山の仕事と良い仲間に恵まれて慌ただしく過ごしています。

中には大手企業様や、なかなか関われないような面白い企画も。良縁に恵まれてラッキーです。自分だけの営業活動では到底無理な、また私個人では対応しきれないような仕事も多いですね。周囲の仲間に感謝感謝!!!

しかし、残念ながら中には涙を飲んでお断りしなくてはならない案件もありまして。それは技術的に無理なものではなく、課せられた諸条件がどうしても合わないもの。いくら面白い仕事でも自分ひとりならともかく、一緒に仕事をする方々にまで迷惑を掛ける訳にはいかないので。

特にコスト面でのキビしい条件にありがちなのですが、私が嫌いな口説き文句があります。「次回何とかするから、今回は泣いてくれない?」。ビジネスマンになって約25年、次回に笑って仕事できるケースを体験したことなど一度もないw なのでこの言葉は絶対に信用しません。

そのような訳で、仲間に無理をさせるのはダメ。仲間を切るくらいならお客様を切ります!カッコ付けているのではなく心底の本音です。やはり仲間は末長く付き合いたいですから。

どうしても無理をしてもらわなければいけない時があるのであれば、それを仲間に飲んでもらうだけの信用が必要となりましょう。そのためにも普段から仲間に惜しみなく良い仕事を提供できるようなビジネス環境を整えておかねば。これは「恩を売る」のではなく、「困った時はお互い様」という良好な関係を作るべきだからです!

今後も沢山面白い仕事をしたいので、さらに仲間を大切にしなくてはなりませんね。皆さん、改めてよろしくお願いいたします☆




岡橋秀樹

第3095回 負けを知らない大将に就くな!

パーマリンク 2014/09/06 08:30:58 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「負けを知らない大将に就いてはダメですよ!」

昨日、新たなプロジェクトのミーティングに参加させていただく機会に恵まれました。その時に企画の代表者様が放った名言です。出典は某戦国武将だそうですが。

今回の企画は地域活性化に関わる仕事。代表者様は地元の名士で、ご本人を中心としたグループが企画の根幹を支えてくださいます。私はクリエイターの仲間たちと制作者の立場で参加させていただきました。

先日も書いたことですが、町おこしなどには下手に関わるべきではありません。昨日のミーティングでは地元に根差して長年しっかり活動をされてきた方々とタッグを組んでニュービジネスができるチャンスをいただいたのです。

代表者様もこれまで様々なプロジェクトやビジネスに関わって相当なご苦労をされたらしく、地域活性化の活動にはかなりの見識とポリシーをお持ちです。失敗を繰り返すことで成長できると感じているそうで、冒頭の言葉などその代表格かも。考えてみれば、私が尊敬するビジネスマンの方々もしっかり失敗しながら経験をバネにして成功を掴んできた方ばかり。敗北から学ぶこと、敗者の気持ちを知ることで新しい戦い、仕事への段取りがしっかりできるのでしょう。私も大将ではありませんが、敗戦は多いので共感できますねぇw

また、ビジネスのミーティングも大いに紛糾すべきだとのことで。誰もが納得してスムーズに進む企画ほど詰まらないものはないと。無難なものは発展にも乏しいのです。

今回の仕事はスケジュールなど結構厳しいのですが、それ以上に一社会人、一ビジネスマンとしてそのノウハウを勉強させていただく素晴らしい機会に恵まれたのではないかと。とはいえ、営業面などまだ解決すべき諸問題が大いなる障壁として横たわってはいるのですがw

それでも不安よりも恍惚が勝っているので、とてもワクワクしています!うまく進むといいのですが。




岡橋秀樹

第3077回 叱られて嬉しい年頃のヲヤヂですw

パーマリンク 2014/08/19 08:13:05 著者: netbiz メール
カテゴリ: 07 営業活動

「この歳になるとなかなか叱られることがないので、叱ってくれる方は貴重ですよね!」

同世代のビジネスマンの方とこのような話になりました。

私は46歳で自営なのですが、年齢的なことに加えて単独で仕事をすることが多いので、思い切り叱られるということが最近ではありません。話をした方もほぼ同様です。

彼は最近になって学生時代にやっていた剣道を再開したとのことで、小学生からの師匠に再び就いているのですが、ブランクがあったせいか叱られっぱなしだそうです。師匠はずいぶん年長者なのですが「触れることもできない」くらいコテンパンにされるとのこと。

このような話を実に嬉しそうに語るのです。羨ましいとともに、40歳を越えてから改めて精神修養を行うその気合いに感服しました。私もジム通いこそするようになりましたが、剣道のようなストイックな武道はとても真似ができませんので。

書きながら気付いたのですが、そういえば私も最近になってビジネスの師匠と久々に仕事をご一緒させていただいています。つい先日もミーティングの最中、「相変わらずだね~」とダメ出しされて少し嬉しかったのを思い出しました。ビジネスでNGを出されるのはマズイですか?

そういえば10数年前は毎日1,2時間説教されてたな~w




岡橋秀樹

<< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 125 >>

2018年6月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

岡橋秀樹
名古屋市緑区鳴海町在住
三重県伊勢市出身
1968年1月生まれ・47歳

名古屋でWeb戦略ならおまかせ!

注目のメディアレップ企業・一六社のFC代理店「地域ホームページ鳴海」代表の岡橋秀樹がネット広告代理店としての営業活動と、実用的なSEO対策、Twitter活用など最新のITビジネス情報をご紹介いたします。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software